【海外の評価】ポルシェ・ボクスター(Porsche Boxster):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023.12.13

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023.12.15

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023.12.16

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023.12.18

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023.12.22

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023.12.12

【海外の評価】ポルシェ・ボクスター(Porsche Boxster):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

Porsche 718 Boxster S:Wikipedia

この記事では、ポルシェ・ボクスターの海外メディアレビューについて詳しく解説します。

また、ボクスターのライバル車、この車がおすすめの人物像などについても触れています。

参考になさってください。

ポルシェ・ボクスター(Porsche Boxster)はどんな車?

ポルシェ・ボクスターは、ドイツの自動車メーカーであるポルシェが製造・販売しているミッドシップオープンスポーツカーです。

1996年に初代が発売され、現在は4代目が販売されています。

ボクスターの名前は、水平対向エンジンを搭載したスポーツカーという意味で、ポルシェの伝統的なスポーツカーである911の弟分として位置付けられています。

特徴

ボクスターの特徴は、以下のとおりです。

  • ミッドシップエンジンを搭載し、優れたハンドリングと走行性能を実現。
  • ソフトトップを採用し、オープンエアでドライブを楽しむことができる。
  • ラグジュアリーなインテリアと充実した装備を備える。
  • ポルシェの伝統的なデザインを継承する美しいボディライン。

ボクスターは、初代から現在に至るまで、世界中の多くのファンに愛され続けているスポーツカーです。

初代~4代目(現行)

以下に、ボクスター各世代の特徴を簡単にご紹介します。

  • 初代(986型):1996年~2004年
  • 2代目(987型):2004年~2012年
  • 3代目(981型):2012年~2016年
  • 4代目(982型718):2016年~現在※2023年7月時点

初代ボクスターは、ポルシェのエントリーモデルとして登場しました。2.5Lの水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力は204馬力でした。

2代目ボクスターは、初代ボクスターのデザインを継承しつつ、より洗練されたスタイルに進化しました。2.7Lと3.2Lの水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力は245馬力と276馬力になりました。

3代目ボクスターは、2代目ボクスターのデザインをさらに進化させ、よりダイナミックなスタイルに仕上げました。2.7Lと3.4Lの水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力は265馬力と315馬力になりました。

4代目ボクスターは、3代目ボクスターのデザインを継承しつつ、よりスポーティなスタイルに仕上げました。2.0Lと2.5Lの水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は300馬力と350馬力になりました。※後に6気筒のGTS4.0が追加された。

※初代~3代目までは6気筒ですが、4代目(現行)から4気筒になっています。ただし、いずれのエンジンも水平対向エンジンです。

幌つきならではの洗車術

レスポンス誌にボクスターの洗車に関する記事がありました。

ボクスターのオーナーさんは次の点に気を付けているようです。

・高圧洗浄機は使用しない
・スチーム掃除機は使用しない
・自動洗車機は念の為使用しない

確かに、こうした配慮は必要だと思います。

carwowのレビューから。英語の動画です。
ポイント詳細
ハンドルの感触ハンドルはスポーティな感じを与える。パドルシフターは堅固なアルミニウムで、高級感がある。
乗り心地乗り心地は都市部での運転では少し固いが、高速道路での運転では安定感があり、スムーズに感じる。
走行感覚車は非常にフラットにコーナリングし、グリップ感が強い。重心が中央にあるため、車は活発に感じられ、コーナーに素早く入ることができる。
エンジンのレスポンスエンジンとギアボックスは完璧な調和を保ち、レスポンスが良い。ただし、エンジン音はあまり良くない。
オーディオ音質標準の8スピーカーサウンドシステムはあまり良くない。音楽を楽しむなら、900ポンドのオプションであるBoseサウンドシステムを選ぶと良い。
インフォテイメントシステムインフォテイメントシステムは古いが、画面は明るく読みやすい。ただし、運転中に操作するのは少し難しい。
ストレージストレージは限られているが、フロントとリアの両方にトランクスペースがあるため、小さなスーツケースやソフトバッグを数個収納することができる。
ドライビングポジションドライビングポジションは素晴らしい。視界は良好で、シートとステアリングホイールの調整範囲が広い。

https://www.automobile-magazine.fr/modele/porsche/boxsterのレビューから。フランス語のサイトです。追加投入されたGTS4.0(水平対向6気筒エンジン)のレビューです。

項目内容
メロディアスなエンジンフラットシックスエンジンはメロディアスで、パフォーマンスも優れています。
シャーシシャーシは非常に優れています。
ギアボックスギアボックスの操作感は正確です。
内装内装は丁寧に仕上げられています。
デザインボクスターは丸みを帯びたフェンダー、流れるようなシルエット、多数のエアインテーク、ソフトトップなど、911の妹モデルとしての魅力を保持しています。
ダッシュボードダッシュボードはケイマンと同じで、中央には7インチのタッチスクリーンが配置されています。
ドライバー向けディスプレイドライバー向けには、中央のタコメーター、左側のスピードメーター、右側の4.6インチのディスプレイが配置されています。
GTS 4.0のエンジンGTS 4.0からは、400馬力の自然吸気シックスシリンダーエンジンが提供されます。

