ドライブレコーダーでSDカードの「エラー」表示が出る場合

ドライブレコーダー・SDカード・エラー
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ドライブレコーダーでSDカードの「エラー」表示が出る場合

ドライブレコーダーのトラブルの中で最も頻度が高いのが記録媒体の不具合です。多くの機種ではマイクロSDカードを採用していますが、本体の液晶画面に「カードエラー」とか「SDカードがいっぱいです」などの表示が出て、ドライブレコーダーが使えない状態になります。

SDカードのエラー表示が出た場合、下記のような原因が考えられます。

  1. カードの差し込み方が悪い
  2. カードの接点部分にホコリや汚れが付着している
  3. カードが劣化していて正常な記録ができない状態にある

①と②はSDカードを何度か抜き差ししているうちに治ってしまうことがあります。

③の場合は、SDカードを一度フォーマットしてみてください。フォーマットとは初期化のことで、ドライブレコーダーの設定画面を開くと、「フォーマット」あるいは「初期化」の項目があるので、そこを開いて指示通りにSDカードのフォーマットを行います。フォーマットはパソコンでも可能です。

フォーマットでも改善しない場合は、残念ながら、新品のSDカードと交換するしかないと思います。

「エラー」表示が出る原因

まず言えることは、ドライブレコーダーは記録媒体を酷使するという点です。同じようにSDカードを使用するデジカメと比較しても、記録と消去の頻度は桁違いでしょう。ドライブレコーダーに差し込んであるSDカードは、記録時間がいっぱいになるとまた最初に戻って古い記録に新しい記録を上書きしていきます(ループ録画)。これを延々と繰り返すのです。

また、自動車の車内というのは、夏の炎天下に青空駐車している際など、60度以上になることもあって、SDカードだけではありませんが、機械類にとっては大きな負荷になります。

こうしたことがSDカードにエラー表示が出る一因になっていると思います。

また、規格外あるいは推奨外の製品を使用するケースも一因として考えられます。

ドライブレコーダーの各機種には、推奨するSDカードの容量やスピードがあります。<microSDHCカード、32GBまで、class10>というように、機種によって推奨するタイプが異なります。

これと異なるカードを使用すると、エラー表示が出やすいといえます。デジカメなどは推奨するものと異なるカードを使用しても大抵は問題ないのですが、ドライブレコーダーのカードはもっとハードな使われ方をしているので、このあたりは敏感なのかもしれません。

エラー表示が出る機種はありがたい

ドライブレコーダーのどんな機種でもSDカードに問題があれば必ずエラー表示が出るわけではありません。なかには、何の表示もなく、ユーザーも安心して使用していたところ、いざ事故が発生して録画内容を確認してみたら何にも映っていなかった、というトラブルがけっこうあります。

最近の機種には、エンジン始動でドライブレコーダーが起動する度に、SDカードの状態をチェックして、不具合があればそれを表示する機能を備えたものが普及しつつあります。

たとえば、コムテックのZDR026という機種の説明書には下記のような記述があります。

SDカードチェック機能
多くのドライブレコーダーではSDカードが破損していても通常通り起動してしまい、映像を記録できていないことがあります。本製品では起動時にmicroSDHCカードをチェックし、カードが破損していた場合はLED表示で異常をお知らせするため、取り逃しを防止できます。

実際のところ、ドライブレコーダーの不具合の多くは、マイクロSDカードをはじめとした記録媒体に原因があることがほとんどです。

国民生活センターのドライブレコーダーに関する報告書にも、カードが原因となるトラブルが分析されています。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像を定期的に確認しましょう―SD カードの異常により映像が記録されていないことも― (平成30年8月2日 )

詳細は、ご覧になっていただくとして、わたしが一読して面白いと思ったのは、次の事例です。

走行中にドライブレコーダーの画面が暗くなり、電源が落ちる。原因を調べてほしい。

という依頼を受けて調査した結果、原因はSDカードの不具合であり、ドライブレコーダー本体の問題ではなかったというのです。

画面が暗くなって、勝手に電源が落ちたら、だれだってドライブレコーダー本体を疑うでしょう。でも、そうではなくて、カードに記録できない場合は電源が落ちる仕様になっている機種もあるようです。

このケースでは、SDカードを新品に交換したら問題なく作動しました。結局、SDカードが酷使されて、カード内に不良セクタがいくつも発生したのが原因でした。不良セクタとは書き込みしたり消去したりが全くできなくなった領域のことです。

みなさんも、ドライブレコーダーに不具合が出たら、まずSDカードを疑ってみてください。

⇒⇒ドライブレコーダーの録画ファイル構成はどうなっている?

⇒⇒ドライブレコーダーの「ループ録画の意味」を教えて!

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。