アクセルポジションセンサーとは|仕組み|故障・交換費用

アクセルポジションセンサー・故障・交換費用・仕組み

アクセルポジションセンサーとは:その仕組み

まず、アクセルとスロットルはしばしば同義語として使われますが、ここでは異なります。

スロットルポジションセンサーというものもあって、それはまた別の働きをしています。

ここでは運転席の足元にあるアクセルペダルのアクセル、これについているセンサーの話です。

アクセルポジションセンサーとは、運転席足元のアクセルペダルを踏み込んだ際、その踏み込み深度(アクセルポジション)を検知するセンサーです。

電子化する前の昔の車は、アクセルとスロットル(絞り弁)はワイヤーで直結していて、たとえば、アクセルを3センチ踏み込めばスロットルが5度開き、アクセルを6センチ踏み込めばスロットルが10度開く、というように機械的なつながりを持った機構でした。

現在の電子化されたアクセルペダルの場合、ワイヤーはすでに廃止され、ペダルを踏み込んだ深さを電気信号に変換してその信号をECUに送り、信号を受けたECUはその信号から弁を開く角度を計算して、その計算結果をスロットルに指令を出します。

すでにふれたスロットルポジションセンサーは、スロットル(絞り弁)が実際にどの位置にあるかを監視している装置です。

故障の症状

アクセルポジションセンサーが故障すると、アクセルペダルの踏み込み深度が浅い深いを検知しなくなり、スロットル(絞り弁)との連携が途切れてしまいます。

すると、エンジンがかからなくなったり、かかってもアイドリングが安定しなかったり、いずれにしても明白にエンジンの不調が表面化します。

そしてインパネのエンジン警告灯が点灯します。

ただし、エンジン警告灯が点灯しても、エンジンのトラブル原因は数えきれないほどあるので、すぐにアクセルポジションセンサーが原因であるかを特定することはできません。

こういう時はディーラーに車を持ち込み、診断装置にかければ、一発で故障箇所が特定されます。

交換費用

アクセルポジションセンサーを交換する場合、ディーラーやカー用品店に依頼すると、部品代と工賃の総額で8,000円~20,000円ほどになると思います。

ディーラーは高め、カー用品店は安めです。

DIYでも器用な方なら比較的短時間でできると思います。※私は不器用なので無理ですが・・・

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。