【事例を列挙】ハンドルのふらつきの原因として考えられるのは?

ハンドル・ふらつき・原因




ハンドルのふらつきの原因として考えられるのは?

車を運転していて「ハンドルがふらつく」というとき、いろんなケースがあると思います。段差や轍でハンドルが取られるようなケース、普通に直進しているときでもなんとなくハンドルが安定していないようなケース、左とか右に勝手に寄っていってしまうケース、などいろいろあると思います。

ここではそうした広い意味の「ふらつき」について解説していきます。

ハンドルのふらつきの原因

ハンドルがふらつく原因としては以下のようなものが考えられます。

  1. ホイールアライメントが狂っている:トー角・キャスター角・キャンバー角といったタイヤの取り付け角度がズレている場合です。タイヤ交換、車高調やダウンサスの取り付けで発生しやすい現象です。
  2. キャッツアイや路側のブロックにタイヤをこすりつけた:タイヤに変な角度で力が加わるとトー角・キャスター角・キャンバー角などが微妙に狂いやすくなります。
  3. 左右のタイヤの空気圧が異なる:空気圧が左右で大きく異なる場合は圧の低いほうにハンドルが取られます。
  4. タイヤの偏摩耗:左右のタイヤが均等に摩耗していればいいのですが、片方がより激しく摩耗しているとハンドルがそちらに取られやすくなります。
  5. ブレーキの不良:よくあるのが「引きずり」で、ブレーキバッドがディスクに張り付いて離れない状態になることです。左右のいずれかがこの状態になるとそちらの方向に車が振られます。
  6. 扁平率が低く幅広のタイヤに交換した:スポーツタイプの車によくあるペタンコで幅広のタイヤに交換すると、タイヤと路面との接地面積が広くなり、路面の状態をダイレクトに拾うようになります。その結果、ちょっとした路面変化がすぐにハンドル操作に影響するようになります。
  7. 事故で車軸をぶつけた:タイヤを受ける車軸部分が変形すると直進性能やコーナリング性能に影響を与えるようになります。当然ハンドルがふらつく現象に結びつきます。

上記の中で、③の空気圧は簡単に対応できます。④はタイヤ交換で、⑤はブレーキ修理で対応できます。⑥はペタンコのタイヤを履く車の宿命であって、故障ではないので、車に慣れるしかないと思います。

⑦の車軸の変形は深刻です。修正が効かなかったら車を交換するしかありません。

①②はアライメント調整で対応できます。

なお、ディーラーや修理工場で4輪すべてのアライメントを調整した場合の費用は、20,000円~30,000円が相場です。ディーラーは高く、カー用品店や整備工場などは安めです。

部分的な調整、たとえばトー角のみ調整するとか、キャスター角やキャンバー角のみを調整するような場合は、1ヵ所に付き2,500円~3,500円ほどの費用になると思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒ハンドル取られるのはトー角の狂いが原因ですか?

⇒⇒ブレーキを踏むとハンドルが取られる|左に右に流れる

⇒⇒車のワンダリングとは?意味は?タイヤのふらつき対策

⇒⇒タイヤ交換した直後から左に流れるようになった|原因は?

⇒⇒車|ハンドルを離すと左に|手離しで左に寄るのは正常です

⇒⇒扁平タイヤ|轍や段差でハンドル取られる|原因は?

⇒⇒タイヤの空気圧は何キロまで?最大限度・限界の数値は?

⇒⇒タイヤの空気圧と気温の関係|夏と冬の違いはある?

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。