カローラツーリング大解析:「すごい・最強ポイント」を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



こちらの記事も読まれています

カローラツーリング大解析:「すごい・最強ポイント」を検証!

トヨタ カローラツーリング(2019年9月~):Wikipedia

カローラツーリングについての深掘り記事へようこそ。本記事では、カローラツーリングの持つ多彩な魅力を、具体的なポイントに分けてご紹介します。

走行性能、燃費の良さ、外観デザイン、乗り心地の快適性、そしてハイブリッドシステムと運転支援技術の進化に至るまで、この車の「すごい・最強ポイント」を詳しく解説していきます。

静粛性に関する評価も含め、カローラツーリングがどのように日常のドライブを豊かにしてくれるのかを見ていきましょう。

「すごい・最強ポイント」を大調査

この記事のテーマは『カローラツーリング大解析:「すごい・最強ポイント」を検証!』です。

カローラツーリングのすごいところ、最強と言われる理由を、あちこちから収集しました。車選びの参考になさってください。


(カローラツーリングのメリット)

  • コンパクトなボディ:日本向けに開発されたコンパクトなボディで、全長は4495mm、全幅は1745mmと扱いやすいサイズ。
  • 小回りの利きが良い:最小回転半径が5.0mと小回りが効き、運転しやすい。
  • 割安な価格:1.8Lノーマルエンジン搭載モデルは、衝突被害軽減ブレーキやクルーズコントロールなどの運転支援機能を含む装備で価格が221万6500円と競合車種よりも割安。※カローラクロスの価格帯は207~304 万円

***************

(カローラツーリングとレヴォーグを比較)

ボディサイズ:

  • レヴォーグ: 全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mm
  • カローラツーリング: 全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm

パワーユニット:

  • レヴォーグ: 1.8リッター水平対向4気筒ターボガソリンエンジンにAWDを組み合わせている。
  • カローラツーリング: 1.8リッター直4ガソリンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデルに2WD、4WDをそれぞれ3グレード、1.8リッターガソリン車が3グレード、1.2リッターのターボガソリンを1グレードの全10グレード用意する。1.2リッターターボガソリンモデルには6MTのみの設定。※マイナーチェンジでラインナップには変化があります。

安全性:

  • レヴォーグ: 予防安全装備「アイサイト」を全グレードに標準装備、一部グレードには「アイサイトX」を標準装備。高度な運転支援システムを含む。
  • カローラツーリング: トヨタセーフティセンスを全車に標準装備。衝突被害軽減ブレーキ、追従走行支援、車線維持支援、自動ハイビームなどが含まれる。

価格:

  • レヴォーグ: 310〜409万円
  • カローラツーリング: 207~304万円

燃費:

  • レヴォーグはガソリン車のみの搭載で、カローラツーリングはハイブリッドモデルも存在する。
  • ガソリンモデルで比較すると、駆動方式も異なることからほぼ互角と言える。

走行性能や先進安全装備を優先する場合には、レヴォーグがおすすめです。

  • レヴォーグは高性能なエンジンとスポーティなサスペンションを備えており、優れた走行性能を提供します。
  • レヴォーグは先進的な安全装備が充実しており、衝突回避技術や運転支援システムが豊富に装備されています。

燃費や価格などを重視する場合には、カローラツーリングがおすすめです。

  • カローラツーリングは燃費が良く、経済的な選択肢となります。
  • 価格帯も比較的リーズナブルで、予算に合わせやすいモデルです。

*****************

(カローラツーリングが人気の理由)

  1. 価格競争力: カローラツーリングはセダンに比べて価格が抑えられており、最上級グレードでもCセグメントの車としては非常に安価である。
  2. コンパクトなワゴン: ワゴンボディは、多くの収納スペースと使い勝手の良さを提供し、家庭向けや法人ユーザーにとって魅力的である。
  3. フロントマスクと内装: カローラツーリングは高品質なフロントマスクとインパネ周辺の作りを持っており、品質感が価格以上の価値を提供している。
  4. 販売実績: カローラツーリングの販売実績は、国内販売の中堅から上位に入り、プリウスなどと競り合うほどの成功を収めており、カローラシリーズ全体を支える存在となっている。カローラツーリングの販売比率はカローラシリーズの中で26%を占めている1

**************

(カローラツーリングの強み)

