ドライブシャフト|交換時期・交換費用|異音・どんつき・グリス漏れ

ドライブシャフト・交換時期・交換費用・異音・折れ・グリス・漏れ・どんつき

ドライブシャフトとは

車の動力の伝達経路は、エンジン→ミッション→デフ→ドライブシャフト→タイヤという流れになります。

前輪駆動(FF)の場合は前輪に、後輪駆動(FR)の場合は後輪に、4輪駆動(4WD)の場合は前輪と後輪に付いています。

グリス漏れ

ドライブシャフトのジョイント部分にはゴム製のブーツ(覆い)がかぶせてあり、水やごみの侵入を防止するだけでなく、グリスが外へ漏れ出すことも防止しています。

このドライブシャフトブーツに亀裂が入ったり破れたりすると、中のグリスが漏れ出します。

車検の検査には「公害の拡散防止」の項目もあるので、グリス漏れがあったら車検に不合格となります。また、ブーツの破れ自体も不合格になります。

異音

ドライブシャフトから異音が発生する場合、原因として考えられるのは、ドライブシャフトブーツの破れです。

ブーツが破れると、そこから水が入ったりゴミが入ります。また前の項目のようにグリスが漏れます。その結果、金属と金属が擦れ合う部分が劣化して、金属質の異音を発生するようになります。

どんつき

車の車高を極端に下げたり、キャンバー角を大きく変えたりした場合、ドライブシャフトがボディー側に押し付けられて、ハンドルを切った際などに金属と金属がこすれる異音と振動が発生します。

これがドライブシャフトのどんつき(ドン突き)と呼ばれるものです。

どんつきを解決するには、車高を上げるか、キャンバー角を戻すことが必要です。

交換時期

ドライブシャフトは耐久性のあるパーツで、普通に車を走らせる限り、ほぼ一生モノと言っていいと思います。

ただし、事故で折れてしまうことがありますし、ドライブシャフトブーツの破れを放置してジョイント部分を痛めつけてしまうと、そっくり交換するしかないという事態もあり得ます。

交換費用

ドライブシャフトの交換ですが、車種により異なるものの、ざっくり言うと、部品代と工賃を合わせた総額で18,000円~43,000円くらいになると思います。

ディーラーでは高め、カー用品店などは安めになります。

軽自動車は安め、高級車・輸入車は高めです。

ドライブシャフトはリビルド品も数多く出回っているので、お手頃価格のものを利用すれば何割か費用を抑えられます。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。