パンクの外面修理で寿命はどのくらい?すぐダメになる?

タイヤ・パンク・外面修理・寿命
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

パンクの外面修理で寿命はどのくらい?すぐダメになる?

車やバイクのタイヤがパンクした場合、タイヤの側面(サイドウォール)に穴が開いた場合は修理不能ですが、接地面に穴が開いた場合は修理可能です。

もちろん、穴の程度にもよりますが、よほど大きな穴や亀裂でない限りパンク修理で対応できます。

パンクでJAFを呼んだ際も、スペアタイヤに交換するケースもあれば、その場でパンク修理してしまうケースもあります。※JAF会員なら無料です。

そのパンク修理ですが、修理方法には主に3つの方法があります。

  1. 外面修理:タイヤの接地面に釘などが真っ直ぐに刺さった場合の修理法で、パンク修理材のプラグというものを外側からタイヤに埋め込みます。修理費用の相場は2,000円~4,000円程度。作業時間は20分~30分程度になります。
  2. 内面修理:タイヤの接地面に釘などが斜めに刺さっていた場合やパンクの穴が大きめな場合の修理法です。タイヤの内側からパッチを当てて穴を塞ぎます。修理費用の相場は3,000円~7,000円程度で、作業時間は40分~60分程度になります。
  3. 焼き付け修理:内面修理でも対応できない大きな穴などに対応する修理法です。補修用のゴム剤を熱でタイヤに圧着します。修理後の持ちもよく確実性の高い修理法ですが、これができる工場の数は限られています。修理費用はけっこう高くなるので、金額によっては新品に交換したほうがいいケースも出てきます。作業時間は60分から90分程度です。

③の焼き付け修理はかなり本格的なパンク修理法で、値段も高く、当然修理後の寿命も通常のタイヤの寿命まで持ちます。

①の外面修理や②の内面修理でも腕のいいところで修理すればタイヤの寿命まで普通に持ちます。ただ、穴の大きさとか形状によりパンク修理後しばらくしてから膨らんできたり変形したりすることもあります。

このページテーマは、パンクの外面修理をした場合の寿命はどのくらいか、ということですが、その答えは、運が良ければタイヤの寿命まで普通に乗れるけれど、修理の腕が悪かったり穴の形状が悪い場合はあまり長く乗れないこともある、ということになります。

タイヤの側面に穴が開いたら修理不可

タイヤのトレッド面(路面と接する面)の厚みは20mmくらいです。ここに釘が刺さったりしてパンクした場合は修理可能なケースが多いです。

しかし、タイヤのサイドウォール(側面)はかなり薄いので、ここに穴が開いた場合はパンク修理できません。修理してもすぐまた穴が開いてしまうからです。

日本全国で常時発生しているタイヤのイタズラですが、犯人はこのことをよく知っていて、先のとがったアイスピックなどを使ってタイヤの側面を数回刺して素早く現場から逃走します。

実際、道路を走行していてタイヤの側面に穴が開くことはまずめったに起こらないことです。タイヤ側面に穴が開いた場合はほとんどのケースがイタズラ犯による犯行だと判断していいと思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒タイヤがパンクで交換|1本だけ交換はアリ?4WDは?

⇒⇒タイヤのパンク保証は必要?いらない?|メリット・デメリット

⇒⇒タイヤに釘|そのまま放置するとどうなる?

⇒⇒タイヤがパンク|釘が斜めに刺さった|修理は?料金は?

⇒⇒タイヤのパンク|イタズラ対策|被害防止の4つの方法

⇒⇒タイヤに釘が刺さり空気漏れしたら修理?交換?

⇒⇒タイヤに釘が刺さってもパンクしないことってあるの?

⇒⇒タイヤのパンクで釘が原因なら修理できますか?

⇒⇒タイヤのパンクで保険のロードサービスを呼ぶ|等級は?

⇒⇒東京海上日動のロードサービス(ロードアシスト)とJAFの違い

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。