車検証の住所変更:手続きする際の必要書類と費用は?

車検証住所変更必要書類

引っ越しして車検証の住所変更する場合、手続きは、登録車の場合は陸運支局で、軽自動車は軽自動車検査協会で行います。

必要書類は登録車も軽自動車もほぼ同じですが、軽自動車の場合は、引越し先の住所地が車庫証明を必要とする地域かどうか確認する必要があります。

手続きにかかる費用は5,000円前後になると思います(自分でやる場合)。

必要書類と費用(登録車の場合)

フィット、プリウス、CR-3などの登録車の場合、車検証の住所変更をするには下記の必要書類を揃えてください。

用意するもの

車庫証明書

住民票

車検証

認印

ナンバープレート前後2枚(ナンバーが変わる場合)

申請書類等は陸運支局の窓口で入手できます

登録車の場合、車検証の住所変更にかかる費用は下記のとおりです。

費用

車庫証明書取得費(2,700円前後)

事務手数料(350円)

新ナンバー取得費用(1,500円~1,900円)


◎ナンバー変更なし:総額3,050円前後

◎ナンバー変更あり:総額4,750円前後

必要書類と費用(軽自動車の場合)

ワゴンR、N-box、タントなどの軽自動車の場合、車検証の住所変更をするには下記の必要書類を揃えてください。

用意するもの

車検証

認印

住民票or印鑑証明書

ナンバープレート前後2枚(ナンバーが変わる場合)

※申請書類等は軽自動車検査協会の窓口で入手できます

※車庫証明が必要な地域に引っ越した場合、軽自動車の場合はまず最初に車検証の住所変更を行い、その後に警察署で車庫証明書を発行してもらいます(登録車と順序が逆)

⇒⇒⇒軽自動車で車庫証明が必要な地域

軽自動車の場合、車検証の住所変更にかかる費用は下記のとおりです。

費用

◎ナンバー変更なし無料

◎ナンバー変更アリ1,900円

※車庫証明が必要な地域に引っ越した場合は、車庫証明書代2,700円前後が別途かかります

車検証の住所変更手続き(詳細版)

車検証の住所変更・手続き

まず車庫証明書について。

車検証の住所変更を行うには車庫証明書の添付が必須です(登録車の場合)

ですから、引っ越しした新しい住所地の警察署でまず車庫証明書(自動車保管場所証明書)を発行してもらい、その証明書を持って陸運局で車検証の住所変更手続きを進めることになります。

軽自動車で、車庫証明が必要な地域に引っ越した場合は、登録車とは手順が逆になり、まず車検証の住所変更を済ませた上で、新住所地の警察署で車庫証明書を発行してもらいます。

引っ越ししたら車庫証明(自動車保管場所証明書)の発行を!

2018.07.05

というわけで、車庫証明書を入手したら、いよいよ車検証の住所変更手続きに入ります。

登録車の場合は陸運支局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で手続きします。

<登録車の住所変更手続き>

必要書類 内容説明
車庫証明書 ・警察署で発行されてから1ヶ月以内のもの
住民票 ・車検証の記載住所から現住所までのあいだに2回以上引っ越しをしている場合は、そのあいだのつながりが分かる書類(住民票の附票あるいは戸籍の附票)が必要
車検証 ・自動車検査証のこと
印鑑 認印でOK
申請書

手数料納付書

自動車税・自動車取得税申告書

・いずれの書類も陸運支局で入手し(無料)、その場で記入

・手数料は350円

ナンバープレート前後2枚 ・これまでと管轄が異なる運輸支局のナンバーに変える場合は、ナンバーを返納し、新しいナンバーを交付してもらう

・新ナンバーの料金は、通常のペイント式なら1,500円~1,900円、字光式なら3,000円前後、希望ナンバーなら4,200円前後、希望ナンバー+字光式なら5,200円前後、そして図柄入りの記念ナンバーなら7,000円以上

・古いナンバーを記念に持ち帰れるようになりました(ナンバープレート記念所蔵

手続代行 ・家族や業者に手続きを代行してもらうことが可能

・車屋さんや行政書士で15,000円~30,000円が相場

 

<軽自動車の住所変更手続き>

※軽自動車は先に車検証の住所変更を行い、その後で車庫証明書の手続きをする(車庫証明が必要な場合)

必要書類 内容説明
車検証 ・自動車検査証のこと
印鑑 認印でOK
住民票の写しor印鑑証明書 新しい住所地のもの
ナンバープレート前後2枚 ・管轄区域が変わり新しい管轄地のナンバープレートに変える場合は返納する

・新たに交付するナンバー代は約1,900円

・古いナンバーを記念に持ち帰れるようになりました(ナンバープレート記念所蔵

申請書

軽自動車税申告書

・窓口で入手し(無料)、その場で記入
手続代行 ・家族や業者に手続きを代行してもらうことが可能

・車屋さんや行政書士で15,000円~30,000円が相場

※軽自動車の車庫証明が必要な地域に引っ越した場合は、上の車検証の住所変更を済ませた後に、新住所地の警察署で車庫証明書を発行してもらってください⇒⇒⇒軽自動車で車庫証明が必要な地域


このページでは車検証の住所変更について解説しましたが、引っ越しでやるべき自動車関連の手続きは他に4つあります。

まだ手を付けていないものがあったら、できるだ早く手続きしてください。

【引っ越しに伴う車関連の5つの手続き】

項目 手続き場所  
①免許証の住所変更 警察署免許センターなど 手続き
②車庫証明の発行 警察署 手続き
③車検証の住所変更 陸運支局(登録車)

軽自動車検査協会(軽自動車・2輪)

このページ
④自動車保険(任意保険)の住所変更 インターネット代理店営業店 手続き
⑤自賠責保険(強制保険)の住所変更 代理店営業店郵送 手続き

みなさん、たまにはビックリ仰天してみませんか?車の保険って本当に金額に開きがあるんです。同じ冷蔵庫の値段が家電量販店と街の電気屋さんで2倍違うことがあるように、条件によっては実際に2倍違うこともよくあることです。この機会に一度一括見積もりサイトを使ってみれば、みなさんも確実に身をのけぞらせて驚くでしょう。あまりの違いにみなさんの保険選びに大転換が訪れるかもしれません。

保険スクエアBang! インズウェブ
  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社

 

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他車に関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きると菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。柑橘類が好きで寝る前にはウイスキーをストレートで飲みます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。