【今でしょ!】車欲しいけどもったいない|決断の決め手は何?

車欲しいけどもったいない




車欲しいけどもったいない|決断の決め手は何?

今現在は車を所有していない。

でも運転免許証はあり、レンタカーやカーシェアリングや友人の車などで車のある生活は断片的に経験はしている。

そういう状況にある人が、やっぱりマイカーが欲しいなあ、自分の車があれば生活の幅がもっと広がるだろうなあ、毎日が今よりもっと楽しくなるだろうなあ、と車の購入に気持ちが傾いているのだけれど、その一方で、経済的な負担が心配になる。

現在車を所有している人も恐らく誰もが一度は経験していることだと思います。

経済的な負担に関して、車の場合は、購入価格以外に、任意保険代、駐車場代(戸建て住宅でない場合)、車検費用、自動車税、そして燃料代などがかかります。

一時的な出費以外にもこうした継続的な出費があるので、そういう点ではトヨタのkintoなどのサブスクで車を購入するのもシンプルでいいかもしれません。

いずれにしても、車が欲しいけれどお金のことを考えるともったいないかなあ、と迷う場合は、脳裏に天秤を思い描いて、片方の皿に「車のある生活」、もう片方の皿に「月割りにしたランニングコスト」を乗せて、しばらくシミュレーションしてみるといいと思います。

車のある生活ランニングコスト

ご自分の頭の中でシミュレーションするだけでなく、家族の意見や友人の意見も取り入れたうえであれこれ思い描いていただきたいと思います。

身も蓋もない言い方になりますが、このようにして天秤にかけて迷った方のほぼすべての人は、「車のある生活」を最終的に選択するはずです(笑)。

だって、車のある生活には夢がありますが、ランニングコストの方にはただ数字があるだけですから、最初から勝ち目はないですし、そもそも天秤にかけるほどの経済力がなかったら、最初から「迷う」はずがないからです。

べつに意地悪く心理学の講釈をしているのではありません。

一度この天秤を脳裏に思い浮かべた人は、もう嫌でも「車のある生活」を選択するしか魂が救われる道はない、ということを私は言いたいのです。

迷いなく車を購入してください。

現金一括かローンを組むかサブスクかいずれでもいいから、とにかく「車のある生活」を選択しないと、あなたは一生涯夢のない暮らしを送る宿命を背負うことになるでしょう。

もう選択の余地はないのです。

いざとなったら車は手放せばほぼ元通りになる

一生の内には何が起こるかわかりません。

職場が倒産して失業者になるかもしれませんし、倒産しなくても月々の給料が3分の2とか半分に減らされることも有り得ます。

病気やけがで生活費が重くのしかかることもあります。

実際に病気やけがで長期間職場を離れた場合、一気に困窮する例は数多くあります。病院への支払いは医療保険の自己負担分以外に保険適用外のこまごましたものがたくさんあって実質的自己負担はかなり重いですよ。

要するに、今現在車を購入し月々の車関連の出費にも何とか耐えられそうな状況であるなら、今車を買わなくていつ買うのか、待っていても年を重ねるだけだ、というごく当たり前のことを私は言っているだけです。

車購入してください。

何を迷っているのですか?

そして、生活には予期せぬ事態も発生し、車を維持できないことも起こり得ますが、その時は車を手放してください。

いえ、冗談を言っているのではありませんよ。

私も生活のために新車購入したルノーを手放したことがあります。

数十万円するハイエンドのアンプとスピーカーをヤフオクに出品してお金に換えたこともあります。

人の一生は不透明なのでそういうこともあります。

そういう不測の事態が発生したら、無念でしょうが車を手放してください。

車を手放せば、駐車場代や任意保険代や自動車税や車検費用などはその後支払う必要がなくなります。

カーローンを組んでいた場合は、車を売却してもまだローンの一括返済の額に届かないこともあり、その点だけは「足が出る」ケースはあるでしょう。

車を手放すことのリスクは、この「ローンの一括返済で不足する額」だけです。

他の車関連の出費は車を手放した後に負債として残るものはありません。

だから、いま車が欲しいと思ったら迷わずすぐに購入すべきです。

「でももったいないかなあ」と迷う時間は人生の浪費だと思いますよ。

大丈夫です。何とかなりますから。

他人事だから無責任に言っているなんて思わないでください。

どんなことにもタイミングがあると言いたいだけです。

ご覧いただきありがとうございました。

【プチ調査】ミニクーパーやめとけ?維持費・故障率・耐久性・乗り心地

2022.11.16




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。