車・バイクのセルモーターとは|仕組み|交換時期・交換費用|異音で修理?

セルが回らない・無音・セルモーター故障
ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

仕組み

車やバイクでエンジンを始動させるための装置のことをセルモーターと呼びます。

エンジンは、いったん動き出せば自らの力で回転を続けますが、最初だけは自力では動けません。

最初のひと転がしをアシストするのがセルモーターです。

現在主流の4サイクルエンジンでご説明すると、エンジンは次の4つの工程で動力を発生させます。

  1. 吸気:ピストンが下がり、吸気バルブが開き、そこへ混合気(燃料と空気)を取り込む
  2. 圧縮:ピストンが上がり、混合気を圧縮
  3. 燃焼:プラグにより点火、混合気が燃焼し、ピストンが下がる
  4. 排気:ピストンが上がり、排気バルブから燃焼したガスが排出される

①の吸気の際、いったんピストンが下がるのですが、これはクランクシャフトが動かなければ下がりようがありません。

クランクシャフトの最初の動きをモーター回転でアシストするのがセルモーターの役割です。

セルモーター自体の動力源は、バッテリーに蓄積されている電気です。バッテリーに蓄積されている電気はエンジンの回転を利用したオルタネーター(発電機)から供給された電気です。

交換時期

セルモーターの寿命は10年10万キロと言われていますが、これもあまりあてにならなくて、廃車まで無交換の車もたくさんありますし、5万キロくらいで交換する車もあります。

バイクのセルモーターは車より短命と言われていて、3万キロ~5万キロ程度で寿命が来る個体も珍しくありません。

また、最近採用されているアイドリングストップですが、セルモーターにとっては確実に寿命を縮める装置です。

交換費用

セルモーター単体の値段は、原付バイクなら3,000円くらいからあります。

車の場合は10,000円~30,000円が相場です。

交換の工賃ですが、3,000円~10,000円程度になると思います。

車の場合、部品代と工賃を合わせた総額で、13,000円~40,000円程度です。

ディーラーは高め、整備工場やカー用品店は安めになります。

軽自動車は安く、高級車や輸入車は高めです。

異音で修理?

セルモーターが不調になるとどんな症状が現れるのでしょう?

はい、それは簡単で、エンジンがかかりません。

その際、普段聞き慣れない異音がしつつ、ある程度モーターが回るけれど、しかしエンジン始動にまでは至らない、という場合は、セルモーターの故障よりバッテリー上がりを疑うべきです。

ウンともスンともいわない場合は、セルモーター自体の故障を疑うべきです。

おもしろいことに、セルモーターが回らないときに何か硬いものでエンジンルームのセルモーターをぶったたくと、いきなりエンジンがかかることがあります(もちろん始動キーを回しつつの話ですが)。

ブラウン管時代のテレビみたいな話ですが、実際にこういうことがあります。

これはセルモーター内部で回転パーツが何らかの理由で固着しているケースです。

突っかかりが取れたので、また回転を始めたというわけです。

ご覧いただきありがとうございました。

ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。