バルブコッターピンとは|役割|バルブステムを固定するパーツです。

バルブコッター・バルブコッターピン・とは・役割・役目

バルブコッターピンとは:役割

バルブコッターピンとは、バルブステム(棒)を固定する役割を果たす部品です。固定するのが役割とはいえ、吸排気バルブは常に高温にさらされ、激しい往復運動をしているので、バルブコッターピンの材質は重要です。

エンジンが高回転になった時にもバルブが追従できるように、バルブコッターピンの重量はとても大事です。エンジンの特性により、重すぎてもダメですし、軽すぎてもダメです。素材選びは重要です。

また、意外と知られていないことですが、バルブコッターピンは回転します。回転しないで固着してしまうとトラブルを招きます。と言うか、回転するのはバルブコッターピンだけでなく、バルブステムも同様です。バルブステムが回転することでバルブフェイスも回転します。そのことで、バルブフェイスとバルブシートが常に別の部分で接触することになり、どこか一箇所だけ凹んでしまうことを避けられます。

つまり、バルブコッターピンはバルブステムを固定していますが、この両者は共に回転するということです。固定するというのは、外れないように固定するという意味で、互いにがっちり組み合った両者は、一緒に回転しています。

そういう意味で、バルブコッターピンが常時回転することは重要なのですが、これはエンジンオイルがきれいであることが条件になります。オイル交換を怠り、オイルの中に金属粉等が混じってくると、他の部分同様にバルブコッターピンにも悪影響が出て、最悪の場合はピンが固着して動かなくなります。

すると、回転しませんから、バルブフェイスも回転しないことになり、バルブの性能そのものが低下することになります。

そういう意味で、小さな部品ですがとても重要な部品になります。

バルブコッターピンの位置関係

エンジンの吸排気バルブにおいて、バルブコッターピンがどの位置にあるのか、確認しておきたいと思います。

バルブを縦置きにします。上の部分はカムシャフトのカムが当たるところです。下の部分は燃焼室とバルブフェイス(傘の部分)が当たる部分です。

上から次のような部品構成になります。

エンジンの吸排気バルブの主要パーツ
コッターピン こちら
リテーナー こちら
バルブスプリング こちら
バルブシール こちら
バルブガイド こちら
バルブスプリングシート こちら
バルブステム こちら
バルブフェイス こちら
バルブシート こちら

このページのテーマであるバルブコッターピンは、カムシャフトのカムに一番近いところにあるパーツということになります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。