車が動かない|バッテリー以外の原因では何が?

車・動かない・バッテリー以外

車が動かない|バッテリー以外の原因では何が?

「車が動かない」というと、ほとんどのケースでバッテリーの劣化が原因でセルモーターが回らないということがあります。しかし、まれにバッテリー以外の原因で動かないことがあります。

車がバッテリー以外の原因で動かないケースとしては以下のようなものが考えられます。

まず操作の基本にかかわるものとして、キーを回す、あるいは、スタートボタンを押す際に、

  • ブレーキペダルを踏んでいない
  • PレンジまたはNレンジ以外になっている(AT車の場合)
  • クラッチペダルを踏んでいない(MT車の場合)

といったケースがあります。まさに灯台下暗しのようなもので、急いでいるときなどこうした操作ミスをしがちです。

次に、機関の不調に関わるものとしては以下のようなものがあります。

  1. セルモーターのヒューズが切れている
  2. セルモーターへの配線が断線しているか接触不良である
  3. イグニッション部分の接触不良
  4. セルモーター自体の故障(寿命)
  5. 燃料供給経路でホースなどが破損している
  6. ファンベルト類が切れてオルタネーターが作動せずバッテリーが充電されない

などが考えられます。

すぐに原因が特定できない場合

車のエンジンがかからない場合で、原因がバッテリーではなくバッテリー以外に違いないという時、すぐに不具合が特定できればいいのですが、多くのケースでは原因がわからないことが多いはずです。

そういう時は、ディーラーとか修理工場に応援を依頼することになると思います。しかし、たとえば実際にディーラーに電話すると、

「JAFか自動車保険のロードサービスを呼べばレッカー搬送してもらえますよ。おクルマが入庫したらすみやかに点検・修理させていただきます」

というようなことを言われるケースが多いようです。私も何件かこうした話を聞いています。

すると、こうした対応に不満を抱く方もいて、

「なんて他人事のような対応をするんだろう。サービスがなってない」

と怒り出す方もいらっしゃいます。

でも、これはちょっと違うと思います。もしもディーラーや修理工場がレッカー車で現場に来てくれたら、それはありがたいでしょうが、後日レッカー費用を請求されるはずです。距離にもよりますが、1万円とか2万円とか当たり前に請求されます。

でも、JAFの会員であればレッカー搬送は無料ですし、自動車保険のロードサービスでレッカー搬送してもらってもやはり無料です。

つまり、金銭面で言えばディーラーさんや修理工場さんのおっしゃることが正しいのです。

とにかく、出先で車が動かなくなって困ったら、JAFか自動車保険のロードサービスを利用してください。入庫先を指定すれば無料でレッカー搬送してくれます。

下記の記事も参考になさっていただけると幸いです。

⇒⇒エンジンが一発でかからない|バッテリー交換したのになぜ?

⇒⇒車のバッテリーマークが点灯してエンジンがかからない時

⇒⇒エンジンかからないのでアクセル踏む。これってアリ?

⇒⇒車のセルが回らないけどライトはつく|これどういうこと?

⇒⇒セルが回らない|バッテリー以外の原因としては何がある?

⇒⇒セルが回らない・無音です|セルモーターの故障でしょうか?

⇒⇒車 エンジンかからない|キーを回すとカチカチと音がする

⇒⇒車 エンジンかからない|ガガガと音がするがかからない

⇒⇒車のバッテリー交換をしたのにエンジンがかからない原因は

⇒⇒車のエンジンがかからない|鍵が原因|7つの解決法!

⇒⇒車のエンジンがかからない|キーレス(スマートキー)不良?

⇒⇒車のエンジンがかからない|EPSの警告灯点灯|原因は?

⇒⇒車のエンジンがかからないと言って仕事を休む方法を伝授!

⇒⇒車にしばらく乗らないでいたらエンジンがかからないが・・・

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。