ガソリンスタンドの車検|代車・値段は?ディーラーより安い?外車・日数は?不安は?

車検・ガソリンスタンド・高い・安い・代車・外車・ディーラー・値段・日数・不安

車検を受け付けているガソリンスタンドは数多くあります。

一般的な傾向として、ガソリンスタンドの車検は値段が安いです。

ほとんどの店で代車も用意していますし、日数も短いです。

初回車検や2回目車検など比較的年式が新しい車の場合は金額面でメリットが大きいと思います。

ただし、リコール対応や重整備が必要な場合、あるいは外車や年式の古い車などはディーラー車検の方が安心です。

ガソリンスタンドの車検:メリットとデメリット

車検を受け付けているガソリンスタンドは全国に数多くあります。

車検ができるガソリンスタンドは2種類に大別できます。

自社が認証工場あるいは指定工場として営業しているスタンドと、自社は工場を持たないもののそうした工場と提携しているスタンド、この2種類です。

ガソリンスタンドの車検のメリット・デメリットは以下のとおりです。

ガソリンスタンドの車検:メリット
  • 料金が安い:ディーラー車検などより3万円前後安いのが普通(法定費用を含めた総額で)
  • ガソリンスタンドの営業時間内であれば深夜でも車検の受付をしてくれるし、ネット受付をしている店舗もある
  • 土曜・日曜・祝日に車検受付するだけでなく、整備もそうした休日にやってしまう店舗もある(自社が指定工場の場合)
  • 代車も用意している店舗が多い
  • 整備保証も問題なく付いてくる
  • 過剰な整備をしない:だから安い
  • ガソリンの割引や洗車などの特典が付くことが多い
ガソリンスタンドの車検:デメリット
  • リコール対応ができない:ディーラーなら黙っていてもリコール対応をしてくれる
  • 特殊工具を使う整備やエンジン・トランスミッションなどの重整備ができないところが多い
  • 年式の古い車の整備に不安が残る
  • 引き取り・納車のサービスをやる店舗は少ない:自分で持ち込む必要がある

まとめ

ガソリンスタンドの車検はディーラー車検などと比較すると検査項目が最低限の項目に絞られています。

そのため作業料金が安く、過剰な整備は行いません。

年式が新しく、リコールなどが出ていない車であれば、不安なく車検を任せることができると思います。

実際のところ、まだ年式の新しい車の場合、車検で交換する部品等は、

  • エアコンフィルターの交換
  • スマートキー等の電池交換
  • ブレーキオイルの交換
  • ワイパーゴム交換
  • オイル・エレメント交換

といったところでしょう。

つまり、それほど大掛かりな整備が必要なケースはほとんどないので、ガソリンスタンドの車検でも不安なく任せることができます。

年式が古い車でも、内容によってはガソリンスタンドでも問題ないので、ガソリンを入れるついでにスタッフに相談してみてはいかがでしょう。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。