タイヤ幅を広げる|細いホイールに太いタイヤはOK?

細いホイールに太いタイヤ
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

タイヤ幅を広げる|細いホイールに太いタイヤはOK?

タイヤの幅とホイールの幅にはある程度の許容範囲があります。タイヤメーカーではいちおう推奨するホイールサイズを指定していますが、その推奨サイズより幅広だったり、逆に幅狭だったりしても、少々の逸脱であれば走行可能です(自己責任という扱いになりますが)。

たとえば、ホイール幅より狭い幅のタイヤを履かせることを「引っ張りタイヤ」と呼び、最近の流行になりつつあります。

一方で、ホイール幅より幅広のタイヤを履かせることを「逆引っ張りタイヤ」などと呼ぶこともあって、これも一定の支持を得ているやり方です。

いうまでもなく、メーカー推奨の範囲でタイヤ幅とホイール幅を揃えるのが望ましいのですが、ルックスを重視して、あるいは特定の走行性能をよくするために、引っ張りタイヤにしたり逆引っ張りタイヤにしたりするわけです。

細いホイールに太いタイヤ

このページでは「細いホイールに太いタイヤ」を履かせることの是非、メリット・デメリットをテーマにしています。

そこで、具体例ですが、たとえば、ホイールのリム幅が9Jの場合、mmに換算すると、9×25.4mm=228.6mmです。※1インチ=25.4mm

このホイールに215mm幅のタイヤを履いた場合、これが引っ張りタイヤになります。

もしも9Jに240mmのタイヤを履いたら、これは逆引っ張りタイヤです。

引っ張りタイヤの場合はタイヤよりホイールが出っ張る形になりますが、逆引っ張りタイヤの場合はホイールよりタイヤが出っ張る形になります。

最近のトレンドから言うと、引っ張りタイヤの方が人気ですが、車種によっては逆引っ張りタイヤ(細いホイールに太いタイヤ)にしてタイヤのゴムの部分が堂々と主張するようなスタイルが映えるものもあるでしょう。どちらがいいとは一概に言えません。

メリット・デメリット

「細いホイールに太いタイヤ」つまり逆引っ張りタイヤにした場合、メーカー推奨の標準サイズのものにした場合と比較して、どんなメリット・デメリットがあるか、以下に列挙してみます。参考になさってください。

(乗り心地)標準サイズより空気層が多くなるので弾力性は増します。だから、路面状況によっては乗り心地がソフトになる場面もあります。しかし、タイヤの接地面積は増えるので轍やうねりなどのキックバックを受けやすくなり、その面では乗り心地は低下します。

(コーナリング性能)路面との接地面積が増えるのできれいに整地された道路ではグリップ力は増しますが、空気層が増えている分だけタイヤのたわみ量は大きいので感触は悪くなると思います。また、乗り心地のところでも触れたように、タイヤの接地面が広くなっている分だけ路面の状態をダイレクトに拾いやすくなってコーナリングが不安定になる場面も増えると思います。

(燃費性能)接地面積が広くなる分だけ抵抗値が上がり燃費性能は落ちます。

(ブレーキ性能)路面との接地面積が増える分だけブレーキ性能は高くなりますが、感触はちょっとスポンジーな感じになるかもしれません。

(ルックス)お好みです。SUVなどではゴムの部分がデンッと自己主張している様子はかなりかっこいいのではないでしょうか。でも、引っ張り気味にしてホイールを主張した見た目もまたかっこいいですから、これはまさに、お好みで、としか言いようがありません。

ホイールの幅とタイヤの幅:許容範囲について

引っ張りタイヤにしたい、あるいは、逆引っ張りタイヤにしたい、と言うとき、このホイールのリム幅ならこのサイズのタイヤにすべき、といったドンピシャリの答えはありません。

というのも、そもそもタイヤはゴムでできていて弾性があるのである程度の適合幅があるからです。

たとえば、ヨコハマタイヤにADVAN Sportという銘柄がありますが、このタイヤの17インチ扁平率45のタイヤで見てみましょう。

タイヤの幅とリム幅の関係は以下のようになります。

  • (タイヤ)225/45R17 91W MO
  • (適合リム幅)7-8½

つまり、225mmの幅のタイヤの場合、ホイールのリム幅は7インチ~8.5インチまでなら大丈夫ですよ、ということです。

したがって、このタイヤで引っ張りタイヤにするにしても逆引っ張りタイヤにするにしても、7インチ~8.5インチの幅からサイズが逸脱すればするほど引っ張り度合い(逆引っ張り度合いが)強くなるということになります。

どの程度の引っ張り具合にするかは、実際にタイヤが装着できるか、安全性は問題ないか、どの程度の引っ込み具合(出っ張り具合)になるか、などをショップのスタッフさんの意見を聞いたうえで決めていくことになります。※経験豊富なプロの意見は重視してください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒車のワンダリングとは?意味は?タイヤのふらつき対策

⇒⇒タイヤ交換した直後から左に流れるようになった|原因は?

⇒⇒車|ハンドルを離すと左に|手離しで左に寄るのは正常です

⇒⇒扁平タイヤ|轍や段差でハンドル取られる|原因は?

⇒⇒タイヤの空気圧は何キロまで?最大限度・限界の数値は?

⇒⇒タイヤの空気圧と気温の関係|夏と冬の違いはある?

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。