【詳細版】タイヤの空気圧の読み方|kPa・kgf/㎠・psi・bar

タイヤ・空気圧・読み方




タイヤの空気圧の読み方|kPa・kgf/㎠・psi・bar

わたしたちがマイカーのタイヤ空気圧を点検・調整する場合、適正な空気圧はどこを調べればいいかというと、それは運転席ドアを開いた内側にあります。

ステッカーが貼ってあって、日本車の場合なら、そこに次のように表記してあるはずです。

  • 260kPa(2.6kgf/㎠)

このkPaとかkgf/㎠というのが空気圧の単位です

輸入車の場合は、上記kPa・kgf/㎠以外に、psiやbarなどの単位も使用されることが多いと思います。

これら空気圧の単位の読み方は、以下のようになります。

  • kPaキロパスカル。国際単位であるSI単位に基づいた空気圧表示です。日本では1999年の新計量法の施行から使用。1パスカルは1m² の面積につき1ニュートン(N)の力が作用する圧力を意味しています。
  • kgf/㎠またはkg/㎠キログラムフォース。SI単位が使用される前まで使われていたMKS重量単位による空気圧表示です。1 kgf/cm²は換算すると98.0665kPaになります。
  • psiポンドスクエアインチまたはプサイまたはピーエスアイ。1平方インチあたりに何ポンドの圧力がかかるかを表わします。
  • barバール。以前天気予報で使われていたミリバールのバールです。
created by Rinker
ミシュラン(Michelin)
¥7,020 (2022/12/03 17:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

換算表

自動車の空気圧で使用される単位は、ほとんどが上記4つの単位です。

そこで、この4つの単位の関係を、kPaを200とした場合の換算数値で見ておきたいと思います。

kPa kgf/㎠(kg/㎠) psi bar
200 2.0 29 2.0

上記数字は丸めた数字です。たとえば、kgfとbarは同じ2.0ですが、厳密には全く同じではありません。おおよその数字です。

(※)kPaとkgfは、略すと同じ「キロ」なので、ちょっと紛らわしいですが、年配の人がキロという時はkgfの方で、若い人がキロという時はkPaのことがほとんどです。これはある整備工場のホームページに書いてありました。世代間の違いですね。

エアゲージの単位

タイヤの空気圧を測定する器具のことをエアゲージと言いますが、通販などでは1,000円以下のものもあり、簡単に購入することができます。

また、測定する場合も、タイヤのエアバルブのキャップをとり、そこにエアゲージをあてがえば、すぐに空気圧が測れます。

エアゲージには、主に2種類あって、「空気圧測定+空気を抜く」機能のものと、「空気圧測定+空気注入+空気を抜く」機能のものです。当然、後者の方が値段が高いです。

さて、このエアゲージですが、販売されているもののほとんどがkPaかkgf/㎠(kg/㎠)のいずれかの単位を採用しています。

空気圧の測定は「冷間」の数値で

タイヤの空気圧を測定する場合は、「温間」ではなく「冷間」で測定した数値が正しい数値です。

「温間」とはタイヤが熱を持った状態のことであり、「冷間」とはタイヤが冷えている状態のことです。

たとえば、高速道路を2時間ほど走ってきた直後に、ガソリンスタンドで空気圧を測定した場合、これは「温間」の数値になるので、ここで指定空気圧に調整したとしても、その後タイヤが冷えた状態で測定すれば、必ず指定空気圧より低い数値になっています。

空気は熱で膨張するからです。

ただし、家の近所のガソリンスタンドまで車を走らせ、そこで指定空気圧に調整してもらうのであれば、厳密には「冷間」とは言えないものの、この程度なら問題ないと思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒タイヤの空気圧は標高の高いところでは上昇しますか?

⇒⇒タイヤの空気圧は温度変化で数値が変わりますか?

⇒⇒タイヤの空気圧のチェック頻度|どのくらいの期間がいい?

⇒⇒タイヤの空気圧は窒素ガスを入れると変化しないのですか?

⇒⇒タイヤの空気圧は荷物を積むときは高くすべきですか?

⇒⇒タイヤの空気圧が低いと乗り心地が良くなるって本当?

⇒⇒タイヤの空気圧を高めにすると燃費が良くなるのは本当?

⇒⇒タイヤの空気圧で「温間」「冷間」はどういう意味?

⇒⇒タイヤが内減りするのは空気圧と関係がありますか?

ご覧いただきありがとうございました。

 




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。