【プチ調査】スペーシアは後悔する?悪いところはどこ?人気ないですか?

スペーシアは後悔する?悪いところはどこ?人気ないですか?

※トップ画像:Wikipedia

グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

スズキといえば軽!と言われるほど定評のあるスズキ自動車ですが、近年ではホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」が台頭し、軽自動車競争が激化しています。スズキの軽自動車「スペーシア」を候補に入れている方は、

  • 「悪いところはどこ?」
  • 「人気ない車なの?」
  • 「買ったら後悔する?」

と不安に感じている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、購入者のリアルな声を集め「悪いところ」「いいところ」をライバル車と比較し徹底検証します。「人気ない車なのか?買って後悔しない車なのか?」と疑問に思っている方は、ぜひ、最後までご覧ください。

スペーシアについて

スペーシアとは・スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ

画像:スズキ

スペーシアは、スズキ自動車から展開されている「軽スーパーハイトワゴン」です。

※スーパーハイトワゴンとは、「全高1700mm」「後席両側にスライドドアを設置」した軽自動車のこと。

スズキが生産していたパレットの後継車で、2013年登場の初代から現在に至るまで長年愛されている車です。現行のスペーシアは2017年に発売の2代目となります。

ネーミングの由来

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・ネーミング

画像:スズキ

「スペーシア(SPACIA)」は「Space(空間)」から作られた造語。室内空間を快適に過ごせる車で、「使い勝手の良い笑顔あふれる家族の空間にしたい」という願いを込めて名付けられました。

スペーシアの仕様

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・グレード

HYBRID X 2WD(画像:スズキ

スペーシアのグレードは、以下の2種類になります。

HYBRID G…基本的な装備をおさえたグレード

HYBRID X…Gの機能性に加えて利便性をより高めたグレード

それぞれ、「2WD・CVT」と「4WD・CVT」の設定が選べます。

  • スペーシアのサイズ:全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,785mm
  • 室内サイズ:長さ2,155mm×幅1,345mm×高さ1,410mm

乗車定員はどのグレードも4名までとなります。

スペーシアシリーズの種類

スペーシアシリーズには、今回解説するノーマルタイプの「スペーシア」の他に、「スペーシアカスタム」と「スペーシアギア」がラインナップしています。

「スペーシアカスタム」は、ダイナミックでがっちりとしたスポーティーなデザイン。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・スペーシアカスタム

スペーシアカスタム

 

「スペーシアギア」はSUVテイストのアクティブな仕様です。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・

スペーシアギア

 

その中でも「ノーマルタイプ」のスペーシアは、癖のないポップな印象なので、老若男女問わず受け入れやすいスタンダードな種類になります。

スペーシアはスーツケースがモチーフって知っていますか?

3種類の顔を持つスペーシアシリーズは、スーツケースがモチーフとなっています。スーツケースで有名なRIMOWA(リモワ)を彷彿とさせるデザインですよね。

スーツケース・リモワ・スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ

RIMOWA(by Amazon)

「スペーシアは後悔する車?悪いところはどこ?」を検証!

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・悪いところ

画像:スズキ

購入者のリアルな口コミを下記サイトから集め、「スペーシアは買って後悔する車なの?悪いところはどこ?」を検証します。

調査対象サイト
  • 価格コム(参照URL)クチコミ件数4577件
  • みんカラ(参照URL)クチコミ件数94件

悪いところ①ターボ設定がない

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・ターボがない

画像:スズキ

【悪いところの声】

  • 普通に走るには十分だが、非力な部分もあるのでぜひターボの設定も欲しい
  • たまに家族4人で、高速に乗ることもありますが、ターボ車であったパレットと比べるとパワー不足はいなめません
  • NAなので峠道どころか、公道でもパワーが足りません。以前、2Lターボ280馬力の車に乗ってたので、余計に感じてしまいます。
  • 軽自動車のノンターボなのであまり力があるとは思いません
  • 加速がイマイチ、ターボ車を購入すればよかった

加速の弱さ、出だしのもたつきを感じ、ターボ車を選べばよかったと後悔する声も。ノーマルタイプのスペーシアにターボ設定はありません。

スペーシアシリーズの「スペーシアカスタム」や「スペーシアギア」、ライバル車であるダイハツ「タント」、ホンダ「N-BOX」にはターボ設定があるため、「ターボにすればよかった」と後悔する声も見受けられました。

スペーシアには「パワーモード」がある!

