レンジローバー ヴェラール大解剖レビュー・口コミ・評価:「故障しやすい」を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023年12月12日

レンジローバー ヴェラール大解剖レビュー・口コミ・評価:「故障しやすい」を検証!

ランドローバー・レンジローバーヴェラール(初代・2017年~):Wikipedia

高級SUV市場で話題の中心、レンジローバー ヴェラール。この車はデザイン性と機能性のバランスが取れていることで知られていますが、一方で耐久性に関する懸念も浮上しています。

本記事では、ヴェラールの詳細なレビューを通じて、その実力を徹底解剖。サイズ感からスペック、価格帯まで、幅広い情報を網羅し、様々なユーザーの声を集めて、このSUVの魅力とともに課題点を探ります。

さらには、ヴェラールを検討するにあたり、同じくランドローバーのラインナップから目移りする可能性のある他モデルも考察。ヴェラールの魅力を多角的に検証することで、これからのSUV選びに役立つ情報を提供します。

どんなクルマ?

ランドローバー・レンジローバーヴェラール(Range Rover Velar)は、イギリスの自動車メーカーであるランドローバーが販売しているSUVです。

レンジローバーはランドローバー社のフラッグシップモデルで、トヨタの「センチュリー」、日産の「シーマ」に相当します。ヴェラールはそのサイズと価格において、レンジローバースポーツとレンジローバーイヴォークの中間に位置するモデルです。

レンジローバー ヴェラールとほぼ同じサイズのクルマ

ヴェラールのサイズは、全長4820mm×全幅1930mm×全高1685mmです。この車と同じくらいのサイズで形状も似た車は下記の通りです。

車名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)
ヴェラール482019301685
アウディQ5468018901655
メルセデス-ベンツGLC465018901640
BMW X4476519201620
ジャガーF-PACE473519351625
ボルボXC60469019021658
レクサスRX489018951695

スペック

レンジローバーヴェラール「DYNAMIC SE 250PS(ガソリン車)」のスペックです。

項目仕様
新車価格1073万円
駆動方式4WD
燃料ハイオク
燃料タンク容量83L
排気量1,998cc
トランスミッション8AT
乗車定員5名
ドア数5ドア
シート列数2列
燃費(WLTCモード)9.5km/L
最小回転半径6.2m
最高出力184kW[250PS]/5500rpm
最高トルク365N・m[37.2kgf・m]/1300rpm
過給機ターボチャージャー
全長4,820mm
全幅1,930mm
全高1,685mm
ホイールベース2,875mm
最低地上高250mm
車両重量1,930kg
荷室容量(リアシート立)568L
荷室容量(リアシート倒)1,374L

価格

ランドローバー・レンジローバーヴェラールの価格帯です。

946~1317 万円

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは「レンジローバー ヴェラール大解剖レビュー・口コミ・評価:「故障しやすい」を検証!」です。

検証するには材料が必要です。

まず、レンジローバー ヴェラールに関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • シートが低めで調整幅に限りがある
  • 走行中の刺激が少ない
  • カムシャフトセンサー異常で故障経験あり
  • 冷却水サーモスタット故障経験あり
  • 運転席シートの電動リクライニング故障があった
  • ディーゼルエンジンは音がうるさい場合がある
  • 車両価格が高い
  • タッチパネルの故障が度々発生する

 

  • 多発する不具合(故障には至らないが気になるレベル)
  • 価格設定が高い
  • D数が少なく、D網が不便
  • コストパフォーマンスが悪い
  • リセールバリューが低い
  • 認知度が低いブランド
  • ディーラーの対応が良くない
  • マイナートラブルが頻発
  • 走行フィールが平凡
  • ハイテクシステムが中途半端
  • 取り回しが大きくて不便
  • 電装系が壊れやすいという噂
  • 地域によってディーラー網とアフターサービスが脆弱
  • リセールが極悪

 

  • 電気系が弱い
  • エンジン停止→スタートでの改善が必要な場合がある
  • ショートトラブルが許容できない人には向かない
  • シートが硬い
  • 不安定な電装係
  • ダイヤル式シフトの切り替えが難しい
  • ブレーキホールド機能がない
  • InControlアプリの拡張性が低い
  • iPhoneのアップデートで動作しないことがある
  • ポジションランプが点かない
  • イヴォークのシートのほうが良い
  • 塗装が弱い

 

  • 内装やホイール、ボディカラーなどのオプションを追加すると価格が高くなる
  • スタンダードな内装のパネルは見た目に安っぽい
  • タッチパネルの操作性が悪い
  • エアコンと走行モードの調整が同じパネルにあるのは不便
  • 電源オフ時にタッチパネルの指紋が目立つ
  • 無彩色のボディカラーが似合わない
  • トンネル内で天井からの音の侵入が目立つ
  • ドアのヒンジが貧相で、錆びがある
  • 登録後5か月でヒンジの錆びが見られるのは問題がある

