車の買い替えでもったいない4つのパターンをご紹介!

車・買い替え・もったいない
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

車の買い替えでもったいない4つのパターンをご紹介!

車は実用品であるとともに、生活の中で占める心理的な割合が大きいものなので、1から10まで合理性のみでどうこう言っても意味がないところがあります。

欲しい車があり、経済的にその余裕があるなら、あれこれ考えずに買い替えすればいいと思います。

これが基本だと思います。

ただ、それが基本ではありますが、後で振り返った時に、

前の車を4月に売却したけれど、どうせなら3月中に手続きしておけばもう少し高く売れたかもしれないな

と気づくこともあるでしょう。

一般的に年度末の2月とか3月は車の買取査定が高めになる傾向にあるので、ほんの1か月違いなら3月に売却しておいた方が高い査定がついた可能性があります。

このように、どうせ車を買い替えるなら、事前に有利な買い替え時期というものを知っておくだけで、あとでもったいないと後悔しなくて済むこともあるはずです。

以下、車の買い替えの際に後で「もったいないな」という思いをしなくて済むポイントをご紹介します。参考になさってください。

①5年・10年あるいは5万キロ・10万キロが査定の分かれ目になる

新しい車に乗り換える際は、古い車を下取りに出したり車買取店に売却したりするわけですが、その際に査定額に影響を与えるのが、年式と走行距離です。

新車から5年あるいは10年が1つの境界線になります。4年半で売却するのと5年と1か月で売却するのとでは、査定額にけっこうな差がつくと思います。

また、走行距離についても、5万キロ手前で売却する、あるいは10万キロ手前で売却するのと、5万キロ超または10万キロ超で売却するのとでは、やはりけっこうな差額が生じると思います。

どうせなら、少しでも買取査定が高いほうがいいですよね。

②13年目以降は自動車税・自動車重量税が割り増しになる

やはり古い車を手放すタイミングとして、新車から13年目を過ぎてから手離すのと、それ以前に手放すのとでは、買取査定に差が出てきます。

なぜなら、新車から13年目以降は自動車税が割り増しになるからです。また、車検の際の自動車重量税もアップします。

こうしたことがあるので、中古車を買う側からすると、13年目以降の車はたとえ機関が好調でボディーもきれいに保たれていたとしても、維持費のことを考えて安い価格でなければ購買意欲は湧きません。このことが買取価格にも反映するわけです。

どうせ古い車を手放すのであれば、新車から13年が経過する前に売却を決断しないともったいない思いをすることになります。

③軽自動車税は戻らない

これは軽自動車のみの注意点です。

毎年4月から5月にかけて自動車税の納付書が郵送で送られてきます。普通車の場合はそこで支払った自動車税は、もしも9月に車を売却したら残りの期間の自動車税は手元に戻ってきます。

しかし、軽自動車が支払う軽自動車税の場合、期間の途中で売却したら残りの期間の軽自動車税は戻りません。払いっぱなしです。

極端な話では、5月に車を手放したら、普通車なら4月分と5月分だけ支払って残りの10か月分は戻ってくるのですが、軽自動車の場合はまったく戻りがありません。

こうしたことから、車を乗り換える際に、古い車が軽自動車である場合は、期間の途中で売却するのはもったいないということになります。

④燃費の差につられないように

車をあくまでも実用品として考えた場合、新しい車の燃費性能は魅力の1つです。

今まで月に3回給油していたのが1回で済むとなれば、なんだか得するような感じがするものです。

けれども、車に趣味性を求めずひたすら実際の経済性を追求するタイプの方であれば、このあたりの計算はある程度厳密にやっておいた方が後でもったいない思いをしなくて済むと思います。

たとえば、今の車の燃費がリッター当たり12キロで、新しい車の燃費がリッター当たり25キロであったとします。あとは年間の予想走行距離を掛けて両車を比較すれば、年間当たりどのくらいガソリン代が節約できるかわかります。

ただ、今まで乗っていた車と燃費比較しても意味がありません。なぜなら、何かしら買い替えしたくなる要素があったから新しい車を探しているわけですから、比較するなら、新しい車同士で比較すべきでしょう。

そこで、たとえば新しい車で、ハイブリッド車がリッター25キロで、同じ車種のガソリン車が18キロであるような場合、この2車で比較する必要があります。

必ずハイブリッド車の方が車両価格が高いので、その差額とガソリン代の差額をトータルで計算していくと、たとえば、10年以上乗ればハイブリッド車の方が安上がりになるけれど、8年とか9年までならガソリン車の方が安上がりだ、といった選択の目安がわかってきます。

金額の問題ではなくて一度ハイブリッド車に乗ってみたいというのなら選択の余地はありませんが、あくまでも経済性を重視する場合は、後でもったいない思いをしないためにも、こういった計算は大事だと思います。

まとめ

上記以外に最も判断のポイントとなるのは、ローンを利用するか、貯金して貯まるまで待つか、といったいわば永遠のテーマもあります。

いずれにしても、車を買い替える際は、基本はあれこれ考えずに欲しい車があったらさっさと買い替えればいいというのが私の意見ですが、上記のようにちょっとした注意点を知っておけば、後でもったいない思いをしないというのもまた確かでしょう。

また、車の買い替えの際には、古い車をディーラーの下取りに出すか街中の車買取店あるいはネットの車買取サイトを利用するか、これもある意味永遠のテーマでしょう。

金額ベースで意見を言わせていただくと、間違いなく車買取サイトを利用するのがベストです。街の車買取店やディーラーの下取りより最低でも数万円は高く売れるのが当たり前です。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。