スペーシアには「PWR」ボタンが、全てのグレードに標準装備されています。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・パワーモードスイッチ

PWRボタン

「PWR」は、エンジンの出力制御をコントロールするためのパワーモード。

※パワーモード:スペーシアの「パワーモード」では、搭載されているISG(モーター機能付き発電機)により、最長で30秒モーターの力をエンジンへアシストすることが可能です。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・モーター

モーターでアシスト

急な上り坂、高速道路での合流など一時的な加速が必要な場合に便利な機能です。パワーモードにはいい声も見受けられました。

【パワーモードに対するいい声】

  • ノンターボだけどパワーアシスト的ハイブリッドのため加速が良い
  • 実際パワーオンにすれば、エンジン回転はさほど変わらずに登坂能力があがるように感じます
  • パワーボタンはレスポンスに優れ、凄く使い易い。私にとっては必需品装備です

坂道が多いエリアに住んでいる方や、高速に乗る機会が多い方は、後悔しないためにもこのあたりの機能を重点的に押さえておきましょう。

悪いところ②乗り心地

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・乗り心地

画像:スズキ

【悪いところの声】

  • フロントガラスが立っているので信号が見にくい事がある。乗り心地は固め。特に後席はきつく感じる
  • 純正シートだと長距離運転は結構しんどかった
  • 横風や強風が怖い
  • 長距離は少し疲れる

スペーシアは、広い窓と高いシートで運転しやすい車です。しかし、車両重量が軽く全高も高いことから、横風の影響を受けやすくなります

【車両重量比較】

スペーシア 850kg
ホンダ「N-BOX」 890~1,030kg
ダイハツ「タント」 880~970kg

ライバル車と比較すると、軽量化を図ったスペーシアは850kgと極めて軽い仕上がりです。車が軽いと、動作が軽やかになり走行性能を向上させ低燃費も実現します。

軽い、低燃費といった軽スーパーハイトワゴンならではの特徴を理解した上で、乗り心地を判断しましょう。

【乗り心地に対するいいクチコミ】

  • 乗り心地も良く、軽自動車の進化に感心させられました
  • 広い運転席、ソフトな乗り心地、乗り降りが楽
  • 乗り心地もガタピシしない、普通のスーパーハイト系としては高いレベルにある脚だと思います
  • 風の影響が早めに出ますが、穏やかなので自然に対応できます

このように、乗り心地に満足している方の声も見受けられます。乗り心地を比較するなら、同タイプの軽スーパーハイトワゴンと比べてみるのが一番分かりやすいでしょう。

悪いところ③音

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・音

画像:スズキ

【悪いところの声】

  • 雨が降ると天井から響く雨音が大きい
  • 揺れやすいので停車中、駐車中サイドブレーキのギゴギコ音が気になる
  • スピーカーの音が悪かったので取り替えた
  • ハッチ側からカタカタ音がする
  • 強い雨が降ると屋根の音がうるさい&屋根から水がいっぱい流れてくるのでビックリする

 

【いい声】

  • 高速走行時の風切り音も気にならないレベルに抑えられています
  • アイドルストップから発進時セルモーターの音がしないのが良い
  • アイドリングストップからの再始動の音がうざくない
  • 今日の通勤時に国道と高速も少し乗ってみたが、ロードノイズが静かなのには驚いた

スペーシアでは、車内の快適性向上のためエンジンに遮音カバーを取り付け、ボディー各部にサイレンサーを装着するなど、静粛性を向上させています。

また、2017年の全面改良時には、マイルドハイブリッドシステムを全グレードに搭載。モーターの力だけでクリープ走行するため、アイドリングストップ後の発進時の音も抑えられています。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・アイドリングストップ再始動

画像:スズキ

雨音に対する声はあるものの、エンジン音やロードノイズが気になる声はほとんどありません。

悪いところ④積載性

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・積載性2

画像:スズキ

【悪いところの声】

  • ウェイクみたいにもう少しだけ後ろに荷物がつめたらな~
  • 大人2人子供2人乗車だと、荷物が全く入りません。結果的に後部座席の足元などに荷物を置くので狭くなり、広いはずの座席が狭くなる
  • 家族4人で泊りのお出かけは限界かな・・・
  • 比較的大きな割には荷物が詰めません。大きな差はないと思いますが、ホンダのNボックスのほうがたくさん詰める

 

【いい声】

  • 燃費も程よく、荷物も結構載るのがいいです!
  • 荷物が積める実用性の高い車。リヤハッチは大きく開くので雨の日でも濡れないで荷物の出し入れが出来ます
  • 少々大きい荷物も難なく積める。のんびり乗るには丁度良い
  • 荷物がいっぱい乗る車椅子の積み下ろしがラク

積載性については、評価が分かれるところ。ライバル車と室内サイズを比較してみましょう。

スペーシア 室内長2,155mm×室内幅1,345mm×室内高1,410mm
ホンダ「N-BOX」 室内長2,240mm×室内幅1,350mm×室内高1,400mm
ダイハツ「タント」 室内長2,200㎜×室内幅1,350㎜×室内高1,365㎜。

荷室の広さは各車が競い合っている様子が見て取れます。室内長、室内幅は他車に比べて小さいスペーシアですが、室内高は2車に大きく差をつけています

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・リヤハッチ・全高

画像:スズキ

スペーシアは車内の収納が充実している点もポイント。N-BOXやタントにはない助手席のシートアンダーボックスは、ドライビングシューズや、清掃グッズなどの保管場所としても最適です。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・

助手席シートアンダーボックス

また、インパネドリンクホルダーやボックスは便利な引き出し式です。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・ドリンクホルダー

さらに、紙袋が掛けられるショッピングフックなど細部にこだわりを見せています。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・ショッピングフック

試乗の際にはぜひ、車内の収納の使いやすさも確認しておきましょう!

