なぜスバルは4WDでなくAWDと呼ぶ?同じじゃないの?違いは?

AWD・とは・4WD・メリット・デメリット・スバル

4WDとAWDは同じ?違う?

4WDはfour wheel driveのことで、AWDはall wheel driveのことです。

4輪駆動と全輪駆動です。

世界中のすべての車がもしも4輪だけで走行するのであれば、4WD=AWDということになります。

しかし、車の中には6輪駆動車もあれば8輪駆動車もあります。トラックや軍用自動車などにそういう車があります。

そういうことから、「4WD車はAWD車である」とは言えますが、逆に「AWD車は4WD車である」とは言えません。

4WDのパイオニアのスバルがAWDと呼び始めた理由

日本の乗用車で4WDを最初に発売したのはスバルです。スバル1000バンという車です。

その後、4WDはスバルの代名詞となってきたのですが、最近になって、スバルは4WDという名称を使わずにAWDという名称を使うようになっています。

他のメーカーにもこの流れは波及しつつあります。

理由は、世界戦略です。

世界的にはAWDという呼び名が優勢なので、日本の自動車メーカーもそれに合わせてきたというのが実情です。

というのも、日本の自動車メーカーの販売台数の内訳をみると、ほとんどのメーカーが半数以上を国外販売が占めています。

もはや日本市場はマイナー市場になりつつあります。

そういう状況なので、4WDをAWDに変更する流れは、ある意味必然と言えると思います。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。