現金・ローン・残クレ・サブスク:あなたに最適な車の支払い方法を見つけましょう!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日

現金・ローン・残クレ・サブスク:あなたに最適な車の支払い方法を見つけましょう!

 

車の購入は大きな買い物であり、どの支払い方法を選ぶべきかは頭を悩ませる問題です。

この記事では、現金一括、クレジットカード払い、ディーラー提供ローン、銀行のカーローン、カーリース、残価設定ローン、サブスクリプションといった様々な支払い方法のメリットとデメリットを解説します。

それぞれの方法がどのような人に向いているのか、また、どのような観点から選ぶべきかについても説明し、最後はあなたに最適な支払方法をご提案しています!

この記事を読むことで、あなたは迷いなく支払い方法を最終決定できますよ

車の購入、どの支払い方法がお得?あなたに最適な方法を見つけましょう!

ここでは、現金一括、クレジットカード払い、ディーラー提供ローン、銀行のカーローン、残価設定ローン、カーリース、サブスクリプションといった様々な支払い方法のメリットデメリットを解説します。

車の支払い方法一覧:選択肢の中から選ぶ

車を買うとき、意外と知られていない支払い方法がいくつかあります。

それらの方法を理解して適切な選択をすることが、無駄な出費を抑え、後々無理のない家計管理をする最初の一歩になります。

支払い方法は大別すると7つある

車の支払い方法には、大別すると、次7種類があります。

  1. 現金一括(⇒⇒詳細
  2. クレジットカード払い(⇒⇒詳細
  3. ディーラー提供ローン(⇒⇒詳細
  4. 銀行のカーローン(⇒⇒詳細
  5. 残価設定ローン
  6. カーリース
  7. サブスクリプション

以下、ひとつづつメリット・デメリットを解説します。

①「現金一括」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • 一括で支払う最大のメリットは、金利の心配が全くないこと。全体的なコストが最も低く抑えられ、ローンの手続きに関連する手間や時間も節約できる。
  • 車の所有者名義が購入者になる。

デメリット

  • 大金を一度に支払うため、購入直後の生活費や突発的な出費に対する備えが乏しくなる
  • 販売店はローンの仲介業者であり、ローン会社に顧客を紹介すると手数料をもらえ、その分を、値引きに当てることができる。しかし、現金一括だと手数料が入らないため、値引き幅が小さくなる可能性が。

現金一括が向いてる人

  • 十分な貯金がある人。ムダな利息を払うのが嫌いな人。借金は嫌いな人。値引き交渉に興味がない人。

⇒⇒現金一括払いの詳細

②「クレジットカード払い(一括・分割)」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • クレジットカード払いは、ポイントが付くため、そのポイントを他の購入に利用できるというメリットがあります。
  • 現金払いに比べ、支払い時期を後ろにズラせる
  • 車の所有者名義が購入者になる。

デメリット

  • 分割の場合は他のローンより金利が高い
  • 一度に大きな金額を支払うと利用枠に影響が出るケースがある。
  • 車販売店がクレジットカード払いに対応していない場合がある:そもそも車のような高価なものをクレジットカードで決済すると、販売店は多額の手数料を払うことになる。そのため、クレジットカード払いを不可とするか、50万程度に上限を設定しているケースが多い。

クレジットカード払いが向いてる人

  • ポイントを貯めることを生きがいにしている人

⇒⇒クレジットカード払い(一括・分割)の詳細

③「ディーラー提供ローン」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • 貯金がなくても高額な車を分割で買える。貯金を崩さずローンを組むことで、手持ちの現金が減らず、いざというときの備えになる
  • 新車ディーラーの場合、現金一括と変わらないような安い金利キャンペーンで借りられることがある。ただし、中古車の場合は金利が高いケースが多い。

デメリット

  • 利息が発生し、トータルの購入費用が多くなる
  • 車の所有者名義がローン会社またはディーラー名になる。

ディーラーが仲介するローンが向いてる人

  • 車購入に関わる全て(車の下取り・ローン組み等)をディーラーに一本化して手間を省きたい人。
  • 「面倒なのは嫌だ」と思う人。

⇒⇒ディーラー提供ローンの詳細

④「銀行のカーローン」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • 貯金がなくても憧れの高額な車を分割で買える。貯金を崩さずローンを組むことで、手持ちの現金が減らず、いざというときの備えになる。
  • ディーラーが仲介するローンに比べ、金利が低く安定していて、借りられるお金の上限額も高い。つまり、高額かつ長期のローンを組んでも支払総額が抑えられ、高級車でも購入しやすくなる
  • 銀行の審査は比較的厳しく、審査期間も長いといわれるが、それは古い情報の受け売り。ゼロ金利政策が続く中、銀行はお金を貸さないと商売が成り立たず、以前より審査のハードルは低く、審査期間も短縮され、はるかに借りやすくなっている。
  • カーローンを販売している銀行の多くは、全ての手続きをネットで完結できる。
  • 車の所有者名義が購入者本人になる。

デメリット

  • 利息が発生し、トータルの購入費用が多くなる

銀行のカーローンが向いてる人

  • 高額な車を長期でローン組みする人。ただし、販売店が超低金利ローンのキャンペーンをしている場合は、これを利用したほうが便利でお得。しかし、通常のケースでは、販売店が仲介するローンよりほとんどのケースで銀行ローンの方が金利が低い。
  • とにかく金利負担に敏感な人

