東京海上日動/自転車保険/eサイクル保険/車両保険?無制限?

東京海上日動・自転車保険・車両保険・無制限・eサイクル保・ネットでeジョー

東京海上日動のネット専用自転車保険「eサイクル保険」は、自転車運転中に通行人にケガをさせた場合や自分自身がケガをした場合に保険金が受け取れます。

しかし自転車自体の損害や盗難は対象外です。

つまり自動車保険の「車両保険」に相当する補償はありません

また相手に対する補償額は1億円が上限で、無制限の補償はありません

このページでは東京海上日動の自転車保険「eサイクル保険」に車両保険はないこと、そして無制限の補償はないこと、これらを中心に詳しく解説しています。

しばらくお付き合いいただけると幸いです。

東京海上日動の自転車保険に「無制限」と「車両保険」はない

東京海上日動・・自転車保険・無制限・車両保険・東京海上日動自転車保険eサイクル保険車両保険?無制限?

東京海上日動には「ネットで入れる保険」をキャッチフレーズにしたネット専用自転車保険「eサイクル保険」があります。

この保険の基本的な補償内容は2つあります。

まず1つ目は、自転車に乗っていて人にケガをさせたり人の財物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が受け取れます。

2つ目は、自転車に乗っている自分自身がケガをした場合に保険金が受け取れます。

このように、相手に対する補償と自分自身の補償の2本立てです。

その際、相手に対する補償は「1億円」が上限です。

無制限の補償はありません

ですが、これまでの自転車事故の判例では、高いものでも数千万円の賠償額です。

今後のことはわかりませんが、まずは1億円の補償があれば安心ではないでしょうか。

また、eサイクル保険には自動車保険の車両保険に相当する補償はありません

つまり自転車自体が壊れたり盗難されたりした場合の補償はありません。

東京海上日動では自動車保険の特約として自転車に関する補償を付けることもできます。

この場合は、自転車事故でケガをした相手に対する補償は無制限です。

東京海上日動|自動車保険の特約で自転車の事故に対応可?

2019.03.04

ところで、名称から判断すると、東京海上日動のeサイクル保険は自転車専用保険であるかのように思えますが、実はそうではありません。

eサイクル保険は「個人賠償責任保険」と「傷害保険」を合体させたお手軽保険です。

約款や利用規則などを自転車専用に設計してないので、eサイクル保険の内容説明を見ると保険ユーザーとしては戸惑うことばかりです。

何を戸惑うかというと、自転車事故と関係ない補償が次から次へと出てくるからです

みなさんも東京海上日動のホームページからeサイクル保険の申込画面に入った際、保険の内容説明のところで頭が混乱するのではないでしょうか。

詳しい内容は次の項目でご案内しますが、いずれにしても、みなさんが戸惑うことになるに違いないその原因は、自転車専用に設計した保険ではないことにあります。

あらかじめこの点を頭に入れておくと混乱も小さくなるのではと願いあえて指摘させていただきました。

東京海上日動の名誉のために付記すると、他社の自転車保険もみな同じやり方です。実際の中身は個人賠償責任保険と傷害保険を合体させたものか、あるいは個人賠償責任保険のみであるにもかかわらず、「自転車保険」と名乗っているのです。きっちりと論理的に考えるタイプの人ほど頭が混乱することになると思います。

東京海上日動:eサイクル保険とは【詳細版】

自転車保険の詳細・東京海上日動自転車保険eサイクル保険車両保険?無制限?

詳細な規定をご案内する前に、まず3つの補償プラン「充実プラン」「スタンダードプラン」「個人賠償責任なしプラン」をご覧ください。

各プランの下に「本人型」「夫婦型」「家族型」のそれぞれの保険料を記載します。

東京海上日動:eサイクル保険:「充実プラン」
死亡・後遺障害  500万円
入院日額  5,000円
手術保険金  入院中:50,000円

入院中以外:25,000円

相手への補償  1億円

(国内・国外共)

本人型保険料  一時払い:5,600円

月払い:480円

夫婦型保険料 一時払い:8,030円

月払い:690円

家族型保険料 一時払い:12,030円

月払い:1,040円

東京海上日動:eサイクル保険:「スタンダードプラン」
死亡・後遺障害  300万円
入院日額  3,000円
手術保険金  入院中:30,000円

入院中以外:15,000円

相手への補償  1億円

(国内・国外共)

