トー調整を目視でできるでしょうか?

トー調整・目視

トー調整を目視でできるでしょうか?

「目視」の意味にもよりますが、まったくの肉眼のみでトー角の調整をすることはまず無理だと思います。

ただし、通販などで数千円で販売されている市販のサイドスリップテスターを使ってトー調整するのであれば、ある程度の正確さは担保できると思います。

トー調整とは

タイヤとボディーとの取り付け角度には3種類あります。

  1. トー角
  2. キャンバー角
  3. キャスター角

の3つです。

このうちトー角と言うのは、車を真上から見下ろした場合に、進行方向に向かって左右のタイヤが平行になっているのか、内股になっているのか、ガニ股になっているのか、その角度のことです。

一般的な乗用車はちょっとだけ内股になっています。つまり「八」の字のような位置関係です。これをトーインと呼びます。

もしもコーナリング性能を重視するならトーアウト、つまりガニ股にするのが有効ですが、これだと直進安定性が悪くなるので、一般的な乗用車には向きません。乗用車は安全性最優先なのでトーインの方が適しています。

トー調整とは、このトー角を使用目的に合った角度に調整することを言います。その際、左右のタイヤの角度が対称性を保っていなければなりません。左が0.05度内向き、右が0.04度内向きではダメです。同じ角度でなければまっすぐ進みません。

車検の検査項目にサイドスリップ検査がありますが、これは横滑り量を測定する検査です。1m走行する間の横滑り量が±5mm以内であることが適合条件です。1kmに換算すると±5mとなります。

つまり、1km直進した場合に左または右に車が流れる量が5m以内であれば合格ということです。

このサイドスリップ検査で不合格になったら、左右のトー角を調整します。

いずれにしても、トー角を目視のみで調整するのは神業であり、絶対誰にもできないとは断言できませんが、まず無理です。

下記の記事も参考になさってください。

    ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。