 

  • 2Lの車で総額930万と価格が高い
  • ナビ周りが頑張っているが、まだ改善の余地あり
  • ボンネットの左右の盛り上がりによる死角の大きさ
  • ウィンドウが小さく、ピラーが大きいため視界が限られる
  • 同価格帯で他ブランドの選択肢が豊富
  • ガソリンメーターの読み取りにくさ

上記の否定的・ネガティブなレビューの分析結果

デザインと機能性 レンジローバー ヴェラールの内装や外装に関するデザインは、一部のレビューでは安っぽく感じられる部分もあるといった意見がある。特にスタンダードな内装パネルや、無彩色のボディカラーについては見た目の質感が期待に応えられていないと感じるユーザーがいるようだ。さらに、天井からの音の侵入やドアヒンジの錆び問題も指摘されている。

走行性能 走行フィールに関しては平凡と評されていることがあり、特筆すべきドライビングの魅力を感じられないという声も存在する。また、視界に関する問題も指摘されており、ボンネットの形状やウィンドウ、ピラーのデザインが視界を限定しているといった意見がある。

快適性と便利性 運転席シートの電動リクライニング不具合やシートの硬さ、また車内のタッチパネル操作性の悪さなど、快適性や便利性を損なう要素が挙げられている。エアコンと走行モードの調整が同じパネルに配置されていることも、使い勝手を悪くしていると感じているユーザーがいるようだ。

技術面と耐久性 電装系の脆弱さや、特定の機能に関する不具合(カムシャフトセンサーや冷却水サーモスタットの故障経験、電動リクライニング故障など)が複数のレビューで報告されている。電気系統の不安定さやショートトラブルも問題視されており、耐久性に関する疑問が呈されている。

価格とコストパフォーマンス 車両価格の高さや、オプションを追加した際の価格上昇、リセールバリューの低さが懸念されており、コストパフォーマンスに対する不満が述べられている。同価格帯で他ブランドの選択肢が豊富にあるため、競合と比較して割高に感じるという意見もある。

ブランドとアフターサービス 認知度が低いブランドとしての評価や、ディーラーの対応、アフターサービスの質に不満を持つ声が挙げられている。ディーラーネットワークの不便さや、地域によるサービスの差異も問題点として指摘されている。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はレンジローバー ヴェラールに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、レンジローバー ヴェラールに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • 走行安定性が非常に高い
  • 高速での長距離移動が楽
  • 大きな故障がなかった
  • 定期的なメンテナンスでトラブル少ない
  • レンジローバーデザインを踏襲した適切なサイズ感
  • 内装がオシャレで先進的
  • 見た目が美しく飽きがこない
  • 豊富なオプション
  • ディーゼルエンジンのトルクが充分
  • 燃費が良い

 

  • 他人と被らない個性がある
  • 通勤中も視線を集める高級感あふれるデザイン
  • 所有欲を満たしてくれる
  • 中古車がコストパフォーマンスに優れている可能性がある
  • 高級車としての優越感を味わえる
  • ドイツ御三家にはないレア感
  • レンジの中でも希少性が高い
  • 内外装のオーラと高級感が圧倒的
  • 居住性、積載性が十分
  • 先進的なインフォテインメントシステム
  • エアサスによる極上の乗り心地

 

  • デザインが優れている
  • ドアハンドルの格納機能
  • インテリアのおしゃれさ
  • 独特なエクステリアデザイン
  • シーケンシャルウインカーランプが通常点滅に切り替え可能
  • 液晶メーターパネルとレンジローバー新型のハンドル
  • 国内で使いやすいサイズ
  • 低燃費
  • 乗り心地が良い
  • モダンなインテリア
  • 9速から8速への改善で運転が楽しい
  • 2リットルディーゼルでも力不足を感じない
  • 積載量と走行安定性が高い
  • フォーマルな場にも適する

 

  • 250PSの出力に関わらず軽快に走行する
  • ドライブトレインがスポーティな性格に変貌する
  • スピードメーターが見やすい
  • ランドローバー社特有の作りが良い
  • サイドシルがドアで覆われているため汚れにくい
  • ガラスの遮音性能がしっかりしている
  • パーフォレイテッド・グレインレザー製の電動シートが快適
  • 追従型クルーズコントロールが使いやすい

 

  • イヴォークよりもトランクや後席が広い
  • 足回りが滑らかで快適な乗り心地
  • シフトショックがイヴォークに比べて改善された
  • 2Lでも十分な馬力
  • イヴォークから乗り換えても運転感覚に違和感がない
  • ヴェラールはイヴォークと比較して高級感が増している
  • Rダイナミックのデザインが魅力的
  • 一般的なコインパーキングでも駐車可能なサイズ
  • 室内空間が広く、快適
  • ディーラーでの値引きがあった
  • ブラインドスポットモニターが有効

