【超実践解説】新品スタッドレスの皮むきに必要な距離|高速?一般道?

新品スタッドレス・スタッドレスタイヤ・皮むき・慣らし・距離・高速・空気圧




新品スタッドレスの皮むきに必要な距離|高速?一般道?

ウインターシーズンを迎えるにあたってタイヤをスタッドレスタイヤに交換する場合、去年履いていたスタッドレスならそのまま即戦力として雪道を走行するのはアリだと思います。

では、新品スタッドレスタイヤに交換した場合、巷で言われているいわゆる「皮むき」は必要でしょうか?

答えは、

皮むきしないと雪道を走れないわけではないが皮むきしたほうがいいに決まっている!

ということになると思います。

まっさらな新品スタッドレスでも慎重に運転すれば雪道でも凍結路でもちゃんと走れますが、皮むきしたタイヤと比較すれば、スタッドレスタイヤに要求される<ひっかき><吸水><密着>の3つの性能がやや劣るのは間違いないところです。

タイヤの製造は、溶かしたゴムを金型成型に流し込み、固まったところで取り出します。その際、金型と直接接触する一番外側の状態と、金型とは直接接触しないゴムの内部が、全く同じ状態になることはありえない話です。

金型と直接接触する一番外側の部分には、必ず、薄い皮膜ができます。直に金型と接触するのだから、これは超当たり前の物理現象です。

この薄皮部分は、これがあるから雪道や凍結路で性能を発揮しないというほど決定的な障害になるものではありませんが、でも、無いほうがよりいいことは確かです。

そういう意味で、新品スタッドレスタイヤには皮むきが必要です。皮むきをやらないよりやったほうがいいです。たいした手間ではないのですから、やるべきです。

皮むきに必要な距離:高速走行?一般道?

新品スタッドレスの皮むきは、夏タイヤの皮むきと基本的に同じです。

  • 一般道を速度50km~60kmで100km~200kmの距離を走る

これでOKです。

高速道路だけを走行する場合は、最低でも200kmくらいは走ったほうがいいと思います。

一般道では直線道路だけでなく左右のコーナーがあり、信号でのストップアンドゴーがあるので、タイヤに様々な角度で負荷をかけることができます。タイヤのトレッド面(路面と接する面)にまんべんなく摩擦を加えることができるので、皮むきには最適です。

一方、高速道路は比較的まっすぐな道なのでトレッド面と路面との接触の仕方が単調になりがちなので、ちょっと距離を多めに走る必要があると思います。

レーシングカーがスタート前にやる8の字走行みたいなことは、もちろん皮むきに効果はありますが、しかし、公道でやれる場所は限られているので、あまりおすすめできない方法です。

また、最近のスタッドレスタイヤには、皮むき不要でおろしたてから本来の性能を発揮するというタイヤも登場しています。いわゆるファーストエッジ加工と呼ばれるものです。

こうしたタイヤは当然従来のスタッドレスより初期の性能がいいことは間違いないと思いますが、でも、皮むきはやらないよりやったほうがいいと思います。皮むきなどたいした手間ではないのですから。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒スタッドレスタイヤの製造年が古いが使ってもいい?

⇒⇒スタッドレスタイヤの寿命|5年目・6年目・7年目はOK?

⇒⇒スタッドレスタイヤの寿命|10年目・10年落ちは使える?

⇒⇒スタッドレスタイヤの空気圧|寿命・年数|スタッドレスは走行距離何キロ?10年は無理?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。