車両全損時諸費用補償特約|東京海上日動|車両保険に自動セット

車両全損時諸費用補償特約|東京海上日動|車両保険に自動セット・メリット・等級・必要性・いる・いらない

東京海上日動の自動車保険を契約する際、車両保険を付けた場合には車両全損時諸費用補償特約が自動セットされます。

つまり、別途保険料を払うオプションではなく車両保険に含まれている特約です。

他社は別途保険料を支払うところもあります。

車両全損時諸費用補償特約は事故で車が全損になった際に、車両保険から支払われる保険金とは別枠で車両保険金額の10%を支払うというものです。

これにより車を買い換えるときに発生する諸費用をまかなうことができます。

このページでは東京海上日動の車両全損時諸費用補償特約について詳しく解説しています。

しばらくお付き合いいただけると幸いです。

東京海上日動:車両全損時諸費用補償特約の付帯率は100%

付帯率は100%・車両全損時諸費用補償特約|東京海上日動|車両保険に自動セット

東京海上日動の車両全損時諸費用補償特約とは車両保険に自動セットされる特約です。

他の会社では別途保険料を支払って付けるオプション扱いのところもあります。

たとえば、同じ東京海上グループのイーデザイン損保(通販型)では、車両保険を付けている契約の内の56%にこの車両全損時諸費用補償特約が追加で付帯されています(2016年のデータ)。

しかし東京海上日動では100%の付帯率です。

なぜなら車両保険に自動セットされているからです。

東京海上日動:車両全損時諸費用補償特約の詳細説明

詳細説明・車両全損時諸費用補償特約|東京海上日動|車両保険に自動セット

東京海上日動の車両全損時諸費用補償特約について詳しく解説いたします。

  • 車両全損時諸費用補償特約は車両保険に自動セットされる特約です。
  • 車両全損時諸費用補償特約が支払われるのは車両の所有者に対してです。
  • 車が全損となり車両保険を使う際に車両全損時諸費用補償特約から保険金が支払われます。※車両保険から支払われる保険金とは別枠で支払われます
  • 「全損」とは次のようなケースのことを言います。
・車が修理不能なほど壊れている場合

・車の修理費用が車両保険金額を超えている場合※車両保険金額50万・修理費用80万といったケース

・車が盗難の被害にあい見つからない場合

  • 車両全損時諸費用補償特約から支払われる保険金は、車両保険の保険金額の10%に相当する額(上限20万円、下限5万円)となりますが、具体的には下記のようになります。
車両保険金額が50万円以下の場合  5万円
車両保険金額が50万円を超えて200万円以下の場合  車両保険金額の10%
車両保険金額が200万円を超える場合  20万円

(※)別途保険料が必要になりますが車両全損時諸費用保険金倍額払※※※特約を追加すると、上記支払額の倍額(10万・20%・40万)が支払われます。

  • 車両全損時諸費用補償特約が支払われない主なケースは以下のとおりです。
・契約者、契約車両の所有者または保険金受取人の無免許運転酒気帯び運転によって生じた損害

・故障損害

・パンク等のタイヤのみに生じた損害※火災・盗難により生じたタイヤの損害は補償の対象

・欠陥、摩滅、腐しょく、さび、その他自然の消耗

・法令により禁止されている改造を行った部分品または付属品に生じた損害

  • 東京海上日動の車両保険には別途保険料を支払うことで車両修理時支払限度額引上げ特約を付けることができますが、この特約により車両保険が支払われた場合も車両全損時諸費用補償特約から保険金が支払われます。※車両修理時支払限度額引上げ特約とは、車両保険金額が50万円未満の場合で、修理費が保険金額以上となり修理を行うときに、50万円を限度に修理費を支払うというものです

東京海上日動:車両全損時諸費用補償特約は「買い替え諸費用」のため

買い替え諸費用のため・車両全損時諸費用補償特約|東京海上日動|車両保険に自動セット

そもそも車両全損時諸費用補償特約が開発された理由は、車両保険から支払われる保険金だけでは同等の車を買えないからです。

車を購入するには、車両本体価格以外に、取得税・自動車税・自賠責保険・納車費用・車庫証明代行費用などの諸費用がかかります。

車両保険から支払われるのは事故で全損になった車の車両本体価格相当額のみです。

年式・グレードなどが同等の車に買い替えたい場合には、車両保険から支払われた額は車両本体代にしかなりません。

そこで、諸費用分も保険から支払うことで、自腹を切ることなく保険金だけで車を買い替えできることになります。

これが車両全損時諸費用補償特約が生まれた理由です。


ご覧いただきありがとうございました。