PETER FRITZのレビューから。英語の動画です。911との比較レビューです。

ポイント詳細
乗り心地プレミアムなミッドエンジンスポーツカーとしての走行感覚を提供。
ハンドルの感触ミッドエンジンレイアウトと重量配分の違いにより、911よりも信頼感がある。
走行感覚911と同じ道路を走行した結果、Boxsterの方が優れていると感じた。特に雨天時の走行では、Boxsterがより信頼感を与えた。
デザイン911の後部は非常に魅力的だが、Boxsterも非常に美しい。特に側面の彫刻的なエアインテークは強い印象を与える。
オーディオとHVACコントロール物理的なボタンがあり、ステアリングホイールにはボタンやタッチインターフェースが溢れていない。
ドライビングエクスペリエンス穏やかに運転することも、スポーツエキゾーストを使用して興奮を加えることも可能。スポーツプラスボタンを押すと、すべてが最大になる。
感想911の90%のスリルを提供し、911の価格の30%以下で手に入ると感じている。

このレビューは、ポルシェ・ボクスターが高価な911と比較しても優れた選択肢であるという視点から言及されています。

特に、価格、乗り心地、ハンドルの感触、デザインなどの観点から評価されています。

※日本での両車の価格:ボクスター(879万~1312万)、911(1620万~2165万)※2023年7月時点

ポルシェ・ボクスター(Porsche Boxster)のライバル車とその特徴

車種特徴
BMW Z4プレミアム感あふれる内装と高品質な組み立てが特徴。ドライビング・ダイナミクスはレスポンシブで、運転の楽しさに特化した設計が随所に見られる。

⇒⇒レビュー記事

Audi TTシャープなデザインと洗練された内装が魅力。最新のインフォテイメントシステムを搭載し、テクノロジー面でも一歩先行している。TTロードスターは2020年12月販売終了。

⇒⇒レビュー記事

Mercedes-Benz SLKエレガントなスタイルと高級感漂う内装が印象的。パワフルなエンジンと優れた操縦性は、ドライビングの楽しさを確実に提供する。
Jaguar F-Type力強いエンジンと独自のスタイリングで知られる。スポーツカーとしての性能とラグジュアリー感を兼ね備え、豊かなドライビング体験を提供。
Alfa Romeo 4C世界中の自動車愛好家を魅了するイタリアンデザイン。軽量化に焦点を当てた設計により、積極的な運転体験を可能にする。2020年8月販売終了。

ポルシェ・ボクスター(Porsche Boxster)はどんな人におすすめ?

おすすめしたい人
パフォーマンス高性能なエンジンと精緻なハンドリング特性を備え、スポーツカードライビングの楽しみを追求する人にとって理想的な選択となる。
デザインポルシェの伝統的な美学を継承し、現代的なエレガンスを併せ持つデザインは、洗練されたスタイルを好む人にぴったりである。
コンフォートドライバーオリエンテッドなインテリアと快適な乗り心地は、長時間のドライブを頻繁に行う人や、快適さを重視する人に適している。
ブランド価値ポルシェというブランドの名声と伝統は、ステータスシンボルとしての車を求める人にマッチする。
プレミアム感高品質な素材とクラフトマンシップを体現するポルシェ・ボクスターは、上質な生活を享受する人に最適である。

ポルシェ・ボクスター(Porsche Boxster)に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないポルシェの他の車種があるとしたら、それは何?

この際、「予算」は度外視します。そして、いったんお金の問題を棚上げすると、もう収拾がつかなくなります笑。目移りする車ばかりです。でも、実際こうなるに違いないのだから、それは仕方ない話でしょう。

車種特徴
Porsche 911ポルシェのアイコンであり、ダイナミックなドライビング体験を提供。レイアウトとエンジンのバランスが優れており、一世を風靡した名車。トラックでも日常の道路でも十分に楽しむことが可能。

⇒⇒レビュー記事

Porsche Caymanオープンカーであるボクスターから派生したクーペスタイルの2シーター(普通は逆でしょ?)。当然ミッドエンジンで、スポーツカーらしい流線形のデザインが視覚的にも満足感を与える。パワフルなエンジンと精密なハンドリングが組み合わさっている。
Porsche MacanポルシェのSUVラインナップの一部。都市生活とアウトドア活動の両方をカバー。内外装共に高品質で、スポーティなパフォーマンスと快適な乗り心地を兼ね備えている。

⇒⇒レビュー記事

Porsche Panameraラグジュアリーセダンで、スポーツカーとセダンの快適さを両立。大人数での移動や長距離ドライブに適しているが、ポルシェの名を汚すことなく、スポーティな走行感は失われていない。
Porsche Taycanポルシェ初のフル電気自動車。急速充電と長距離走行が可能。ポルシェの伝統的なスポーツカーの性能を保ちつつ、電動車ならではの静粛性と快適さを提供。

まとめ

記事を通じて、ポルシェ・ボクスターの海外メディアレビューについて深く掘り下げてきました。

エンジン性能、デザイン、走行性能、価格といった各面から見て、ポルシェ・ボクスターがなぜ世界中の自動車愛好家から高い評価を受けているのか、その理由が明らかになったと思います。

ポルシェ・ボクスターは、スポーツカーとしての高い性能と洗練されたデザインを兼ね備えた、まさに理想的な自動車と言えるでしょう。

仕事が終わって軽トラで家に帰ったら、ガレージでボクスターがじっと待っている。こんな生活が漫画みたいで楽しそう。

これからもポルシェ・ボクスターの動向に注目していきましょう。

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023.12.23

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023.12.23

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023.12.22

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023.12.20

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023.12.19

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023.12.18
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています