オープンデフとは|構造・意味|リミテッドスリップデフとの違い

オープンデフ・とは・構造・意味

オープンデフとは

オープンデフとは、デファレンシャルギアのことです。デフギアまたはデフとも呼びます。

「オープンデフ」と呼ぶのは、リミテッドスリップデフ(LSD)との対比・比較で、その違いを明確にする意味で使われます。

要するに、オープンデフとは普通のデファレンシャルギアのことです。

普通でないデファレンシャルギアには、リミテッドスリップデフやデフロックがあります。

オープンデフとリミテッドスリップデフの違い

オープンデフは駆動輪についている装置です。差動装置とも呼ばれていて、左のタイヤと右のタイヤの回転差を調節する役割を果たしています。

たとえば車が右に曲がる場合、内側のタイヤ(右)と外側のタイヤ(左)では回転の数が異なります。外側のほうがより多く回転します。もし内も外も同じ回転数であったら、車はまっすぐ直進してしまいます。

このように、左右のタイヤの回転数が異なる場合でも、その間の動きを調節して、エンジンの動力を左右にうまく配分する役割を果たすのがオープンデフ=デファレンシャルギア=デフです。

ところが、こうしたオープンデフにも弱点があります。

たとえば、スポーツ走行で高速コーナーを曲がる際、それが左コーナーであったら、右側のタイヤには強い横Gが働いてタイヤと路面とのトラクションは強くなります。しかし、左側のタイヤは浮き上がり気味になって、場合によっては空転します。

オープンデフの場合、片側が空転すると、もう片側に動力が伝わらなくなってしまう弱点があります。

すると、高速コーナーを走り抜けようとするスポーツ走行で、力強いコーナリングができなくなってしまうのです。

そこで開発されたのがリミテッドスリップデフ(LSD)です。この装置があれば、片輪が空転してももう片輪にしっかり動力が伝わり、高速コーナーを力強く走り抜けることが可能になります。

また、FR車でドリフト走行する場合にも、リミテッドスリップデフがあれば、力強いド派手なドリフトが可能になります。

車のデフギア(デファレンシャルギア)とは|構造と役割|差動装置のこと

2020.05.01

デフロック(デファレンシャルロック)とは|構造|軽トラ・トラック・オフロード車

2020.05.01

LSD|リミテッドスリップデフとは|構造と効果|FRのドリフト走行に効果的

2020.05.01

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。