【3分記事】車が低速でガクガクします。何が原因でしょうか?

車・低速・ガクガク

車が低速でガクガクします。何が原因でしょうか?

高速道路を走ったり、一般道でも結構とばしているときは気にならないけれど、発進時、加速時、ゆっくりと低速で走っているときなどに、ガクガクとした音と振動が発生することがあります。

こうした現象が発生する原因としては以下のようなものが考えられます。

ブッシュ類の劣化(硬化):ブッシュとはゴム製の緩衝材のことです。特にエンジンマウントブッシュ、オートマチックトランスミッションブッシュ、マニュアルトランスミッションブッシュ、足回りのマウントブッシュなどが劣化してくると、エンジンや走行に伴う様々な振動を吸収しきれずにガクガクとした音と振動を発生します。こうしたものは特に低速時に目立ちます。高速走行時には様々な音と振動に紛れてあまり気にならなくなります。

エンジンのノッキング:ノッキングとは未燃焼混合気が自己着火する異常燃焼のことで、エンジン内部で不整脈のような爆発が起こることです。ノッキングの原因は様々で、プラグの点火時期が早すぎる、指定より低いオクタン価のガソリンを使用している、エンジンの燃焼室内に燃えカスであるカーボン等が許容量を超えて堆積している、エンジンへの吸気温度が高すぎる、燃料供給の量が不足している、などがあります。

上記以外にも、タイヤにフラットスポット(ペタッと平らになっている部分)ができている、タイヤ交換時の組みつけにどこか問題がある、サスペンションのいずれかに不具合がある、などが考えられます。

いずれにしても、車が低速でガクガクするようなケースでは、私たち一般のユーザーでは原因を特定することは非常に困難です。

あまり大ごとにならないうちにディーラーや修理工場に車を入庫させてプロの診断を受けたほうが安心だと思います。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!