摩耗したスタッドレスタイヤを夏や秋に乗りつぶすのはアリ?

スタッドレスタイヤ・乗りつぶす
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

摩耗したスタッドレスタイヤを夏や秋に乗りつぶすのはアリ?

スタッドレスタイヤの新品時の溝の深さは約10ミリです。

だいたい20,000キロ~30,000キロくらい走行すると山がすり減ってきて溝の深さは5ミリくらいになります。

すると、プラットホームと呼ばれる使用限界サインが露出してきます。※スリップサインではない

このプラットホームが露出すると、もうそのタイヤは冬用タイヤとしては使用できません。雪道や凍結路で本来の性能を発揮できないので冬に使用するのは危険になります。

しかし、夏用タイヤとしてはまだまだ使えます。

普通なら冬の終わりにスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えるところですが、プラットホームが露出したスタッドレスタイヤをそのまま履き続け、春、夏、秋と乗りつぶすことができます。

なお、そうやって使用しているうちに当然山はさらにすり減っていきます。やがてスリップサインが露出するようになります。スリップサインは溝の深さ約1.6ミリです。※ノーマルタイヤのスリップサインと全く同じ

このスリップサインが出てきたら、もう夏用タイヤとしても使用不可になります。ここで「使用不可」というのは、危険なのでもう使用できないという意味と、車検の保安基準で不合格になるので使用できないという意味の、両方の意味で「使用不可」です。

いうまでもなく、プラットホームが露出して冬用タイヤとしての役目を終えてからは、山が半分になっているのですから、走行には十分注意する必要があります。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒スタッドレスタイヤのスリップサイン|車検は何ミリでダメ?

⇒⇒スタッドレスタイヤの見分け方|走行中に見分けができる?

⇒⇒スタッドレスタイヤのプラットホーム|新品時は5mm前後

⇒⇒スタッドレスタイヤがいらない地域はどんな地域ですか?

⇒⇒東京・名古屋・大阪でスタッドレスタイヤは必要?不要?

⇒⇒スタッドレスタイヤ プラットホーム|1ミリ・2ミリ・3ミリでNG?

⇒⇒オールシーズンタイヤの見分け方|スタッドレスとの違いは?

⇒⇒スタッドレスタイヤの履きつぶしのメリットとデメリット

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。