【90秒記事】バルブガイドの材質|ガタ・摩耗・放熱性に優れた素材を厳選

バルブガイド・摩耗・ガタ・放熱・材質




材質が重要

エンジンの吸排気バルブは、常時高熱にさらされ、激しく動き続けるパーツなので、精密性、耐久性、放熱性など様々な特性が要求されます。

そのなかで、バルブステムを受ける部分であるバルブガイドは、耐摩耗性や耐熱性が特に要求されます。

また、排熱性・放熱性も要求されるパーツで、たとえば、アルミ合金鋳物製シリンダーヘッドのエンジンでは、バルブの傘の部分が持つ高熱を逃がすために、バルブガイドは重要な役割を担っています。バルブガイドはバルブ傘部を受け止めた瞬間に、即座に傘部の熱の一部を引き受け、その熱をウォータージャケットに放熱しています。

バルブガイドの素材として使用されているものには、アルミ青銅、リン青銅、カーボングラファイトのMMC、ベリリューム銅などがあります。

このように素材を厳選しているのですが、走行距離が伸びてくると、ある程度摩耗するのは避けられません。バルブガイドが摩耗すると、いわゆる「ガタ」が発生します。やはり、ガタが出てきたらバルブガイドを交換するしかありません。

【1分記事】バルブガイドとは|役割|吸排気バルブシステムのどの部分?

2020.06.02

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。