ヘッドレストの車検基準|モニター付・後部座席は?年式による基準の違いは?

車検・ヘッドレスト・年式・モニター・後部座席・運転席・助手席

ヘッドレストには車検基準があります。

まず問題になるのは運転席と助手席で、この2座にはヘッドレストがないと車検は通りません。

後部座席は対象外です。

ただし、年式によっては最初からヘッドレストが付いていない車もあり、こういうケースは付いていなくても車検は通ります。

ヘッドレストに後付のモニターが付いている場合は車検には通りません。

しかし、標準仕様でモニターがヘッドレストと一体になっているタイプは車検に通ります。

年式による車検基準の違い

クラシックカーやビンテージカーと呼ばれるような大昔の車には最初からヘッドレストが付いていない車もあります。

こういう車を車検に出した場合、ヘッドレストがなくても車検は通ります。

それほど大昔ではなくても、年式により以下のような基準の違いがあります。

ヘッドレストの車検基準【平成24年(2012年)6月30日より前の製造車】
運転席のみ必要
ヘッドレストの車検基準【平成24年(2012年)7月1日以降の製造車】
運転席・助手席のみ必要

上記の年式による違いを見ればお分かりのように、後部座席に関しては検査対象外になっています。

しかし、現在の車で2列目や3列目がある車でヘッドレストが付いていない車はほぼ存在しないはずで、こうした最初から(標準仕様で)ヘッドレストが付いている車の場合は、これをわざわざ外して車検を受けたら、検査官によっては不合格とするケースもあるかもしれません。

最初から付いていたら付けた状態で車検を受け、最初から付いていなかったらそのまま車検を受ける、これが基本となります。

紛失している場合は純正品でなくても大丈夫

事情があって普段はヘッドレストをつけておらず、いざ車検で付けようと思ったらどこかに紛失してしまった、というケース。

こういうケースでは、どのメーカーのものでもいいのでシートに取り付けることができるものをとりあえず付けて車検を受けてください。

取り付けに問題がなければ車検は通ります。

モニター付ヘッドレストの場合

後付のモニターをヘッドレストにつけている場合は、これを取り外さないと車検は通らないのが通例です。

メーカー標準で最初からヘッドレストと一体になったモニターが付いている場合は、問題なく車検は通るのが普通です。

なかには、後付のモニターをヘッドレストカバーで覆って隠していたら、そのまま車検が通ったという話もありますが、たまたまうまくいっただけで、普通はダメです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。