本人型保険料  一時払い:4,060

月払い:350

夫婦型保険料 一時払い:5,520円

月払い:480円

家族型保険料 一時払い:7,920円

月払い:690円

東京海上日動:eサイクル保険:「個人賠償責任なしプラン」<※1>
死亡・後遺障害  300万円
入院日額  3,000円
手術保険金  入院中:30,000円

入院中以外:15,000円

相手への補償  ———-
本人型保険料  一時払い:2,290円

月払い:200円

夫婦型保険料 一時払い:3,750円

月払い:330円

家族型保険料 一時払い:6,150円

月払い:540円

<※1>「個人賠償責任なしプラン」とは、ご家族の誰かがすでに個人賠償責任保険に加入している場合、相手に対する補償はそちらの保険でカバーできるので、補償の重複を避けなおかつ保険料を節約するためのプランです。※個人賠償責任保険は家族の誰かが1本加入していれば家族全員が補償を受けられます

では、以下に東京海上日動eサイクル保険の詳細な内容を解説させていただきます。

東京海上日動:eサイクル保険の詳細解説
  • eサイクル保険はネット専用自転車保険です。
  • eサイクル保険は名称に「サイクル」とあり、自転車専用保険であるかのように見えますが、実際は傷害保険と個人賠償責任保険を合体させた保険です。
  • eサイクル保険の補償の対象となる人は、傷害保険部分に関しては、「個人型」は記名被保険者本人、「夫婦型」は記名被保険者とその配偶者、「家族型」は記名被保険者とその配偶者とこの両者の同居の親族とこの両者の別居の未婚の子です。※「未婚」とは婚姻歴がないという意味です
  • eサイクル保険の補償の対象となる人は、個人賠償責任保険部分に関しては、記名被保険者とその配偶者とこの両者の同居の親族とこの両者の別居の未婚の子です。※「未婚」とは婚姻歴がないという意味です
  • eサイクル保険は、名称とは異なり実態的には自転車に関連した事故以外にも幅広い補償範囲を持っています。
  • 自転車関連以外に補償される事例は下記のとおりです。
<相手に対する補償>

・飼い犬が近所の人に噛み付いてケガをさせた

・マンションのベランダから鉢を落として通行人にケガをさせた

・買い物中に商品を落として壊した

・洗濯機のホースが外れて階下の部屋に損害を与えた(集合住宅で)

・キャッチボールで遊んでいた子供が近所の家の窓ガラスを割った

・友人同士で遊んでいた子供が友だちにケガをさせた

<自分の補償>

・横断歩道で車にはねられケガをした

・自動車・電車・バス・航空機・船舶等と衝突したり接触したりしてケガをした

・自動車・電車・バス・航空機・船舶等に搭乗中に交通事故となりケガをした

  • eサイクル保険には「死亡保険金」「後遺障害保険金」「入院保険金」「手術保険金」「個人賠償責任保険金」の5つの補償があり、それぞれの詳細は下記のとおりです。
eサイクル保険「死亡保険金」
  • 事故の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に支払います。
  • 1事故につきすでに支払われた後遺障害保険金がある場合は、死亡・後遺障害保険金額からその金額を差し引いた額を支払います。
eサイクル保険「後遺障害保険金」
  • 事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合に支払います。
  • 後遺障害の程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%~100%の割合で支払います。
  • 1事故につき死亡・後遺障害保険金の額が限度になります。
eサイクル保険「入院保険金」
  • 事故の日からその日を含めて180日以内に入院した場合に支払います。
  • 入院保険金日額に入院した日数を掛けた額を支払います。eサイクル
eサイクル保険「手術保険金」
  • 公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表により手術料の算定対象として列挙されている手術または先進医療に該当する手術を受けた場合に支払います。※抜歯や傷の処置は対象外です
  • 入院中に受けた手術は入院保険金日額の10倍の額を、入院中以外に受けた手術は入院保険金日額の5倍の額を、それぞれ支払います。
eサイクル保険「個人賠償責任保険金」
  • 日本国内・国外において、保険の対象になる人が以下のような法律上の損害賠償責任を負う場合に保険金を支払います。

