フォグランプはヘッドライトのロービームと同時点灯すべき

フォグランプ・ロービーム
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

フォグランプはヘッドライトのロービームと同時点灯すべき

濃霧や大雨や大雪といった悪天候時は、ヘッドライトだけでは前方視界は十分でなく、補助的にフォグランプの使用がおすすめです。

もともとフォグランプはヘッドライトと同時点灯することが義務付けられていて、フォグランプ単独の使用は法的にNGです。ですから、同時点灯するのですが、その際、ヘッドライトはロービーム(下向き)にすべきです。

悪天候に見舞われた経験のある方はご存じでしょうが、ヘッドライトを点灯しても視界はあまり改善されません。照射した光が前方の水分に乱反射して見えずらくなるのです。

特に、ハイビームは視界を余計悪くします。ロービームにすることでかろうじて視界を確保でき、何とか運転することができるようになります。

その際に、もしもフォグランプを装備していたら、フォグランプを補助的に点灯すると視界はさらに改善されます。

つまり、

ヘッドライトのロービーム + フォグランプ

のコンビネーションです。

これには理由があります。

ヘッドライトは左右の照射角がおおよそ70度程度ですが、フォグランプの照射角は100度以上あるのが普通で、これによりヘッドライトより広い角度を照らして視界を確保します。一方で、フォグランプの上下の照射角はヘッドライトより絞ってあって前方の霧や水蒸気に直接光が当たらないようにすることで光の乱反射を防いでいます。

ヘッドライトのロービームとフォグランプの組み合わせで悪天候時の視界が確保しやすくなるのにはこうした理由があります。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプの役割と用途|雪道や濃霧で役に立ちますか?
⇒⇒2個のフォグランプが両方つかない原因は何?
⇒⇒フォグランプが眩しい車に対する対策として何かある?
⇒⇒フォグランプとスモールランプの違い|正しい使い方は?
⇒⇒フォグランプが無しの車は車検に通りますか?
⇒⇒フォグランプを撤去した車は車検に合格しますか?
⇒⇒フォグランプ表示灯は車検の検査項目に入っている?
⇒⇒フォグランプ表示灯|フロントとリヤ|消し方は?
⇒⇒フォグランプで燃費は悪化する?それとも無関係?
⇒⇒フォグランプの整備不良で警察に捕まるケースとは?
⇒⇒フォグランプを常時点灯するのはOK?法的に問題ある?
⇒⇒フォグランプの車検基準|故障で外すと車検は不合格になる?
⇒⇒フォグランプだけ点灯して走行するのは違反ですか?
⇒⇒フォグランプの明るさ|車検基準|超明るいやつでもOK?
⇒⇒フォグランプ|道路交通法(道交法)違反で捕まるケースとは?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。