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

走行性能 レンジローバー ヴェラールは高速での走行安定性が高く、長距離移動も楽に行えると評されています。ディーゼルエンジンの充分なトルクと良好な燃費が、快適かつ経済的なドライビングを支えているとされています。また、8速トランスミッションへの改善により運転の楽しさも向上しているとの声もあります。

メンテナンス 定期的なメンテナンスによりトラブルが少ないというユーザーの声が挙がっています。故障が少ないという声もあり、利用者にとっては大きな魅力の一つです。

デザインと機能性 ヴェラールのデザインは所有欲を満たし、高級感を演出しているといった意見が多数見受けられます。内外装のデザインが洗練されており、見た目の美しさに飽きが来ないという評価があります。格納式ドアハンドルやシーケンシャルウインカーランプなど、細部にわたる機能美も好評です。

快適性と積載性 エアサスペンションによる乗り心地の良さや、居住性と積載性のバランスが評価されています。内装の豪華さと先進的なインフォテインメントシステムも、乗る楽しさを高める要因となっているようです。

希少性とコストパフォーマンス ドイツ御三家とは異なるレア感や希少性を指摘する声があり、高級車としての優越感や個性が感じられるとされています。中古車市場におけるコストパフォーマンスの良さに言及する意見も存在しています。

総合的な評価 国内での使用に適したサイズや、コインパーキングでの駐車可能性、さらにイヴォークからの乗り換えにおける違和感のなさなど、日常使用を考慮した利便性も高評価を得ています。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はレンジローバー ヴェラールに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

総合的・全般的なレビューをご紹介

レビューの最後に、レンジローバー ヴェラールに関する総合的・全般的なレビューをご案内します。「細かな点ではいろいろ言いたいことがあるけれど、結局のところレンジローバー ヴェラールのことをどう思っているのか」、そうしたレビュアーの<思い>が込められたレビューとなります。ぜひ、参考になさってください。


  • 4年半で15万キロを問題なく走行し、乗りやすい車であった
  • 故障はあったものの、メンテナンスをきちんと行えば長期間安定して使用できる
  • スタイルと乗り心地が高評価
  • 総合的には非常に満足度の高い車であり、大切に使いたい

 

  • 独特なブランドを好む人には魅力的
  • 日常の道具としては使用に気が引ける価格帯
  • レア感と希少性で他と差別化可能
  • 内外装の高級感が同価格帯の他車に比べて優れている
  • イヴォークに比べて一段上の上質感
  • 高級感や居住性を重視する人には良い選択肢
  • 総合的には他とは違うSUVを求める人には適していると言える

 

  • デザインは非常に優れている
  • シートの硬さとブレーキホールドの欠如が購入の障壁
  • 電気系統のトラブルについては改善が期待される
  • 操作性や機能面で改良が必要
  • モダンで実用性も兼ね備えたインテリアが魅力

 

  • 価格に見合った快適性と走行性能を持つ
  • 車両の仕様や装備によってはコストパフォーマンスが良い
  • タッチパネルの操作性や一部の質感に改善の余地あり
  • サイドシルのデザインが衣服を汚れにくくする実用的な工夫を凝らしている
  • 一部の質感や細部の仕上がりについては、価格に対して疑問を持つ

 

  • イヴォークからの乗り換えであれば不満点はほとんどない
  • イヴォークよりも高級感があり、快適性が向上
  • より大人の雰囲気に合うデザインと快適性
  • 価格が高いが、レンジローバーが好きなら納得の価値あり
  • InControl Proアプリの便利さ
  • 見た目と機能性のバランスが取れたSUV

「故障しやすい」を重点的に分析

この記事のテーマは「レンジローバー ヴェラール大解剖レビュー・口コミ・評価:「故障しやすい」を検証!」というものです。

テーマの重点項目である「故障しやすい」について、ここまで見てきたレビューを基に、検証したいと思います。

レビューの中で「故障しやすい」に該当する部分をピックアップしました。

故障しやすい項目

シート関連運転席の電動リクライニング故障
電装系カムシャフトセンサー異常、冷却水サーモスタット故障、タッチパネルの故障が多発、不安定な電装係、ポジションランプ不点灯
ボディ塗装が弱い、ドアヒンジの錆び

上記のようなレビューが一部見られます。イヴォークのレビューでも電装系のトラブルはいくつか報告されています。弱点と言えるかもしれません。

ただし、多くの車両に頻発するというよりも、いずれかの車両に集中的に発生するトラブルのようです。そうした車両に当たった場合は、根気強くディーラーで修理してもらうしかありません。

