【最新】トレーラーの車検|費用・年数(車検期間)・必要書類

トレーラー・車検・費用・年数・必要書類




自走装置を持たず、他の自走車両にけん引されるタイプの車両のことをトレーラーと呼びます。

トレーラーはナンバーを取得しなければならず、当然車検もあります。

車検期間ですが、普通車のトレーラーは初回車検が2年、継続車検がその後1年ごとになります。

軽自動車のトレーラーは初回車検が2年、継続車検はその後2年ごとになります。

車検の際の必要書類は普通の車の場合よりちょっと多めです。

トレーラーの車検種類

トレーラーの車検を受けるには次の2つの方法があります。

  1. ユーザー車検を受ける
  2. 車検代行業者に依頼する

①のユーザー車検ですが、自分でトレーラーを陸運局までけん引していき、検査の立ち合い、各種書類手続きなどをやります。自分でやるので費用は安くなります。

②は普通の車をディーラーや整備工場に依頼するのと同じやり方です。車検費用は4万円~11万円程度と業者によって幅があります。

けん引免許不要のトレーラー

すべてのトレーラーにけん引免許が必要なのではなく、不要なトレーラーもあります。下記のトレーラーはけん引免許不要です。通常は普通免許のみで運転できます。

  1. キャンピングトレーラー:箱型の居住空間を連結させた車
  2. ロフトトレーラー:簡易式のトレーラーでジェットスキーやボートなどの運搬に使用される
  3. タイニーハウス:キャンピングトレーラーよりも居住空間が大きく、家をそのまま連結しているようなトレーラー

ナンバープレート区分は3つある

一般的に、トレーラーには次の3つのナンバープレート区分があります。

  • 軽自動車:ナンバープレートの色は黄色(通常の軽自動車と同じ)
  • 普通車:ナンバープレートの色は白色(通常の普通車と同じ)
  • 事業車:軽トレーラーのナンバープレートの色は黒地に黄色文字、普通車のトレーラーの場合は緑地に白文字

種類別の車検期間の違い

軽トレーラーの車検期間は、初回車検が2年目、継続車検はその後2年ごと。

普通トレーラーの車検期間は、初回車検が2年目、継続車検はその後1年ごと。

種類別の車検費用の違い

軽トレーラーの車検費用は、車検代行業者に依頼した場合で2万~7万程度です。

普通トレーラーの車検費用は、車検代行業者に依頼した場合で4万~11万程度です。

事業用トレーラーは、軽の場合も普通の場合も、上記金額よりちょっと安くなります。

検査場所の違い

軽トレーラーの車検は軽自動車検査協会で受けます。軽自動車検査協会は多くの地域で陸運支局の近くにあります。

普通トレーラーの車検は陸運支局で受けます。

初回車検は車庫証明が必要

初回車検の場合、トレーラーの車検には車庫証明が必要です。

軽トレーラーの場合は、人口50万人以上の都市では必要なケースが出てきますが、それ以外は不要です。

車検時の必要書類

<新規車検の必要書類>

・車庫証明書(軽ナンバーは地域によって必要。発行から1ヶ月以内)
・印鑑証明書(3ヵ月以内)
・車両所有者の住民票(3ヶ月以内)
・印鑑
・委任状(本人が直接申請する場合は不要)
・自賠責保険
・譲渡証明書
・連結検討書
・予備検査表(有効期限内であれば検査は不要)

<継続車検の必要書類>

・車検を受けるトレーラー
・印鑑
・自賠責保険
・連結検討書(牽引車の追加・変更がある場合のみ)
・牽引車の車検証のコピー(牽引車の追加・変更がある場合のみ)
・車検証
・納税証明書

【最新】トレーラーの車検で点検する項目にはどんなものがありますか?

2020.01.28

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。