【3分説明】JAFでパンク修理可能?|スペアタイヤなしの場合

jaf・パンク・修理・スペアタイヤなし




JAFでパンク修理可能?|スペアタイヤなしの場合

自宅であれ出先であれ車のタイヤがパンクして困ったらJAFを呼べば現場に駆けつけてくれます。

その際、JAFでは次のような対応をします。

  1. パンクしたタイヤが修理可能であればその場で修理
  2. パンクしたタイヤが修理不可能であればスペアタイヤに交換
  3. パンクしたタイヤが修理不可能で、なおかつ、スペアタイヤなしの場合は最寄りの修理工場等へ車を搬送

つまり、パンクの状況次第で対応が変わるということです。もちろん、車のオーナーさんの希望があれば、それに従います。

スペアタイヤなしの車が増えている

最近は、新車時からスペアタイヤを搭載していない車も増えています。タイヤがパンクに強いランフラットタイヤであったり、パンクした時は応急パンク補修キットなどで対応するなど、スペアタイヤなしでもなんとかなるからです。

また、いざパンクした時のサービス体制が整備されていることも、スペアタイヤなしの車が増えている理由です。

パンクしたらJAFを呼べば対応してくれますし、自動車保険のロードサービスでも対応してくれます。

JAFの場合、非会員なら13,310円かかるパンク修理あるいはスペアタイヤ交換などが、会員であれば無料です。

自動車保険のロードサービスも、原則無料です。200キロとか300キロなどのよほどの長距離をレッカー搬送するようなケースを除き、どの保険会社のロードサービスも無料です。また、等級にも影響を与えず、翌年度の保険料も上がりません。

なお、自動車保険のロードサービスでは、パンクの現場でスペアタイヤに交換するかレッカーで修理工場等に搬送するのがサービスの内容です。JAFのように現場でタイヤ修理はしません。

現場でJAF会員になれば無料になる?

さて、上記のように、パンクでJAFを呼び、パンク修理あるいはスペアタイヤ交換あるいはレッカー搬送などをしてもらった場合、JAF会員であれば無料ですが、JAFの非会員であってもその場でJAF会員になれば無料になるのか?

いえ、それはダメです。

パンクした現場でJAF会員になることは可能ですが、会員特典が適用されるのは「次回」のサービスからです。その場では現金かクレジットカードで料金を支払わなければなりません。

なお、JAFに入会するには、入会金2,000円+年会費4,000円のトータル6,000円が必要です。通常は、クレジットカード払いなので後払いということになります。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒JAFではタイヤに釘が刺さったら修理ですか交換ですか?

⇒⇒JAFでパンクの修理|その後にやるべきことは?

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

⇒⇒東京海上日動のロードサービス(ロードアシスト)とJAFの違い

⇒⇒タイヤのパンクに気づかない3つの要因を解説!!

⇒⇒タイヤがパンクしたらディーラーで修理?どこがベスト?

⇒⇒タイヤのパンク|イタズラ対策|被害防止の4つの方法

⇒⇒タイヤのひび割れ・亀裂|原因・防止・補修・交換|車検基準|高速でバーストが怖い

⇒⇒タイヤのバーストとは|原因と前兆|修理か交換か|低空気圧で事故|JAF・ロードサービス

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。