ドライブレコーダーの映像をパソコンに取り込む方法

ドライブレコーダー・パソコンに取り込む

ドライブレコーダーの映像をパソコンに取り込む方法

ドライブレコーダーの映像や音声をパソコンに取り込む必要がある場面というと、次のようなものが考えられます。

  1. 保険会社に事故時の映像・音声データの提供を依頼されたので、パソコンにバックアップを取っておきたい
  2. 交通裁判で裁判所から事故時のデータの提出を求められたので、パソコンにバックアップを取っておきたい※裁判所からの提出命令は、任意ではなく「義務」として提出しなければなりません
  3. ドライブの思い出として映像・音声データをパソコンにバックアップ保存しておきたい
  4. ドライブレコーダー本体では映像と音声しか再生できず、GPSによる走行経路(道順や立ち寄った場所など)をパソコンで確認したい※妻が夫の、夫が妻の行動に不信感を抱いている場合など。怖いです

さて、ドライブレコーダーの映像・音声をパソコンに取り込む方法はけっこう簡単です。

ドライブレコーダーを購入した際、付属品一式の中にCDが入っていたはずです。これは専用ビューワソフトです。パソコン上でドライブレコーダーのデータを再生したり保存したりするソフトです。

CDがない機種もありますが、その場合は、メーカーのホームページから無料で最新版のビューワソフトがダウンロードできます。

このビューワソフトをパソコンで立ち上げ、ドライブレコーダーから引っこ抜いてきたmicroSDカードをカードスロットに挿入する、あるいは、カードスロットがない場合は外付けのカードリーダーに挿入し、これを読み込みます。

後はビューワソフトを操作することで様々なデータ活用ができるようになります。

パソコン上でできること

ビューワソフトがあれば、ドライブレコーダーのデータをパソコン上で様々に利用できます。

  1. 常時録画のなんでもない普通のドライブ映像を閲覧できる
  2. GPSアンテナがついている機種ならGoogleマップと連携して、走行経路を地図上に再現できる※ほとんどの機種にGPSは付いています
  3. イベント録画(事故時の映像)を再生したり、一時停止して静止画を印刷したり、事故発生時のGPS情報(どの道路のどの地点か)をGoogleマップで確認できる
  4. Gセンサー(加速度センサー)により急ブレーキをかけた地点、走行時のスピードなどを確認できる
  5. (※)走行経路がわかるだけでなく、時刻もわかります。どの場所を通過した時の年月日と時刻がわかります※便利だけれど、ある意味怖いですね

みなさんも、ドライブレコーダーのデータをパソコンに取り込んで、自分なりの活用法を見つけ出してください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像をスマホ・タブレットに保存する方法

⇒⇒ドライブレコーダーのWi-Fi機能は通信料がかかる?

⇒⇒ドライブレコーダーの取り付け費用・工賃|前後・前だけ・駐車監視

⇒⇒【4社比較】自動車保険のドライブレコーダー特約(ドラレコ特約)|比較・おすすめ・割引

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。