【最新】車検|継続検査申請書とは|書き方・印鑑|法人・個人|OCR専用3号様式

継続検査申請書




ディーラーや整備工場で車検を代行してもらう場合は不要ですが、ユーザー車検など自分で手続きする場合には継続検査申請書を作成・提出する必要があります。

継続検査申請書はコンピュータで読み取ることを前提にしたOCR用紙で、陸運支局の窓口で入手できます。

2017年からは無料で手に入ります。※従来は30円かかった

自宅のパソコンにダウンロードして印刷することもできますが、通常のインクジェットプリンターでは不可なので、やはり窓口で入手した方がいいと思います。

ユーザー車検の必要書類の1つ

ディーラーや整備工場に車検を依頼する場合は、以下の書類を提出するように言われるはずです。

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑

この中には、このページのテーマである継続検査申請書は入っていません。

なぜなら、継続検査申請書というのは、あなたに代わって車検を代行する業者が陸運支局で入手し、記入・提出するので、あなたに提出してもらう必要がないからです。

しかし、あなたがユーザー車検を自分で行う場合には、継続検査申請書は自分で入手し、記入・提出する必要があります。

陸運支局で入手(無料)

継続検査申請書はコンピュータで読み取ることを前提にしたOCR用紙です(専用3号様式)。

 

継続検査申請書

継続検査申請書(OCR専用3号様式)

この用紙は自宅のパソコンにダウンロードし、印刷して使用できると案内されていますが、よく読むと一般的なインクジェットプリンターでは不可と書いてあります。

結局のところ、陸運支局の窓口で入手するのがもっとも手っ取り早い方法です。

以前は30円かかりましたが2017年から無料になっています。

書き方:エンピツと黒いボールペンで記入

陸運局の窓口で継続検査申請書を入手したら、記入台のところに記入例があるので、これを参考にしながら記入していきます。

記入例を見てもわからないことがあったら、窓口の担当者にその都度質問してください。

用紙の上半分はエンピツで記入し、下の住所・氏名のところは黒のボールペンで記入します。

押印:個人は認印・法人は代表者印

押印は、個人の場合は認印、法人の場合は代表者印を押します。

軽自動車は軽自動車検査協会で

登録車(普通車)の場合は陸運支局で手続きしますが、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で行います。

軽自動車検査協会は、普通、陸運支局の近所にあります。

使用する用紙は継続検査申請書(軽専用第2号様式)と呼ばれるもので、ほぼ同一の書類です。

書き方も押印のルールも登録車と同じです。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。