ドライブレコーダーの当て逃げの映像は証拠能力がある?

ドライブレコーダー・当て逃げ・証拠能力
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ドライブレコーダーの当て逃げの映像は証拠能力がある?

駐車場に駐車しておいた車が当て逃げの被害にあった。

その際、自分の車のドライブレコーダーに当て逃げした相手の車、ナンバープレート、運転手の顔などが録画されていた場合、この映像は検挙のための証拠能力を持ちます。

自分の車のドライブレコーダーの映像だけではありません。駐車場に設置してある防犯カメラの映像、また同じ駐車場に駐車していた他の車両のドライブレコーダーの映像も、犯人検挙のための証拠映像となります。

警察は、ドライブレコーダーや防犯カメラの映像に関し、その映像が人為的に加工されたものでないこと、設定した日時等が正確であること、などをチェックしたうえで、その映像が客観的に犯罪を成立させる要件を満たした映像であることが確認されれば、この映像を犯人検挙のための証拠として採用しています。

裁判所も同様です。

「ドライブレコーダーの映像なんて証拠にならない」

という声を聞くこともありますが、その件を調べてみると、たとえば相手のナンバープレートが映っていない、相手の顔が陰になっていてよくわからない、というケースであったりします。

たしかに、ドライブレコーダーの映像の内容によっては、証拠として不十分なケースもあり、残念ながらそういうケースでは証拠能力を持ちません。

しかし、たとえばナンバーは映っていないが顔はしっかり映っている、あるいはその逆に顔は映っていないがナンバーは判読できる、というケースであれば、その映像を元に検挙にまで至るケースはけっこうあります。

常に100%ドライブレコーダーの映像が証拠能力を持つとは言えませんが、証拠の一部だけでも映っていれば、それを手掛かりにして検挙にまで持ち込めるケースもあります。

ドライブレコーダーの映像には証拠能力があります。

下記の記事も参考になさっていただけると幸いです。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像には交通違反の証拠能力がある?

⇒⇒ドライブレコーダーはスピード違反の検挙の証拠となる?

⇒⇒信号無視したドライブレコーダーの映像を提出|警察の対応は?

⇒⇒ドライブレコーダーの事故映像を保険会社に提出する方法

⇒⇒社用車のドライブレコーダーはプライバシー侵害か|映像・音声・GPS

⇒⇒ドライブレコーダーで監視される事例3件|社用車の場合

⇒⇒警察はパトカーのドライブレコーダー映像を見せてくれない?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。