日産マーチボレロが生産終了:口コミの評価や人気色をプチ調査




日産マーチボレロが生産終了:口コミの評価や人気色をプチ調査

2010年型マーチボレロ(Wikipedia

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。

 

1982年の初代マーチに始まり、その後4世代にわたって販売が続いてきた日産マーチは、2022年8月に生産国タイからの日本向け出荷を停止し、以後は在庫のみの販売となりました。

 

マーチの派生車種であるマーチボレロの生産終了はこれより早く、2018年の春に終了しています。以後は在庫のみの販売という扱いでした。

 

日産マーチボレロとは?

ボレロは、4代続くマーチの2代目の派生車種として初代がスタートしています(1997年10月14日)。

 

たった今(2023年1月9日)カーセンサーを覗いたら、何と1999年型のボレロが28.8万円で掲載されています!その他157台のボレロが勢ぞろいしていますよ。

 

最後の世代である4世代目はやや人気が低迷したとはいえ、日産マーチは常に人気車種でしたから、トータルの生産台数も多く、派生車種であってもまだまだ世に出回っているということですね。

 

マーチの生産台数の推移は以下の通りになります。

  • 1982年:初代モデル「K10型」(日本での新車登録台数:約60万台)
  • 1992年:2代目モデル「K11型」(日本での新車登録台数:約100万台)

ボレロとしては初代(1997年型)

  • 2002年:3代目モデル「K12型」(日本での新車登録台数:約60万台)

ボレロとしては2代目(2007年型)

  • 2010年:4代目モデル「K13型」(日本での新車登録台数:約25万台~)※未集計

ボレロとしては3代目(2010年型)

 

このページの主役である日産マーチボレロは、累計で100万台売れた2代目の途中(1997年)に派生車種として登場したモデルです。日産の関連会社オーテックジャパンが手掛けた特別仕様車です。(⇒⇒当時のプレスリリース

 

日産マーチボレロの口コミ・人気色など

「日産マーチボレロが生産終了:口コミの評価や人気色をプチ調査」のテーマで解説していますが、ボレロに関する情報は非常に少ないですね。いろいろ拾い集めた希少な情報となります。参考になさってください。

(参考:価格コムみんカラ

 

(人気色)

※ボレロに関する人気色のアンケートデータ等はないので、ネットで見つけたオーナーさんの車体色をピックアップしました。

  • カラーはパープルが良いと思いますが、洗車が大変です。(2010年型)
  • パ-プルを購入しました。パ-プルは当初きついかなと思っていましたが、シルバ-に色がついた程度です。(2010年型)
  • 肌色のような色。(2010年型)
  • 紫と青の中間のような色。(2010年型)
  • 黒のような茶色のような・・・(2010年型)
  • シルバー(1997年型)
  • ブラック(1997年型)

マーチボレロには微妙な中間色のような色があって、けっこう魅力的ですね。

 

(スタイル)

  • まるで欧州車のようでありマーチには見えません。(2010年型)
  • 独特なスタイルが好き(2010年型)

とにかく素のマーチじゃ嫌だというオーナーさんが多く、先代ボレロからの乗り換えという人も複数いました。

 

(インテリア)

  • ダッシュボードの狭さに腹が立つ。あんなとこに何を入れればいいのか。同じ理由でドアポケットも。少し大きい地図などは絶対ムリ。(1997年型)

こうした意見がある一方で、高級感はないもののそれなりに満足しているオーナーさんの方が多数派です。

(シート)

  • リアシートは前に倒れるのですが、完全にフラットにならない。(2010年型)
  • ちょっと固めな感じ(2010年型)

リアシートは2分割しない仕様で、この点もやや不満があるようです。

 

(走行性能)

  • 車体が軽いので出足が非常に快適です。(2010年型)
  • ホイールベースが短い分取り回しが楽です。(2010年型)

特にパワフルではないものの、車体の軽さもあって、動力性能の評判はいいです。

 

(乗り心地)

  • 車体が軽いせいか、小さな路面の振動はよく拾います。(1997年型)

長距離走行はちょっと厳しいか、という声が複数ありました。

 

(燃費)

  • 20Km/Lはあると思います。(2010年型)
  • チョイ乗りばかりなので、12 km/L程度です。(2010年型)
  • リッタ-16kはいきます。あんまり、エコ運転はしていませんが、よく走ります。(2010年型)
  • メーター表記は14.4kmでした。(1997年型)

最新のノートe-powerの燃費には劣りますが、まずまずという評価が多いです。

 

(アイドリングストップ)

  • i-stopはジャマかなと思っていたのですが、これまでに乗ったことのあるi-stop車とは別格の快適さです。(2010年型)

ボレロのアイドリングストップはおおむね好評ですね。

 

(その他メリット・デメリット)

  • やっぱり見た目でしょう。普通のマーチは腐るほど走ってるけどボレロは今だに見かけない。(1997年型)
  • このクラスでライトに「オート」のポジションがあること。ドアミラーがリモコンキー&エンジン連動で開閉されること。この点はいい。(2010年型)
  • オ-トエアコンのデザインが古臭いですが、効き目はバッチリです。(2010年型)
  • メーターが外観に見合わずショボい(1997年型)
  • 現在、車3台あり、クラウン・マ-チ・ミラとあり、3000ccから550ccまで乗り比べています。マ-チはミラの燃費と同じぐらいです。衝突時の安全性を考慮するとミラよりマ-チですね。(2010年型)

マーチボレロのメーターは1連で、タコメーターがありません。また、最後のコメントにあるように、事故時の安全性を考えると、軽自動車より普通車の方が確かに安心かもしれません。

 

まとめ

「日産マーチボレロが生産終了:口コミの評価や人気色をプチ調査」のテーマで解説してきました。

 

4代続いた日産マーチには、それこそ数えきれないほどの派生車種・特別仕様車が出ています。その中でも、ボレロは代表格と言えるモデルです。

 

マーチボレロは既に2018年に生産終了しています。したがって、現状では中古のボレロを入手するしかない状況です。

 

ですが、前に触れたように、数多く売れたモデルの特別仕様車ということもあって、まだまだ現役で乗れる固体が流通しています。

 

独特の外観に惚れて購入しているオーナーさんが多いモデルゆえに、丁寧に扱われている個体が多いはずで、その点は中古購入者にはうれしい点でしょう。

 

もちろん、外観がきれいでも内部機関が調子悪い車もありますが、一般論として、中古車はほぼ8割がた外観で判断していいジャンルだと思います。

 

見た目がきれいな車は内部もちゃんと整備されている確率が非常に高いです。

 

お気に入りのボレロを見つけてくださいね。

 

ご覧いただきありがとうございました。

【プチ調査】日産マーチ:ひどい・高速怖い・運転しにくい・中古安いのはなぜを解明!

2022.11.06




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。