【3分記事】車 エンジンかからない|ガガガと音がするがかからない

車・エンジンかからない・ガガガ




車 エンジンかからない|ガガガと音がするがかからない

エンジンスタートボタンを押す、あるいは、キーをひねる。するとセルモーターが回転してエンジンに点火。

通常ならこういう流れになるところなのに、セルモーターを回した段階で、

ガガガ、ガガガガ、ガガ、ガガ、ガガガガ、ガガガガガガガ・・・

とちょっとにごった音がするだけで、ちっともエンジンが始動しないことがあります。

こうした症状は、ほぼ100%の確率でバッテリーが原因です。

原因はバッテリーの電圧低下⇒⇒解決策

バッテリーが弱っているために、エンジンに点火させるほどにはセルモーターが回りきっていない、これが原因です。

しかし、逆に言うと、バッテリーさえ正常に戻れば、すぐに解決するトラブルでもあります。

イグニッションキーの接点、セルモーターへの配線や接点、セルモーター自体は正常です。これらにもしも不具合があれば、ガガガとセルモーターが回ったりしません。

解決策は以下の通りです。

  1. 応援車からバッテリー充電する(ジャンピング):近所や周りに応援の車を依頼して、自分の車と応援車を正面同士向い合せます。バッテリー同士をケーブルでつなぎ、応援車のエンジン回転をアイドリングよりやや高めにして5分ほど回します。すると、自分の車のバッテリーが回復して、エンジンが正常にかかります。
  2. JAFか自動車保険のロードサービスを呼ぶ(ジャンピング):①と同じことをやります。これをやってもかからなかったら、予備のバッテリーと交換するか、最寄りの修理工場までレッカー移動し、そこで新品のバッテリーに交換します。バッテリー交換したらバッテリー代は実費かかりますが、現場に駆け付けた料金とレッカー移動料金はかかりません。

プロのサービスを利用しましょう

エンジンがかからず、ガガガ、と音がするだけ。

確かに、これは焦ります。しかし、慌てないでください。皆さんは車に乗っている以上、自動車保険(任意保険)に加入しているはずです。

今の自動車保険には、どの会社の保険でも、必ずロードサービスが付いています。自動付帯です。基本補償として、もれなく必ず付いています。東京海上でもアクサダイレクトでも、JA(農協)でもこくみん共済(旧全労済)でも、すべて自動付帯です。

バッテリー上がり(ガガガと鳴ってエンジンがかからない)、キーのとじ込み、ガス欠、その他原因不明で走行不能など、車のトラブルで困ったら、事故の際に連絡するように、保険会社に電話してロードサービスに出動してもらってください。

利用は、原則、無料です。保険会社によっては150キロ以上のレッカー移動などには追加料金が発生するところもありますが、そうでなければ、無料で利用できます。

友人や近所の人に助けてもらうのもいいですけど、それはそれで、後でお礼をしなければなりません。

でも、自動車保険のロードサービスを呼んだり、あるいは、JAFの会員ならJAFを呼ぶのであれば、もともと料金を支払っているのですから、ビジネスです。割り切って利用できます。後で菓子折りを用意する必要もありません。

使わないともったいないと思います。わたしは特に自動車保険のロードサービスをおすすめします。

下記の記事も参考になさっていただけると幸いです。

⇒⇒車のバッテリー交換をしたのにエンジンがかからない原因は

⇒⇒車のエンジンがかからない|鍵が原因|7つの解決法!

⇒⇒車のエンジンがかからない|キーレス(スマートキー)不良?

⇒⇒車のエンジンがかからない|EPSの警告灯点灯|原因は?

⇒⇒車のエンジンがかからないと言って仕事を休む方法を伝授!

⇒⇒車にしばらく乗らないでいたらエンジンがかからないが・・・

⇒⇒車が浸水してエンジンがかからない|どうすればいい?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。