フォグランプがオレンジ色でも車検は通りますか?

フォグランプ・オレンジ・車検
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

フォグランプがオレンジ色でも車検は通りますか?

ダメです。フォグランプの色がオレンジだと車検の保安基準の規定に合致しません。車検は通りません。不合格です。NGです。

フォグランプの色に関する車検基準

フォグランプの色は保安基準で下記のように定められています。

  • フロントフォグランプ(前部霧灯):白または淡黄色
  • リヤフォグランプ(後部霧灯):

なお、上記「白または淡黄色」とある「淡黄色」ですが、これは薄い黄色だけでなく普通の黄色も含みます。

オレンジ色(橙色)はウインカーの色です。ウインカー(方向指示器)の保安基準には「橙色(オレンジ色)の系統であること」と記載されています。

フォグランプがオレンジ色だとウインカーと見分けがつかなくなるので車検は不合格になります。

いずれにしても、フォグランプの色に関しては、新車時から標準装備されている場合はメーカーがすでに検査を受けているので、これと同じ色であれば次の車検も問題なく合格します。

後付けでフォグランプをつける場合は、通販で購入する場合もカー用品店で購入する場合もディーラーに取り付けてもらう場合も、その製品に「車検適合」の表示があれば問題なく車検に通ります。

また、後付けでフォグランプをつける場合、2色切り替え式のものが人気ですが、これも「白または淡黄色」であれば問題ありません。ただし、フォグランプが2個ある場合に左右が色違いだとNGです。左が白で右が黄色ではダメです。左も右も白、あるいは、左も右も黄色であればOKです。

フォグランプの保安基準

道路運送車両法では、フロントのフォグランプを「前部霧灯ぜんぶむとう」、リヤのフォグランプを「後部霧灯こうぶむとう」として明確な保安基準を定めています。

以下のとおりです。

フォグランプの保安基準
前部霧灯 後部霧灯
白または淡黄色

※淡黄色とは薄い黄色だけでなく普通の黄色も含まれます。問題なく使用できます

※左右同色であること

赤色
個数 2個以下 2個以下
位置・高さ 地上から25cm~80cmのあいだ

※車幅の外側縁からフォグランプの外側縁が40cm以内であること

地上から25cm~100cmのあいだ

※ブレーキランプから10cm以上離れていること

光軸 下向き
玉切れ・レンズの割れ 不合格 不合格
ヘッドライトとの連携 ヘッドライト点灯時にのみ灯火可能、ヘッドライト消灯時は灯火不可

(※)LED球であっても「車検対応」の品であれば問題なく車検をパスします。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプの消し方|特にリヤフォグランプの消し方
⇒⇒フォグランプの最低地上高|地面から25cm以上であること
⇒⇒フォグランプ|色切り替え式で左右が色違い|車検は通る?
⇒⇒フォグランプが割れた|補修すれば車検に通りますか?
⇒⇒フォグランプはヘッドライトのロービームと同時点灯すべき
⇒⇒フォグランプの役割と用途|雪道や濃霧で役に立ちますか?
⇒⇒2個のフォグランプが両方つかない原因は何?
⇒⇒フォグランプが眩しい車に対する対策として何かある?
⇒⇒フォグランプとスモールランプの違い|正しい使い方は?
⇒⇒フォグランプが無しの車は車検に通りますか?
⇒⇒フォグランプを撤去した車は車検に合格しますか?
⇒⇒フォグランプ表示灯は車検の検査項目に入っている?
⇒⇒フォグランプ表示灯|フロントとリヤ|消し方は?
⇒⇒フォグランプで燃費は悪化する?それとも無関係?
⇒⇒フォグランプの整備不良で警察に捕まるケースとは?
⇒⇒フォグランプを常時点灯するのはOK?法的に問題ある?
⇒⇒フォグランプの車検基準|故障で外すと車検は不合格になる?
⇒⇒フォグランプだけ点灯して走行するのは違反ですか?
⇒⇒フォグランプの明るさ|車検基準|超明るいやつでもOK?
⇒⇒フォグランプ|道路交通法(道交法)違反で捕まるケースとは?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。