スロットルコントローラー(スロコン・PPT)は車検OK?効果あります?メリット・デメリット

スロコン・スロットルコントローラー・ppt・車検・効果・メリット・デメリット

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【記事丸わかり】

  • スロットルコントローラーの概要:
    • Throttle Controller(スロコン・PPT)は、アクセルペダルとエンジンの間に設置し、エンジン回転を制御する装置です。
  • 取り付け可能な車種:
    • ECU(エンジンコントロールユニット)で制御されている車に取り付け可能。現在のほとんどの車が対象。
  • 車検適合性:
    • スロットルコントローラーはエンジン出力を改造するものではなく、基本的に車検に問題なく通る。
  • ディーラーでの対応:
    • 純正品以外のスロットルコントローラーを嫌うディーラーもあるため、事前確認が必要。
  • 効果:
    • アクセルレスポンスが向上し、発進加速がスムーズになります。同じアクセル操作でエンジン回転数が変わるため、効果が明確に現れます。
  • メリット:
    • 自分好みのアクセルレスポンスを実現できる。
    • 燃費重視の設定を解除し、パワフルな走りを楽しめる。
  • デメリット:
    • 装置自体や取り付け工賃に費用がかかる。
    • 通常の燃費が悪化する可能性がある。
  • 取り付け費用:
    • スロコン本体は15,000円~35,000円。
    • 取り付け工賃は8,000円~15,000円。
  • 燃費への影響:
    • 燃費が悪化する可能性があるが、走行の快適さを優先するユーザーには受け入れられることが多い。
  • 購入方法:
    • ディーラーや通販で購入可能。ディーラーでは取り付けを依頼することもできる。

⇒⇒スロコンでベタ踏み時の0-100km/h加速が変わるのか検証してみた【Pivot 3-drive · EVO】

車はアクセルの踏み加減でエンジンの回転数を調節して走ります。

最近の車は燃費性能を重視しているので、最初のひと踏みがモッサリした車が多いですね。

こういう車にスロットルコントローラー(スロコン・PPT)を付けると、最初のひと踏みからグワッとエンジン回転が上がり、小気味よい発進加速が得られるようになります。

効果てきめんです。

もちろんこれは一例であり、スロットルコントローラー(スロコン・PPT)の調整方法は自由にできます。

スロットルコントローラー(スロコン・PPT)はエンジンの出力そのものを改造するものではありませんから、基本的に車検は通ります。

電子車検証(車検証の電子化)とは?簡単にわかりやすく解説!

2023年1月26日

スロットルコントローラーとは

スロットルコントローラーはThrottle Controllerのことで、アクセルペダルとエンジンの間に設置してエンジンの回転を制御する装置のことです。

現在の車のほとんどはコンピュータによってエンジンが制御されているので、そのコンピュータの働きに介入するのがこのスロットルコントローラーです。

スロットルコントローラーはスロコンと略されることが多く、また別名をPPTと呼ばれます。

PPTとはPlug-in Power Throttleの略です。TPPじゃありませんから、ご注意を。

コンピュータ制御の車なら取り付け可能

昔の車はアクセルペダルとエンジンはワイヤーでつながっていました。こういう車にはスロットルコントローラー(スロコン・PPT)は取り付けできません。

取り付けできるのはECUというマイコンで制御されている車両です。今の車はほぼすべてこのECUで制御されているのでスロットルコントローラー(スロコン・PPT)は取り付け可能です。

特別な改造というほどのものではなく、ディーラーでも取り付け可能ですし、通販でもお手頃な値段で販売しています。

スロコン本体は15,000円~35,000円ほど、取り付け工賃は8,000円~15,000円ほどです。

車検OK

スロットルコントローラー(スロコン・PPT)はエンジンそのものを改造するものではなく、昔の車で言えば、アクセルとエンジンの間のワイヤーの長さ調節といった程度の改変なので、基本的に車検は問題なく通ります。

ただし、ディーラーなどでは純正品以外のスロットルコントローラー(スロコン・PPT)を嫌うところもあって、車検を受け付けないところもあるようです。

ディーラーは、このスロットルコントローラー(スロコン・PPT)に限らず社外品のオプションを嫌うところが多いので、事前に確認したほうがいいと思います。

効果あり

いい効果か悪い効果かは調整の仕方によりますが、とにかくスロットルコントローラー(スロコン・PPT)は効果抜群です。

だって、同じアクセルの踏み加減でエンジン回転が異なるのですから、効果が出るに決まっています。

効果がないなんてありえないことです。

メリット

自分好みのアクセルレスポンスが得られます。

最近の車の燃費重視の設定にはあきれることがあります。エンジンそのものは十分にパワフルなのに、アクセルの設定がフニャフニャなのが多くて、キビキビした走りが得られない車がたくさんあります。

こういう車にスロットルコントローラー(スロコン・PPT)を取り付けて自分好みに調整すれば、見違えるような車に変身します。

多少燃費は落ちますが、ストレスをためるより健康的だと思います。

ズバット車買取比較

デメリット

お金がかかるところがデメリットです。

スロットルコントローラー(スロコン・PPT)そのものにお金がかかりますし、ディーラーやショップで取り付けしてもらえばそれにもお金がかかりますし、通常燃費が悪くなるのでそこでもお金がかかります。

でも、気持ちのいい走りができるのであれば、それをデメリットと受け取る人は少ないでしょう。

だいたい発進がモッサリした車なんて価値がないと思います。みなさん、そうですよね?

created by Rinker
ピボット(PIVOT)
¥19,100 (2024/06/16 12:42:55時点 Amazon調べ-詳細)

下記の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。