悪いところ⑤燃費

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・燃費

画像:スズキ

【悪いところの声】

  • 思ったほど燃費はイマイチかな
  • 燃費が悪すぎる。毎日20kmほど走っているが16くらいしか出ない
  • 燃費が悪く暖房が効きにくい

 

【いい声】

  • 燃費も20km/L近く走る。運転もしやすく、街中走るのであれば、パワー不足も無い
  • 燃費がいい。街で21~22km/L。郊外で25~26km/L
  • 田舎に住んでいるので燃費は平均リッター23㎞、一番良かった時で25㎞です。この広さでこの燃費は大変助かります。
  • 前車より車重が100kg以上増えていますが、現在まで、前車と同等の燃費で走ります。燃費技術の進歩に驚き

燃費に対するクチコミは、いい声が多い印象です。ライバル車と比較すると以下の通り。

スペーシア 2WD:21.2~22.2km/L・4WD車:20.2km/L
ホンダ「N-BOX」 2WD車:21.2km/L・4WD車:19.8km/L
ダイハツ「タント」 2WD車:20.0~21.0km/L・4WD車:18.8~20.0km/L

※WLTCモードカタログ燃費

スペーシアは他社と比較しても、それほど燃費に差はありません。カタログ燃費は平たんな坂のない道で、エアコン、カーナビ、オーディオなど余計な電力を使わずに測定した結果です。

燃費は、走行の仕方や道路状況、ドライバーの運転方法によっても変化が生じます。燃費が悪いと感じている人は、運転テクニックを磨いてみるのもひとつの解決策となるでしょう。

スペーシアは人気ないの?

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・人気ない

画像:スズキ

悪いところばかり見ていると「人気ない車では?」と不安になりますよね。この章では「スペーシアは人気ない車なの?」という疑問を解消するため、直近の販売実績を解説します。

【2022年4~9月の販売実績】

全軽協のデータによる販売実績は下記の通りです。

スペーシア売上・後悔・悪いところ・人気ない

(画像引用:全軽協

※スペーシアは、スペーシアシリーズ(「スペーシア」「スペーシアカスタム」「スペーシアギア」)の合算値

上半期の販売実績を見ると、ホンダの「N-BOX」が圧倒的な強さを見せています。一見スペーシアは人気ない車種のように見えますが、2022年5月の販売台数を見ると、

  • ホンダ「N-BOX」…8,631台
  • スペーシア8,670台

と、39台上回り1位を獲得している月もあります

また、上半期のブランド別軽自動車新車販売台数では、

1位:スズキ 4万3797台

2位:ダイハツ 4万2305台

3位:ホンダ 2万5810台

4位:日産 1万1852台

5位:三菱 3526台

まさに「軽のスズキ」と言われる結果を残しています。

「スペーシア」も「軽自動車」も、人気ない車ではなく、需要が高まっていることが分かります。

今や軽自動車は、日本の自動車の4割近くに及ぶ普及率の高さです。軽自動車を代表するスズキのスペーシアは、シンプルゆえに長く使い続けられる魅力的な車であることは間違いありません。

まとめ

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・まとめ

画像:スズキ

「スペーシアは後悔する?悪いところはどこ?人気ないですか?」という疑問に対して、ライバル車と比較しながら悪いところを検証しました。悪い声はいくつか散見されますが、いい声も多く存在しています。

軽自動車の販売台数では安定して国内第一位を誇るスズキ自動車。2022年8月には遊べる商用車として「スペーシアベース」が登場し、シリーズ全体で幅広いニーズに応えています。

スペーシア・後悔・人気ない・悪いところ・

スペーシアベース(画像:スズキ

悪いところがあるからといって、人気ない車と決めつけず、こちらで紹介した販売実績やいい声を参考に、後悔のない車選びをしてくださいね!

ご覧いただきありがとうございます。

【プチ調査】スペーシアギアは後悔する?人気ない?うるさい・乗り心地悪いが欠点?

2022.11.09

【プチ調査】新型タントカスタムはダサい?カッコ悪い?内装安っぽい?

2021.10.22

【プチ調査】N-VANはがっかり車で売れないから生産終了?ターボいらないの声も

2022.11.17
グレース泉
私が執筆した記事一覧はこちらのページです。他の記事もお読みいただけるとうれしいです。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。