とは言え、これらは比較的マイナートラブルと言っていいもので、もっと深刻な不具合はほぼ報告されていません。

これからヴェラールの購入を考えている人は、保証をしっかりつけさえすれば、あまり心配いらないのではないかと思います。

レビューサイトの平均評価点のご案内

レンジローバー ヴェラールが有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

※2023年11月9日時点

ライバル車とその特徴

車名特徴
アウディQ5
  • 716~808 万円
  • アウディ社のミドルサイズSUVです。Q7よりもひとまわり小型で、全長4.680mm、全幅1.900mm、全高1.665mm、ホイールベースは2,825mmです。5人乗りで、広い車内空間とパワフルなエンジンが魅力です。
ベンツGLC
  • 839万円
  • Cクラスの車格を備えたSUVです。EクラスやSクラスと同じ乗用車系のプラットフォームを採用しており、リア駆動の「MRA」というプラットフォームの最新仕様となっています。
BMW X4
  • 852~990 万円
  • BMWが提唱するスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)の1つです。X3をベースに開発され、X6をひと回り小さくしたSUVとして人気があります。

⇒⇒レビュー記事

ジャガーF-PACE
  • 907~1760 万円
  • ジャガー初のSUVです。独自の低摩擦技術、軽量ボディ構造、先進のエアロダイナミクスなどにより、効率性を追求しています。
ボルボXC60
  • 739~839 万円
  • XC60はボルボの安全技術を多数搭載しており、世界最高レベルの安全性能を誇ります。例えば、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警告・防止システム、歩行者・サイクリスト検知機能、全車速追従機能付ACCなど、最新の安全技術を標準装備しています。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

レクサスRX
  • 524~901 万円
  • クロスオーバーSUVです。高級セダンの乗り心地と上質な室内空間を兼ね備え、レクサスで長く愛され続けている車種です。

⇒⇒レビュー記事

どんな人におすすめ?

レンジローバー ヴェラールがおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由
高級車を求める方ヴェラールは上質な内装と洗練されたデザインを提供し、高級感を重視するユーザーに適しています。
技術愛好家最新のインフォテインメントシステムや先進運転支援システムを搭載しており、テクノロジーを重視する人にフィットします。
オフロード愛好家ランドローバーの伝統を受け継ぐオフロード性能を備えているため、冒険を楽しむ方に最適です。
スタイルを重視する方スタイリッシュな外観は、デザインを重視する人々にとって魅力的です。
ファミリーユースを考えている方広々とした室内空間と実用的な収納スペースがあるため、家族用の車を探している方にもぴったりです。
静粛性を求める方高い遮音性能により静かな車内を提供し、静かな乗り心地を好むユーザーに適合します。
ドイツ車は絶対嫌な人プレミアムカーに乗りたいが、ドイツ御三家は嫌だという人に最適な選択肢。

レンジローバー ヴェラールに興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないランドローバーの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないランドローバーの他の車種をまとめました。

車名特徴
イヴォーク
  • 699~1036 万円
  • 優れたオフロード走行性能と日常での使いやすさが特徴的なSUVです。レンジローバーファミリーで最もコンパクトなサイズながら、高級感も兼ね備える車として人気があります。

⇒⇒レビュー記事

レンジローバースポーツ
  • 1188~2474 万円
  • レンジローバースポーツは、街中での走行性能が高く、悪路での走行性もSUV界でも上位に位置します。強力なパワーユニットと四輪駆動の組み合わせにより、急な坂道や雨でぬかるんだ道でも難なく走行できます。
ディスカバリースポーツ
  • 778~1016 万円
  • ディスカバリースポーツのボディサイズは、全長4,595mm × 全幅1,905mm × 全高1,725mmで、兄貴分のディスカバリーよりも一回りコンパクトです。

⇒⇒レビュー記事

ディフェンダー
  • 836~1749 万円
  • ディフェンダーはランドローバーの中でも、耐久性やオフロード性に優れたモデルです。独自のモノコック構造を採用しており、優れた強度を誇っています。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

まとめ

「レンジローバー ヴェラール大解剖レビュー・口コミ・評価:「故障しやすい」を検証!」のテーマで解説してきました。

数多くのレビューと比較を経て、レンジローバー ヴェラールの真価を探る旅はいかがでしたか?デザイン、パフォーマンス、快適性から価格設定に至るまで、このSUVが提供する豊かな経験は、多くのドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

しかし、「故障しやすい」という声も無視できない事実として受け止め、総合的な視点でバランスのとれた判断が求められます。最終的な選択は、個々のニーズに応じて異なりますが、ヴェラールは確かにその候補の一つとしてふさわしいモデルだと思います。

皆様のカーライフが、より豊かで満足のいくものになりますように。ご覧いただきありがとうございました。

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています