仮ナンバーを返却しないとどんな罰則がありますか?

仮ナンバー・1日保険
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

仮ナンバーを返却しないとどんな罰則がありますか?

仮ナンバーを返却期限までに返却しないと、下記のような罰則があります。

道路運送車両法第108条により、6カ月以内の懲役もしくは30万円以下の罰金

仮ナンバーの使用期間は、許可が下りた日を含めた5日間が上限です。

そして、使用期間5日間の最終日の翌日から5日目が返却期限です。※自治体によっては4日目のところもある

つまり、使用期間が終了したら、速やかに返却しなければならず、その猶予期間は5日間ということです。

もしも、返却期限を過ぎても仮ナンバーが返却されない場合は、市区町村の担当者が許可番号を抹消し、直轄の警察署へ告発手続きを行います。もちろん、1日でも期限を過ぎれば即座に告発するということではありませんが、放置していると最終的に告発されるということです。

そして、その告発の結果が、上記罰則となります。

「返却しない」トラブルが最多

実は、仮ナンバーに関する様々なトラブルの中で最も数が多いのが「仮ナンバーを返却しない」ケースです。

ひょっとすると、そもそも仮ナンバーというのは、いったん発行してもらい、用が済んだら、後は廃棄してかまわないもの、という風に解釈している人が多いのかもしれません。

しかし、仮ナンバーは「貸し出し」です。発行してそれで終わりではなく、用が済んだら返却し、返却されたその仮ナンバーは、また次に必要な人に貸し出しされるのです。

たとえば、仮ナンバーを紛失して、結局それが見つからない場合、自治体によって異なりますが、だいたい1,500円~1,700円ほどの弁償金を支払わなければなりません。

このように、仮ナンバーは繰り返し使うものなので、必ず返却してください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒仮ナンバーで警察に捕まるケースとは?

⇒⇒仮ナンバーで必要な自賠責はコンビニで加入すればいい?

⇒⇒車検切れ|仮ナンバーの使用期間は何日?期間延長は可能?

⇒⇒仮ナンバーの返却期限は?返却方法は郵送でもいい?

⇒⇒車検切れの車|仮ナンバーの取り付け方法|封印は?リアは?

⇒⇒軽自動車の仮ナンバー申請には自賠責保険が必要ですか?

⇒⇒仮ナンバーをダッシュボードに置いて走行。これ問題?

⇒⇒仮ナンバーの申請はいくら?印鑑は必要ですか?

⇒⇒仮ナンバーで長距離ドライブしても問題ないですか?

⇒⇒仮ナンバーの申請は代理でもいい?代理人に委任状でOK?

⇒⇒仮ナンバーの申請書類(申請書)は自動車臨時運行許可申請書

⇒⇒仮ナンバーの申請時間|受付時間は平日の昼間だけですか?

⇒⇒仮ナンバーの申請|自賠責は原本・車検証はコピーでOK?

⇒⇒仮ナンバー 罰則|目的外使用など違反した場合の罰則は?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。