【超丁寧解説】ナンバープレートにバックカメラは違法になりますか?

ナンバープレート・バックカメラ・違法




ナンバープレートにバックカメラは違法になりますか?

ナンバーの読み取りを妨害するものでなければ、ナンバープレートに取り付けたバックカメラは違法にはならないと思います。

「思います」とあいまいなことを言うのは、車検の検査官によってはNGとされるケースがごくまれに報告されているからです。グレーゾーンということです。

市販されているバックカメラには、ナンバーのネジの部分に重ねる形で取り付けるものなどが多数あります。あるいは、ナンバーの左上隅とか右上隅などに取り付けたりするものもあります。

こうしたバックカメラはたぶん大丈夫です。ナンバープレート全体に占める面積が少なくて、なおかつ、登録番号の読み取りに支障がなければ、ほとんどの場合車検は通るはずです。違法ではないと思います。

いずれにしても、バックカメラを購入して自分で取り付ける場合も、カーショップで取り付けしてもらう場合も、車検に合格するかどうかを事前に確認してください。

ショップに確認して「大丈夫です」と言われ、後日車検で不合格にされたら、あとでショップにクレームを言えますよね。

そういう意味でも事前の確認は大事です。

国土交通省の「ナンバープレートに関する基準」

車のナンバープレートは「見やすいように表示する」のが基本ですが、国土交通省ではより具体的に表示の方法について基準を示しています。

まず、カバーと回転と被覆と折り返しについては下記の通りです。

次に、ナンバープレートの位置や角度については以下の通りです。

このページのテーマであるバックカメラを取り付けると違法になるかという点で言うと、上記様々な規定にクリアーする範囲内であればOKということになります。

当然、グレーゾーンがあるので、バックカメラを取り付ける際は事前にディーラーやカーショップなどで確認するようにしてください。

ナンバープレート関連の下記記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒ナンバープレートの封印|ついてないと違反|再交付の方法

⇒⇒ナンバープレートにアルファベットが:車のナンバーが変わる

⇒⇒ナンバープレート:返却しない・記念にもらう・持ち帰り!

⇒⇒ナンバープレートの返還・処分・返納:永久抹消・一時抹消

⇒⇒車のナンバーを警察で検索してトラブル相手を特定できる?

⇒⇒レンタカーの「わナンバー」は自家用と事業用の中間的用途!

⇒⇒車のナンバーの「ひらがな」の意味は?なにかの分類ですか?

⇒⇒レンタカーのナンバーはひらがなの「わ」と「れ」と「ろ」

⇒⇒ナンバーの記念所蔵:車のナンバープレートを記念に保存可能

⇒⇒車のナンバーから住所・名前を調べる・特定するには探偵?

ご覧頂きありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。