【2分記事】エンジンのカラカラ音が加速時に出るのですが、これ何?

エンジン・カラカラ音・加速時

エンジンのカラカラ音が加速時に出るのですが、これ何?

車のエンジンをかけ、アクセルを踏んで加速を始めると、エンジンルームから「カラカラ」という音が出ることがあります。その後定速走行になるとほぼ鳴り止むけれど、また信号待ちからの発進で加速を始めるとカラカラ音が出るというケース。

これは高い確率でエンジンのノッキングだと思います。

エンジン内部において未燃焼混合気が自己着火する異常燃焼です。ベストなタイミングで混合気が爆発するのではなく、不整脈のようにズレたタイミングで不完全な爆発を繰り返す現象、これがノッキングです。

カラカラ音を発するノッキングですが、以下のような原因で発生します。

  1. エンジンの燃焼室内に燃えカスであるカーボン等が許容量を超えて堆積している:買い物等近距離の走行を繰り返すとカーボンが蓄積しやすくなる。ある程度のカーボンは燃料添加剤で除去できます。
  2. エンジンへの吸気温度が高すぎる場合
  3. エンジンそのものが異常な高温になっている場合:だからオーバーヒートになるとノッキングが発生します。
  4. 燃料供給の量が不足している
  5. オクタン価の低いガソリンを使用している:ハイオク指定の車にレギュラーを入れている場合など
  6. プラグの劣化により混合気の発火に必要な高圧電流が発生しなくなっている
  7. プラグの点火時期が早すぎる場合

このように様々な原因があるのですが、ズバリ不具合箇所を特定するのは私たち一般のドライバーにはまず無理です。

ディーラーや修理工場に持ち込んでプロの診断を受けたほうが安心だと思います。

高回転時のノッキングは要注意

加速時にカラカラ音がするノッキングの場合、早めにプロの診断を受ければ修理費用も安く抑えられることが多いと思います。

しかし、エンジンが高回転時にノッキングが発生した場合は、たった一回のノッキングでエンジンに重大な損傷が発生することがあります。

こうした事態を招かないように、早めにプロの診断を受けるようにしてください。

ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!