車検 5年目(2回目)|交換部品と費用|新車保証切れ・エコカー減税終了で割高に

車検・5年目・2回目・交換部品・費用・新車保証・エコカー減税

プリウスやワゴンRなどの乗用タイプの車の場合、初回車検は3年目ですが2回目の車検は5年目にやってきます。

新車から5年目になると、多くの場合新車保証(と延長保証)が切れる時期になり、またエコカー減税などの優遇税制も終了します。

さらに、初回車検と違って消耗品を始めとした交換部品が数多く出てくる時期でもあります。

そのため5年目(2回目)の車検では初回車検に比べて車検費用が高くなるのが普通です。

2回目の車検(5年目)は初回車検より費用が高くなる

アルファード・ノート・CX-5・ムーブ・N-boxなどの自家用乗用タイプの車の場合、初回車検は新車から3年目にやってきます。

以後は2年毎の車検になるので、2回目の車検は新車から5年目になります。

この5年目というタイミングですが、走行距離も4万キロ~6万キロの間になることから車の様々な部品が交換時期を迎えます。

また新車保証と延長保証が切れるのも5年目ですし、エコカー減税によって重量税が減免される優遇処置も切れる時期です。

こうしたことから、初回車検に比べて2回目の車検(5年目)は費用が高くなるのが普通です。

予想される交換部品と費用

5年目(2回目の車検)に予想される交換部品とその費用相場は下記のとおりです。

  • タイヤ:費用相場は10,000円~100,000円。軽用の格安品もあれば、普通車のいわゆる「ちゃんと買い」であれば100,000円以上も。5年目になると走行キロ数に関わらずゴムが硬化するので交換時期になります。
  • バッテリー:費用相場は10,000円~40,000円。初回車検で交換して2回目も交換というケースもあれば、初回は無交換で2回目に初めて交換というケースも。
  • ブレーキパッド:費用相場は7,000円~18,000円。これは走行距離に比例して消耗しますから、5年目でも走行距離が2万キロという場合は交換する必要はないと思います。
  • ブレーキフルード(ブレーキオイル):費用相場は5,000円~10,000円。走行距離3万キロ~5万キロが交換目安です。また走行距離に関係なく古くなるとベーパーロック現象が発生しやすくなり、熱で泡が発生してブレーキを踏んでもその力がブレーキ装置に伝わらなくなります。5年目は交換時期と言えます。
  • エアクリーナーエレメント:費用相場は3,000円~8,000円。室内の空気清浄ではなくエンジンに送る空気の清浄をするのがエアクリーナーエレメントです。4万キロ~5万キロが交換時期です。

その他、走行距離や車の使い方などで交換すべき部品は発生します。

いずれにしても、初回車検(3年目)よりも交換部品の点数は増えるのが一般的です。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。