仮ナンバーの申請場所は?どこで発行してくれるのですか?

仮ナンバー・1日保険
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

仮ナンバーの申請場所は?どこで発行してくれるのですか?

居住地の市区町村窓口です。

仮ナンバーは、車が車検切れなどした場合に、そのままでは公道を走れないので、一時的な通行許可証として発行されるものです。

したがって、車検を受けるために車検場に移動する目的で、という限定された目的でのみ発行が許可されます。

その際、仮ナンバーをどこで申請するかというと、その場所は市役所、区役所、町役場、村役場です。陸運支局ではありません。通常のナンバープレートは陸運支局で発行されますが、仮ナンバーは管轄が異なります。

土日は休みです

仮ナンバーの申請場所は市区町村の窓口ですが、対応してくれるのは平日のみです。土日はお休みです。祝祭日も同様にお休みです。

費用は750円

市区町村の窓口で仮ナンバーを申請する場合、必要になる料金は750円です。全国一律の料金です。

必要書類

仮ナンバーの料金は750円ですが、これ以外に必要な書類等は、

  1. 自賠責保険証明書(期限切れでない有効なもの)
  2. 車検証(期限切れのもの。期限が切れていなければ仮ナンバーを申請する必要がありませんから)
  3. 免許証(本人確認のため)
  4. 認印

です。

(※)仮ナンバー申請の目的が、ナンバープレート盗難による場合は、警察署に届けた受理番号も必要になります。

仮ナンバーの注意事項

仮ナンバーは、市区町村窓口で申請・許可を受けた車両以外には使用できません。

申請の際には、法律で限定された目的により、「有効期間(運行日)」や「運行経路(申請地を通過するルートであること)」を臨時運行許可証に記載します。※仮ナンバーの申請が受理されると、仮ナンバーと臨時運行許可証が発行されます

臨時運行許可証に記載されている有効期間(5日以内)以外の日や場所を運行することは道路運送車両法違反となります。

臨時運行許可証は、有効期間を表側として、車両前面の見やすいところに表示する必要があります。通常は、ダッシュボードの上に置けばOKです。

仮ナンバーは、自動車の前面及び後面の見やすい位置に紛失しないようにボルト、ワイヤー等で確実に取り付けてください。※ガムテープでしっかり固定するやり方でも、実際は問題ないようです

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒仮ナンバーの返却期限は?返却方法は郵送でもいい?

⇒⇒車検切れの車|仮ナンバーの取り付け方法|封印は?リアは?

⇒⇒軽自動車の仮ナンバー申請には自賠責保険が必要ですか?

⇒⇒仮ナンバーをダッシュボードに置いて走行。これ問題?

⇒⇒仮ナンバーの申請はいくら?印鑑は必要ですか?

⇒⇒仮ナンバーで長距離ドライブしても問題ないですか?

⇒⇒仮ナンバーの申請は代理でもいい?代理人に委任状でOK?

⇒⇒仮ナンバーの申請書類(申請書)は自動車臨時運行許可申請書

⇒⇒仮ナンバーの申請時間|受付時間は平日の昼間だけですか?

⇒⇒仮ナンバーの申請|自賠責は原本・車検証はコピーでOK?

⇒⇒仮ナンバー 罰則|目的外使用など違反した場合の罰則は?

⇒⇒仮ナンバー申請理由|車検切れ・ナンバー盗難等の場合のみ

⇒⇒仮ナンバーの申請手続きは土日も受け付けていますか?

⇒⇒陸運局で仮ナンバーの申請は?マイカーの場合はどこで?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。