・日常生活に起因する偶然な事故により、他人にケガなどを負わせたり他人の財物を壊した場合

・保険の対象になる人の住居の所有・使用・管理に起因する偶然な事故によって他人にケガをさせたり他人の財物を壊した場合

・電車・モノレール等を運行不能にさせた場合

・受託した財物(受託品)を壊したり盗まれたりした場合※ノートパソコン・携帯電話・コンタクトレンズ・メガネ・自転車・100万円を超えるものなどは対象外です


  • eサイクル保険は原則として保険期間1年の保険です。
  • eサイクル保険には「保険契約の更新に関する特約」が自動セットされていて、満期日までに契約者から契約を更新しない旨の申出がない限り、満期日に自動更新されます。※更新しない場合は東京海上日動に連絡が必要です
  • 保険料の支払い方法は「クレジットカード払い」と「コンビニ払い」の2種類です。

クレジットカード払い

・月払い・一括払いを選択可能

・JCB・VISA・Master・Diners・AMEXなどが利用できます

コンビニ払い

・一括払いのみ。

・ゆうちょ銀行または郵便局・Pay-easy(ペイジー)取扱のインターネットバンキング・モバイルバンキング・金融機関ATM・コンビニエンスストアなどで支払い可能です。

  • eサイクル保険の申込みは始期日の60日前から2日前までに手続き可能です。※今日申し込んで今日から補償開始は不可
  • eサイクル保険の申込みはパソコン・スマートフォン・タブレットで行います。
  • eサイクル保険は過去3年以内に傷害保険・ゴルファー保険等で5万円以上の保険金を請求または受領している場合は申込みできません。※「5万円」とは他の保険会社への保険金請求を含めた額です
  • eサイクル保険の契約者は始期日時点で満18歳以上69歳以下の人が対象です。※申込み時点で20歳未満の場合は親権者の同意が必要です。また契約者は個人に限られ法人は不可です
  • eサイクル保険の保険の対象となる人(被保険者)は始期日時点で満69才以下の人に限ります。
  • eサイクル保険は保険料領収証の発行は省略しています。カード会社利用明細書・払込受領証等の書類で代用してください。
  • eサイクル保険には示談交渉サービスが自動セットされているので、自転車で相手にケガを負わせた事故などの際に東京海上日動が示談交渉を行います。
  • eサイクル保険は自転車自体の損壊・盗難などの補償は付いていません。
eサイクル保険:保険金をお支払いしない主な場合
  • 自動車・自転車等の乗用具による競技、試運転、競技場でのフリー走行等を行っている間に生じた事故によるケガ※たとえば自転車レース中に負ったケガはこの保険の対象外です
  • グライダー・飛行船・ジャイロプレーン等に搭乗しているあいだのケガ
  • 地震・噴火・津波によって生じたケガ
  • 脳疾患・疾病または心神喪失によって生じたケガ
  • むちうち症や腰痛等で医学的他覚所見の無いもの
  • 職務として交通乗用具の修理・点検・整備・清掃をしているあいだのケガ
  • 異常かつ危険な方法で交通乗用具に搭乗しているあいだのケガ
  • などなど

eサイクル保険|東京海上日動の自転車保険|ネット保険!

2019.03.01

東京海上日動では自動車保険の特約として自転車に関する補償を付けることもできます。

こちらを参考になさってください。

東京海上日動|自動車保険の特約で自転車の事故に対応可?

2019.03.04

みなさん、たまにはビックリ仰天してみませんか?車の保険って本当に金額に開きがあるんです。同じ冷蔵庫の値段が家電量販店と街の電気屋さんで2倍違うことがあるように、条件によっては実際に2倍違うこともよくあることです。この機会に一度一括見積もりサイトを使ってみれば、みなさんも確実に身をのけぞらせて驚くでしょう。あまりの違いにみなさんの保険選びに大転換が訪れるかもしれません。

保険スクエアBang! インズウェブ
  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社

 

 


ご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他車に関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きると菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。柑橘類が好きで寝る前にはウイスキーをストレートで飲みます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。