  1. 販売網の広さ: トヨタの販売店は約4600店舗あり、全ての販売店でカローラツーリングを購入できるため、ユーザーにとって購入しやすい。
  2. 販売網の大規模性: トヨタの販売店は、ホンダや日産の販売店の2倍以上あり、スバルの店舗数の10倍以上ある。
  3. 上質なデザイン: カローラツーリングは価格に比して高品質なフロントマスクやインパネ周辺の作りを持っている。
  4. 買い得感: 機能や装備と価格のバランスが優れており、全体的に買い得感がある。
  5. 多様な選択肢: コンパクトカーやコンパクトミニバンが好みでないユーザーにとって、カローラツーリングは適切で割安な選択肢である。

****************

(レヴォーグSTI sport VSカローラツーリングTRDエアロ)

  • エクステリア比較
    • レヴォーグ:STIバッジ、LEDヘッドランプ、18インチアルミホイール。
    • カローラツーリング:LEDヘッドランプ、TRDエアロ装備、17インチアルミホイール。
  • インテリア比較
    • レヴォーグ:12.3インチデジタルメーター、11.6インチセンターディスプレイ、タブレットのような操作性。
    • カローラツーリング:7インチマルチインフォメーションディスプレイ、8インチディスプレイオーディオ、物理ボタンでの操作性。
  • シート比較
    • レヴォーグ:快適なシート、十分なレッグスペースとヘッドクリアランス。
    • カローラツーリング:膝裏にフィットする座面、サイドスペースが狭い。
  • ラゲッジ比較
    • レヴォーグ:561リッターの容量、サブトランクも広い。
    • カローラツーリング:392リッターの容量、ゴルフバッグ4つ積載可能。
  • 車中泊
    • 両車ともリアシートを倒してフラットなスペースを作ることが可能で、車中泊に適している。

***************

  • 外装デザインがカッコ良く、後期モデルは特に高評価。
  • シートヒーターなどのオプション装備が冬の乗車時に便利。※シートヒーターは前席のみ
  • ドライブが楽しく、燃費が非常に良い。
  • 街乗りや自動車専用道路での走行に適しており、ボディ剛性が向上していることで段差のいなし方も向上。
  • ボディ剛性が高く、高速道路での直進性能が満足度を高めている。
  • ドライビングポジションが良く、操作がしやすい。
  • 荷物をたくさん積める。

 

  • 多くの利用者が走行性能、デザイン、燃費の良さに満足感を示しています。また、ハイブリッドシステムの滑らかな制御やレーダークルーズコントロールの安心感も高く評価されています。信号の認識機能など、運転のサポートとなる技術に対しても肯定的な意見が多いです。

**************

以上のような評価が一定数見られます。これらの意見はカローラツーリングに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「すごい・最強ポイント」を解析

カローラツーリングに関する上記の内容を基に、「すごい・最強ポイント」を抽出します。

走行性能に関する評価

カローラツーリングの走行性能については、ドライブが楽しく、街乗りや自動車専用道路での走行に適しているといった意見がある。また、ボディ剛性が高く、高速道路での直進性能に満足している声も聞かれる。

燃費の良さ

燃費の良さはカローラツーリングの大きな魅力の一つであり、多くの利用者がその経済性に満足していることが伺える。

デザイン

外装デザインは評価が高く、とりわけ後期モデルが高評価を受けており、カッコ良いとの声がある。また、上質なデザインが価格に比して高品質な印象を与えているとも評されている。

快適性と便利性

運転席・助手席シートヒーターなどの装備が冬の乗車時に便利であるといった意見や、荷物をたくさん積める点が評価されている。ドライビングポジションが良く、操作がしやすいとも言われている。

ハイブリッドシステムと運転支援技術

ハイブリッドシステムの滑らかな制御やレーダークルーズコントロールの安心感が高く評価されている。信号の認識機能など、運転のサポートとなる技術に対しても肯定的な意見が多い。

乗り心地

段差のいなし方が向上していることで快適な乗り心地を提供していると評されている。

これらの意見はカローラツーリングに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

まとめ

『カローラツーリング大解析:「すごい・最強ポイント」を検証!』のテーマで解説してきました。

カローラツーリングの魅力を多角的に分析してきましたが、走行性能、燃費、デザイン、快適性、ハイブリッドシステム、運転支援技術、といった各面でその優れた特性を確認できました。

これらのポイントが組み合わさることで、カローラツーリングは多くのドライバーにとって魅力的な選択肢となっています。日々の通勤から週末のドライブまで、様々なシーンでその価値を発揮することでしょう。

ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日
  1. 2023年1月から11月におけるカローラシリーズ全体の1か月平均登録台数は、約1万2900台でした。  各モデルの販売比率は、カローラクロスが44%、カローラツーリングが26%、カローラセダンが9%、カローラフィールダーが8%、カローラスポーツが7%、カローラアクシオが5%、GRカローラが1%です。[]