【3分記事】車|ハンドルを離すと左に|手離しで左に寄るのは正常です

ハンドルを離すと左に




車|ハンドルを離すと左に|手離しで左に寄るのは正常です

道路は中央線の部分が一番高くて、そこから路側に向かってなだらかに傾斜しています。いわゆる「かまぼこ型」になっていて、これは雨水がはけるようにするための設計です。

日本は左側通行なので、進行方向の左側に傾斜が付いています。

したがって、もしも車が正常であれば、ハンドルから手を離すと車は左側に寄っていきます。傾斜角にもよりますが、20メートルとか30メートル進めば1メートルから2メートルくらいは左側に流れるはずです。

もしも左に寄らずに右に流れていったら、その車の足回りはどこかに不具合があるということになります。

左に寄るのは正常なのです。

たとえば、大型ショッピングモールなどの大駐車場で、空いている時間帯に、ハンドルから手を離して直進してみてください。

ごく当たり前にまっすぐ進むはずです。ここで左に寄ったり右に寄ったりしたら、その車の足回りはどこか狂っているのです。アライメント調整が必要です。

激しく左に寄る場合

上記のように、ハンドルから手を離せば車は左に流れていき、それは正常な動きなのですが、なかには、手を離したとたんにすぐに左に流れていく車もあるかもしれません。

そういう車はショッピングモールなどの大駐車場でも激しく左に寄っていくでしょう。

これは足回りのどこかに異常がある証拠です。次のような原因が考えられます。

  1. 最近タイヤを縁石に当ててしまった:これは角度が問題です。強く当てなくても、斜めに当てたりすると、それだけでアライメントが狂うことがよくあります。その反面、直進中に大きな段差でガツンときても一切狂わなかったりします。強度ではなく角度が問題です。
  2. タイヤとホイールをインチアップですべて新調し、ついでに車高調をつけた:これはアライメントに大きな影響を与える改造です。
  3. 事故でドライブシャフト(車軸)に衝撃を受けた場合などは、足回りのジオメトリーが狂いますから、当然アライメント調整が必要になります。
  4. 左のタイヤの空気圧が極端に低い。

車が左に曲がりたがる癖を持っていたら、上記のような原因が考えられます。そのままでは危険なので、ディーラーや修理工場などでアライメント調整をしてもらってください。

アライメント調整は、20,000円~30,000円ほどです。

4輪のアライメント調整ではなく、前輪だけの調整で、しかもトー角の調整とか、タイロッドの調整などの部分調整で済む場合は、1本あたり2,500円~3,500円くらいです。

アライメントとは

アライメントとはホイールアライメントのことです。アライメント調整はタイヤホイールのトー角・キャンバー角・キャスター角を調整することです。 車がまっすぐ走ったり、曲がったり、止まったりするための重要な作業です。⇒⇒サイドスリップ調整とアライメント調整の違い|トー角・キャンバー角・キャスター角

そうですね。アライメント調整は大事です。

 

下記の記事も参考になさってください。

    ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。