⇒⇒銀行のカーローンの詳細

⑤「残価設定ローン」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • 月々の支払いを抑えられる:同じ車なら通常ローンより月々の返済額を少なくできる。あるいは、月々の返済額が通常ローンと同額の場合、一クラス上の車に乗れる(残価分を支払う必要がないから)。

デメリット

  • 「残クレループ」に陥る可能性が高い:契約期間が終了した時点で残った車両価格を一括で支払うか、新たにローンを組む必要がある。⇒⇒だから、また残価設定プランで新車を購入するしかない。これを人呼んで「残クレループ」と呼ぶ。しかし、これらすべて承知の上で利用する分には、何の問題もない。
  • 車の所有者名義は、信販会社名または販売店名

残価設定ローンが向いてる人

  • 同じ返済額でより高価な車に乗りたい人:(例)通常ローンではヴォクシーだが、残価設定ならアルファードに乗れる。

⑥「リース」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • 手元にまとまった資金がなくても月々定額の支払いで車の利用が可能。税金や車検代も含まれているので月々の支払い金額が固定でき、個人事業主や法人では経費処理が単純化できる

デメリット

  • リース会社によっては月間走行距離に制限があったり、途中解約で高額な違約金が発生したりする。
  • 車の所有者名義はリース会社

リースが向いてる人

  • 個人事業主や法人。
  • 毎月の支出を透明化したい人。
  • 定期的に新車から新車へと手間なく簡便に乗り換えたい人。
  • 車のカスタマイズ等にまったく興味がない人。
  • 洗車傷や小さなかすり傷などに神経を使いたくない人(「どうせ他人の車」)。

⑦「サブスクリプション」のメリットとデメリット:向いてる人

メリット

  • まとまった資金なしで車を利用できる。諸費用込みの分かりやすい料金体系契約期間中でも車を乗り換えられるプランが出てきている

デメリット

  • 走行距離制限がある。
  • 中途解約に解約金がかかる場合がある。
  • 必ずしも乗りたい車に乗れるとは限らない(サブスク対象車種が制限されている)。
  • 車の返却時は原状回復をする必要がある(大きなキズや故障などは修理して返却。修理しない場合はその分を減額される)。
  • 車の所有者名義はサブスクの会社名(トヨタのサブスクなら「株式会社KINTO」)。

サブスクが向いてる人

  • 初期費用を抑えて車を利用したい人。
  • 毎月の負担を一定額にしたい人。
  • 魅力的な新型車にすぐに乗り換えたい人。
  • たとえば、トヨタ車が好きな人がKINTOで契約すれば、新車から新車に乗り換え続けることができる。

結局、車の購入方法は2つに分類できる

ここまで車の支払い方法についてみてきましたが、視点を変えると2つに大別できると思います。

  1. 車を自分の所有物にしたい
  2. 所有にこだわらず使用できればいい

①の車を所有物にしたい人は、現金一括・クレジットカード払い・ディラーが仲介するローン・銀行のカーローンにすべきです。

②の所有にこだわらず使用できればいい人は、残価クレジット・リース・サブスクリプションにすべきです。

最終決定!あなたの支払い方法はコレです!

では、最終的な支払方法を決断しましょう。

車を自分の所有物にしたい人と、所有にこだわらず使用できればいい人の順でいきます。

車を自分の所有物にしたい人

  1. 貯蓄があり、貯蓄から車の支払いに充てても、まだ十分生活資金が残る人は、迷いなく、現金一括またはクレジットカード払いを選択すべきです。⇒⇒現金一括またはクレジットカード払い
  2. まとまった額の貯蓄がなく、分割でないと購入できない場合で、ディーラーが超低金利ローンを展開しているケースでは、迷いなく、ディーラーが仲介するローンを選択すべきです。⇒⇒ディーラー提供ローン
  3. まとまった額の貯蓄がなく、分割でないと購入できない場合で、ディーラーのローン金利が高い場合は、低金利の銀行ローン(ネット完結型)を選択すべきです。⇒⇒銀行のカーローン

所有にこだわらず使用できればいい人

  1. 法人または個人事業主で、税金や車検費用などで支出が変動することなく、月々定額の支出となるよう経理処理を単純化したい場合は、迷いなく、リース契約を選択すべきです。⇒⇒リース
  2. 現金一括払いするだけの資金はなく、分割払いしか方法がないものの、月々の支払額が通常ローンと同額でありながらワンランク上の車に乗りたい、また、もしも車が気に入ったら、契約期間終了時に買取りすることも視野に入れる、という人は、迷いなく、残価設定ローンを選択してください。⇒⇒残価設定ローン(残クレ)
  3. 現金一括払いするだけの資金はなく、分割払いしか方法がないものの、一定期間ごとに新しい車に乗り換えていきたい、また、税金・保険・車検・その他メンテナンスなど車に関わる面倒なことをすべて「お任せ」にしたいという人は、迷いなく、サブスクリプションを選択すべきです。⇒⇒サブスクリプション

まとめ

車の購入方法は大きく分けて2つに分類できます。

一つは自分のものにしたいと考える人向けの方法で、現金やクレジットカード、ディーラーローン、銀行ローンなどがあります。

もう一つは所有にこだわらない人向けの方法で、残価設定ローン、リース、サブスクリプションなどがあります。

どの方法を選ぶべきかは、あなたの<お財布事情>と<車に対する価値観>によります。

この記事を参考に、ご自分に最適な選択をしてください。

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023年12月12日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています