【3分解説】ドライブレコーダー「フォーマットしてください」の表示は何?

ドライブレコーダー・フォーマットしてください

ドライブレコーダー「フォーマットしてください」の表示は何?

ドライブレコーダーの記録媒体は、ほぼすべての機種がマイクロSDカードを使用しています。

ドライブレコーダーの多くの機種では、このマイクロSDカードの状態を常時チェックしていて、何か異常があったらエラー表示をしたり、定期的にフォーマット(初期化)をするように促したり、こうした記録媒体のメンテナンスをする機能が備わっています。

同じSDカード(マイクロSDカード)を使用するデジカメとかスマホには同様のメンテナンス機能はほとんどついていないと思います。

なぜそうなのかと言うと、ドライブレコーダーは記録媒体を酷使する機械だからです。

たとえば、映像や音声を記録する場合も、昔のテープレコーダーのようにデータを一続きのものとして記録するのではなく、1分とか5分の短いファイルに区切って記録しています。

また、エンジンがかかっている間は常時記録し続ける「常時録画」と、事故で衝撃があった時だけ記録する「イベント録画」というように、記録する場所が区分けされています。

さらにさらに、ドライブレコーダーは「ループ録画方式」になっているので、記録容量がいっぱいになったら、また最初に戻って、すでに記録されているデータの上に新しいデータが上書きされる方式になっています。

したがって、休日などに1日じゅう車を乗り回すようなケースでは、数えきれないファイルにぎっしりと映像と音声が記録され、しかも、それが後から次々に上書きされていくということになるので、記録媒体であるマイクロSDカードはヘトヘトになります。

だから、マイクロSDカードはしばしばエラーを起こします。

また、エラーを起こさなくても、定期的にフォーマット(初期化)をして内部をきれいに整地しておかないと、昨日まで問題なかったのにいきなりデータが記録できなくなったりするわけです。

つまり、です。

ドライブレコーダーを起動したら、マイクロSDカードのエラー表示が出たり、あるいは、定期的なフォーマットを推奨する表示が出たりするのは、実に親切丁寧な機種である証拠です。

こうした表示が出ない機種の場合、当然映像や音声が記録されているつもりでいたところ、いざそのデータが必要になった際に実はエラーで何も記録されていなかった、などというトラブルが発生してしまうのです。

「フォーマットしてください」とか「カードエラー」等の表示は五月蠅いと感じるかもしれませんが、そういう意味で、とてもありがたい機能です。

たとえば、コムテックのZDR026という機種の説明書には下記のような記述があります。

SDカードチェック機能
多くのドライブレコーダーではSDカードが破損していても通常通り起動してしまい、映像を記録できていないことがあります。本製品では起動時にmicroSDHCカードをチェックし、カードが破損していた場合はLED表示で異常をお知らせするため、取り逃しを防止できます。

上記はカードエラーがあった場合の表示機能ですが、これ以外の機種には定期的なフォーマット(初期化)を促す表示をする機能もあります。

ドライブレコーダーは記録媒体をものすごく酷使する機械です。

デジカメやスマホと同じような扱いではダメで、頻繁にカードのメンテナンスをしてください。

理想を言えば、マイクロSDカードを常時複数枚用意しておき、輪番制で使用するといいと思います。

そうすれば、フォーマット(初期化)でデータが消えてしまうことは避けられます。

つまり、カードAを使用していて、1週間から2週間に1度、カードのメンテナンスとしてカードBに入れ替えます。

その際、カードAのデータはパソコンなどに保存します。

次にまた1週間から2週間経過したら、こんどはカードBを抜き取り、カードCを挿入し、以下同様です。

3枚くらいのカードを用意しておけば最高です。

それぞれのカードの寿命も引き伸ばすことができます。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒ドライブレコーダー|カード初期化の方法(フォーマットの仕方):初期化の方法はそんなに難しいものではありません。ドライブレコーダー本体の設定メニューから「初期化」あるいは「フォーマット」を選択し、後は指示に従って「はい」を押せば、すぐにカードが初期化されます。

⇒⇒ドライブレコーダーの録画ファイル構成はどうなっている?現在販売されているドライブレコーダーのほとんどの機種に共通しているのですが、録画ファイルは細切れになっています。具体的には、「1分」「3分」「5分」というように小刻みにファイルを区切って記録しています。最近はもう少し長めの「10分」「15分」「20分」といったファイルのものも出てきています。

⇒⇒ドライブレコーダーの「自動上書き」って何ですか?カード容量一杯まで映像が記録されたら、また最初に戻って、すでに録画されていた古い映像の上に新しい映像が上書きされるのです。特に操作をしなくても自動で上書きされていきます。これが自動上書きです。正式にはループ録画と呼びます。

⇒⇒ドライブレコーダーの「イベント録画」とは?イベント録画とは、普段は何も録画しないで待機しているだけです。しかし、事故で相手の車と接触したり、相手がないけれど自車が急ブレーキをかけたりした際、ドライブレコーダーに内蔵されているGセンサー(加速度センサー)が反応して、その衝撃があった時刻の前後数十秒を記録します。

⇒⇒ドライブレコーダーの録画時間は最長で何時間ですか?ドライブレコーダーの録画時間は使用するSDカード(microSDカード)の容量で決まります。8GBより16GBの方が長く録画できますし、16GBより32GBや64GBの方がより長く録画できます。つまり、最長で何時間録画できるかはカードの容量で決まるということになります。

⇒⇒ドライブレコーダーの「ループ録画の意味」を教えて!たとえば、カードの容量が1時間だとすると、1時間録画してそこで容量不足で行き止まりになったら、もう一度最初から録画・録音を始めます。つまり、それまで録画・録音されていた記録に上書きしていくことになります。これがループ録画方式です。ループ録画をすることにより、1枚のマイクロSDカードを差し込んでおけば、理論上は、永遠に最新の映像と音声が記録され続けることになります。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像をパソコンに取り込む方法ドライブレコーダーを購入した際、付属品一式の中にCDが入っていたはずです。これは専用ビューワソフトです。パソコン上でドライブレコーダーのデータを再生したり保存したりするソフトです。CDがない機種もありますが、その場合は、メーカーのホームページから無料で最新版のビューワソフトがダウンロードできます。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像をスマホ・タブレットに保存する方法まず、Wi-Fi機能を持たないドライブレコーダーの場合ですが、この場合は、ドライブレコーダーからmicroSDカードを抜き取り、これをスマホやタブレットに挿し込むか、挿し込み口がない場合は外付けのカードリーダーに挿し込んで、データを読み込みます。あとはスマホやタブレットにダウンロードしておいた動画閲覧アプリで再生あるいは保存可能です。

⇒⇒ドライブレコーダーのSDカード|録画時間はどのくらい?あなたがセルスターのこの機種を車に装着した場合で、64GBのマイクロSDカードを使用したら、常時録画で最長の575分(9時間35分)の録画ができます。イベント録画で160分(2時間40分)の録画ができます。

⇒⇒ドライブレコーダーのSDカードを抜く場合の注意点は?:・・・このように、ドライブレコーダー本体からSDカードを抜く前に、まず電源を落とす作業を忘れないで下さい。もしも電源が入ったままSDカードを抜くと、必ずということではありませんが、カードに記録されたデータが損傷したり、ドライブレコーダー本体に不具合が発生したりすることがあります。

⇒⇒ドライブレコーダーでSDカードの「エラー」表示が出る場合ドライブレコーダーのトラブルの中で最も頻度が高いのが記録媒体の不具合です。多くの機種ではマイクロSDカードを採用していますが、本体の液晶画面に「カードエラー」とか「SDカードがいっぱいです」などの表示が出て、ドライブレコーダーが使えない状態になります。

⇒⇒ドライブレコーダー|SDカードのフォーマット不要とは?最近のドライブレコーダーには、マイクロSDカードなどの記録媒体に関し、メンテナンスフリーを強調する商品が出ています。記録媒体のメンテナンスフリーとは、要するに、フォーマット不要(初期化不要)という意味です。

⇒⇒ドライブレコーダー|常時録画でSDカードに上書き|復元できる?復元する方法としては、①ネットで「データ復元ソフト 無料」で検索してヒットしたものを使ってみる②ネットで有料のデータ復元ソフトを購入する③ネットで有料のデータ復元業者に依頼する、の主に3つの方法があります。

⇒⇒ドライブレコーダー SDカード 寿命|年数は何年?たとえ高性能なSDカードを使ったとしても、ドライブレコーダーは激しくカードを酷使する装置なので、寿命は1年~2年程度と割り切り、まだカードに不具合が出ていなくても、新品に交換するのが安心だと思います。

⇒⇒ドライブレコーダーの常時録画の仕組みを教えて!常時録画ではエンジンを掛けてからエンジンを停止するまでのあいだ常時カメラの映像を録画し続けます。事故があってもなくても、常時、カメラが映す映像を録画し続ける、これが常時録画です。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!