【5ミリ?1.6ミリ?】スタッドレスタイヤのプラットホームは何ミリで露出する?

スタッドレスタイヤ・プラットホーム・何ミリ




スタッドレスタイヤのプラットホームは何ミリで露出する?

スタッドレスタイヤのプラットホームとは、冬タイヤとしての使用限界を示す警告サインのことです。溝の残りが約5mmになると露出します。※3ミリとか1.6ミリではありません

新品のスタッドレスタイヤの溝は約10mmの深さです。この半分の約5mmにまで摩耗するとプラットホームが現れてきます。

スタッドレスタイヤのプラットホームがタイヤのどこにあるのか、それを知るにはタイヤの側面(サイドウォール)にある「⇒」のマークを見つけてください。「⇒」はタイヤ側面の4カ所にあります。「⇒」のマークがあったら、その位置のトレッド面(路面と接触する面)を見てください。すると、そこにプラットホームがあります。

なるほど。つまり、夏タイヤのスリップサインのことだね。

というツッコミが入りそうですが、いいえ、それは違います。

なぜなら、スタッドレスタイヤにもスリップサインがあるからです。つまり、スタッドレスタイヤにはプラットホームとスリップサインの両方の使用限界サインがあるということです。

スタッドレスタイヤについているスリップサインは夏タイヤのスリップサインと同じように溝の残りが1.6mmになると露出します。

スタッドレスタイヤのスリップサインの場所は、タイヤ側面の「△」のマークがある位置のトレッド面にあります。「△」マークはタイヤ側面の6カ所にあります。

つまりこういうことになります。

  1. 新品のスタッドレスタイヤを履いて20,000km~30,000kmくらいの距離を走ると、摩耗して山が半分くらいになります。すると、プラットホームが露出するようになります。
  2. プラットホームが露出したスタッドレスタイヤは、冬場の雪道や凍結路を走るタイヤとしてはもう使用不可です。
  3. でも、まだ半分山は残っているので、夏タイヤとしては使用できます。
  4. そこで、プラットホームが露出したスタッドレスタイヤを春、夏、秋に使用します。使用しているうちにタイヤがすり減ってきて、気が付くとスリップサインが露出してきました。
  5. すると、そこでそのスタッドレスタイヤは冬タイヤとしても夏タイヤとしても役割を終えます。廃タイヤにするしかありません。さようなら、ありがとう、ということになります。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒スタッドレスタイヤの履きつぶしのメリットとデメリット

⇒⇒スタッドレスタイヤの履きつぶしでは高速と雨天に注意

⇒⇒スタッドレスタイヤを一年中履きっぱなしで寿命は何年?

⇒⇒スタッドレスタイヤを夏に使用|夏場に履きつぶすのはアリ?

⇒⇒スタッドレスタイヤを夏に使用すると違反になりますか?

⇒⇒スタッドレスタイヤに慣らし運転は必要ですか?

⇒⇒オールシーズンタイヤの見分け方|スタッドレスとの違いは?

⇒⇒スタッドレスタイヤの製造年が古いが使ってもいい?

⇒⇒スタッドレスタイヤの寿命|5年目・6年目・7年目はOK?

⇒⇒スタッドレスタイヤの寿命|10年目・10年落ちは使える?

⇒⇒スタッドレスタイヤの空気圧|寿命・年数|スタッドレスは走行距離何キロ?10年は無理?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。