JAFの非会員がその場で入会すれば会員料金になる?

JAF・非会員・その場で入会

JAFの非会員がその場で入会すれば会員料金になる?

タイヤのパンクとかバッテリー上がりでJAFを呼んだ場合、JAFの会員であれば料金は無料です。パンク修理とかスペアタイヤに交換、あるいはバッテリーのジャンピング作業等、現場でJAFのサービスを受けても、会員なら無料です。

では、JAFの非会員がJAFを呼び、現場でJAFに入会手続きすることは可能でしょうか?

はい、可能です。入会手続きはトラブルの現場でできます。入会金2,000円と年会費4,000円は通常クレジット払いになるので、その場では支払う必要はなく、後日口座から引き落とされます。

ただし、入会することは可能ですが、会員料金が適用されるのは「次回」のサービス提供時からです。その場では適用されないので、現金かクレジットカードで料金を支払う必要があります

ちなみに、パンク修理あるいはスペアタイヤ交換、バッテリー上がりなら13,130円です。

自動車保険のロードサービスがあればJAFは必要ないか?

自動車保険(任意保険)にはどの保険会社の商品にもロードサービスが付いています。自動付帯です。特約保険料を別途支払うことなく、最初から基本補償に組み込まれています。

では、ほとんどの人が自動車保険には加入していると思いますので、JAFは不要なのでしょうか?

結論を申し上げると、マイカーにしか乗らない方であれば自動車保険のロードサービスだけで十分だと思います。

しかし、マイカーだけでなく、レンタカー会社の営業車友人の車大型バイク・原付バイクなどを運転する機会が多い人の場合は、JAFに入っている意味が大いにあります。JAFに加入していれば、こうした車を運転中にもJAFのロードサービスが使えるからです。

自動車保険のロードサービスは自分の車にしか使えません。

自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスを比較

では、自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスの違いを比較してみます。

あなたが東京海上日動の自動車保険に加入していたとすると、当然、ロードサービスが自動付帯されているので、各種ロードサービスを受けられます。

そのあなたが、同時にJAFにも加入していた場合は、東京海上とJAFの両方のロードサービスを受けることが可能ですが、この場合、サービスが重なっている部分とJAFにしかないサービスとに分かれてきます。

以下、具体的に比較してみます。

※東京海上日動ではJAF会員のために「JAF会員向け拡大サービス」という特典を用意しています。

サービス内容  JAF非会員(東京海上のみ)  JAF会員(東京海上+JAF)
トラブル現場での応急対応にかかる部品代・消耗品代 自己負担 保険期間中に1回まで4,000円を上限に受け取れる
けん引・搬送 15万円まで無料

※応急対応費用と合計での限度額

15万円まで無料

※応急対応費用と合計での限度額

燃料切れ時の燃料代無料サービス 保険期間中に1回 保険期間中に2回
パンク応急修理  対象外  対象
タイヤチェーンの着脱  対象外  対象
雪道・ぬかるみ等(スタック)からの引き上げ  対象外  対象
自然災害に起因した事故・故障 一部対象地震・噴火・津波は対象外  対象
バッテリー上がり  対象  対象
キーの閉じ込め  対象  対象
パンク時のスペアタイヤ交換  対象  対象

このように一覧で見ると、確かに東京海上日動+JAFの方が内容が充実しています。

ただし、それほど大きなメリットと言うほどではないと思います。

比較的大きな違いと言えば、やはり雪道・砂浜・ぬかるみ等でスリップして抜け出せない場合(スタック)、東京海上日動のみでは対象外ですが、東京海上日動+JAFなら引き出し作業をやってもらえる点でしょう。

でも、それ以外は大きな違いはないようです。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒JAFでパンク修理可能?|スペアタイヤなしの場合

⇒⇒JAFでパンクの修理|その後にやるべきことは?

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

⇒⇒東京海上日動のロードサービス(ロードアシスト)とJAFの違い

⇒⇒タイヤのパンクで修理できないケースとは?どこで判断?

⇒⇒タイヤのパンクに気づかない3つの要因を解説!!

⇒⇒タイヤがパンクしたらディーラーで修理?どこがベスト?

⇒⇒タイヤのパンク|イタズラ対策|被害防止の4つの方法

⇒⇒タイヤのひび割れ・亀裂|原因・防止・補修・交換|車検基準|高速でバーストが怖い

⇒⇒タイヤのバーストとは|原因と前兆|修理か交換か|低空気圧で事故|JAF・ロードサービス

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。