【超丁寧記事】ラジエーターリザーブタンクから沸騰した冷却水が吹き出す

ラジエーターリザーブタンク・沸騰




ラジエーターリザーブタンクから沸騰した冷却水が吹き出すケース

ラジエーターリザーブタンクから沸騰した冷却水があふれ出ることがあります。エンジンルームからボゴボゴ、ポコポコ、ドクドク、グツグツ・・・といった音がするので、ボンネットを開けてみると、ラジエーターリザーブタンクから冷却水があふれ出ていた、というケースです。

原因は様々考えられますが、最も可能性が高いのは、ラジエーターキャップの劣化です。

ラジエーターキャップの役割

ラジエーター本体にはラジエーターキャップが付いていて、このキャップのすぐ下からホースが飛び出し、そのホースの先にラジエーターリザーブタンクがあります。

ラジエーターキャップはただのフタではなく、調整弁です。

通常、水の温度が100度を超えると、ヤカンのお湯のように気泡が出て暴れだします。これを防止するために、ラジエーターキャップは加圧することで沸点を引き上げ、100度程度では冷却水が沸騰しないように設計されています。

一般的には、116度~120度程度にならないと沸騰しないように加圧されています。

技術的には、ラジエーターキャップの圧を強めれば、沸点を125度とか130度に引き上げることは可能ですが、しかし、そういう設定にすると、冷却水の経路にあるホースやその連結部などの比較的弱い部分に負担が集中し、そうしたパーツが耐え切れなくなって冷却水が漏れ出すリスクが発生します。

そこで、116度~120度といった制限を付けて、これを超えた場合はラジエーターキャップの弁が開いて冷却水をラジエーターリザーブタンクに逃がすのです。

冷却水はラジエーターとリザーブタンクを行き来している

エンジンの高回転状態が続いて冷却水が116度~120度といった高温になると、ラジエーターキャップの弁が開いて冷却水がリザーブタンクに流れ込みますが、エンジン回転が低い状態が続くと、リザーブタンクに流れ込んだ冷却水がまたラジエーター本体に戻ってきます。

こうした冷却水の流れは、正常な流れです。わたしたちドライバーが気づかないだけで、冷却水は常にこうした行き来をしていて、これは正常な動きです。

では、ラジエーターリザーブタンクから沸騰した冷却水があふれるケースとはどんなケースでしょう?

沸騰してあふれるのはなぜ?

ラジエーターキャップが劣化して本来の調整弁の役割を果たせなくなると、本来なら116度~120度まで沸騰させずに持ちこたえているところを、たとえば100度くらいで冷却水が沸騰してしまい、その結果冷却水の中に気泡が生じます。

気泡が生じると、気泡は液体に比べてすぐに熱膨張するので、冷却水を激しく押し出す作用をもたらし、通常ならラジエーターリザーブタンクから外へ飛び出すほどのエネルギーを持たないのですが、一気に噴き出すほどのパワーを持ってしまうのです。

ラジエーターキャップが正常なら、そもそも100度程度では沸騰せず、気泡は発生しません。

したがって、ラジエーターリザーブタンクから沸騰した冷却水があふれ出す原因としては、ラジエーターキャップの劣化・不具合である可能性が高いと思います。

ラジエーターキャップの交換費用

ラジエーターキャップの交換費用は、1,000円~2,000円が相場です。

その他の原因は?

クーラントリザーブタンクから沸騰した冷却水があふれ出す場合で、ラジエーターキャップの不具合以外には以下のような原因が考えられます。

  1. 冷却水(LLC・ロングライフクーラント)の入れ過ぎ:単純に冷却水を入れ過ぎている。
  2. 冷却水を補充または入れ替えた際に「エア抜き」が十分に行われていない:エンジン内に空気が残った状態で冷却水を入れると、残った空気がエンジンの熱で膨張して冷却水を押し出してリザーブタンクから吹き出す。
  3. ガスケットの吹き抜け:エンジンの継ぎ目であるガスケットが劣化して、エンジン内部にとどまっているはずの燃焼ガス(排気ガス)が冷却水の経路に吹き出し、その吹き出す圧が冷却水を逆流させてリザーブタンクをあふれさせる。

プロの診断を

水冷式エンジン車の場合、エンジン冷却関連のトラブルは、放置するとエンジンそのものを破損させるリスクが高く、要注意です。

リザーブタンクから沸騰した冷却水が吹き出すケースを考えてみても、私たち素人が原因を特定するのは困難です。

最終的に、ラジエーターキャップの交換だけで済めばいいのですが、その他の原因であった場合は、早期に対応しないとエンジンを破壊してしまい、数十万円の費用が掛かります。

そうなると、車の買い替えまで視野に入れなければならない事態です。

すみやかにディーラーや整備工場に入庫して、プロの診断を受けてください。

出先でトラブルになったらJAFか自動車保険のロードサービスを

ラジエーターリザーブタンクから沸騰した冷却水があふれ、そのまま走行することに不安を感じたら、躊躇なくJAFを呼んでください。JAFの会員でなければ自動車保険のロードサービスを呼んでください。

そうすれば20分から30分くらいでレッカー車等で現場に駆けつけてくれます。

スタッフさんに状況を説明して、もしもその場で応急処置が可能なら、処置をした後で車を走らせてディーラーや整備工場に入庫すればいいと思います。

車を走らせないほうがいいと判断されたら、レッカー搬送でディーラーや整備工場に入庫し、プロのスタッフに診断・修理をしてもらってください。

なお、JAFの非会員でも現場に駆けつけてもらうことは可能です。その際、現場でJAFに入会することができますが、会員特典である無料のレッカー搬送はそこでは適用されず(13,130円支払う必要アリ)、無料になるのは次回のサービス提供時からになります。

自動車保険(任意自動車保険)にはロードサービスが自動付帯していて、どの保険会社でも必ず付いています。利用は無料です。また、利用しても翌年度の等級には影響を与えません。ノーカウント事故として扱われるのです。そして、翌年度の保険料も上がりません。

躊躇なく、即断即決で、JAFか自動車保険のロードサービスを呼んでください。

ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。