車 ビックリマーク点灯|オレンジまたは赤が点灯の意味

車・ビックリマーク・オレンジ

車 ビックリマーク点灯|オレンジまたは赤が点灯の意味

このページのトップにある画像で丸で囲んであるマーク、これがこのページのテーマです。画像ではオレンジ色ですが、クルマによっては赤色の場合もあります。

いずれにしても、このビックリマークは、

「ブレーキ警告灯」

です。

このマークが点灯し続けている場合は、以下のような原因が考えられます。

  1. サイドブレーキを解除していない:発進の際に解除を忘れているだけなので、解除すれば警告灯は消えます。
  2. ブレーキオイル(ブレーキフルード)の不足:ディスクブレーキでもドラムブレーキでも、油圧の力で回転を止めています。そのオイルが漏れたりして容量が不足しているかもしれません。
  3. ブレーキブースターの異常:ブレーキオイルは回転するタイヤを止めるための油圧を提供していますが、ドライバーがブレーキペダルを踏み込む力をアシストしているのがブレーキブースターです。通常は吸気システムで発生する負圧を利用している装置で、この装置に不具合が出ているのかもしれません。
  4. ABSの異常:アンチロックブレーキングシステムの不具合です。ぬかるんだ道や雪道などで急ブレーキをかけた際にタイヤがロックしないでハンドル操作ができるようにする装置です。この装置に不具合がある場合にブレーキ警告灯が点灯することがあります。ABSには独立した警告灯があって、そちらが点灯することもありますが、ブレーキ警告灯の方が点灯するケースもあります。

ブレーキ警告灯が点灯したまま消えない原因が、上記①のサイドブレーキの解除忘れであるなら、解除することで解決するのですが、この場合でも、解除したはずなのに警告灯が点灯しっぱなしというケースもあります。

こうしたケースでは、サイドブレーキのワイヤーなどが錆び等で固着している可能性があり、そのまま走行するとブレーキパッド等が焼き付く可能性があります。

原因が②③④の場合は、さらに危険です。そのまま放置して車を走らせてはダメです。

JAFか自動車保険のロードサービスを呼ぶ

ブレーキ警告灯が点灯しっぱなしで、その原因がサイドブレーキの解除忘れではない場合、あんまり軽く考えない方がいいと思います。

何といってもブレーキです。車を止める装置に不具合が発生している可能性が高いのですから、放置しないでください。

最もおすすめの対処法は、JAFの会員であればJAFを呼ぶことです。そうでなければ、自動車保険のロードサービスを呼んでください。

どちらの場合も、スタッフさんがレッカー車等で現場に駆けつけてくれます。だいたい30分以内には来てくれるはずです。

車に詳しいスタッフさんがまず一通りの点検をして、その場で解決できるケースもあれば、解決できないケースもあります。

解決できないケースでは、車を最寄りの修理工場等にレッカー搬送してくれます。

搬送先で、本格的な原因の特定を行い、必要な修理に取り掛かってくれます。

その際の料金ですが、JAFも自動車保険のロードサービスも、レッカー搬送は無料です。ただし、部品交換等の修理費用に関しては、部品代と工賃は実費負担になります。

なお、JAFの非会員がJAFを呼んでレッカー搬送してもらった場合は13,310円の料金がかかります。(⇒⇒JAFの非会員がその場で入会すれば会員料金になる?

自動車保険のロードサービスの場合は、サービスを利用しても翌年度の等級には影響を与えません。ノーカウント事故として扱われ、保険料も上がりません。

自助努力も大事ですが、自動車は複雑な工業製品ですから、原因不明の時は自分で抱え込まずに、JAFや自動車保険を積極的に活用すべきです。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いたきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。